高気圧酸素療法

カラダの隅々まで酸素が十分に行き渡る高気圧酸素療法

酸素カプセルとは?

カプセルの中で高い気圧をかけ、酸素を吸入する装置です。通常の空気の酸素濃度は、約20.9%、気圧は、1気圧です。酸素カプセルでは、カプセル内の気圧および酸素濃度を大気圧よりも高めます。これにより、血液中のヘモグロビンに結び付く酸素(結合型酸素)と血液、リンパ液、骨髄液、脳神経液、関節液などの水分に直接溶け込む酸素(溶解型酸素)の両方をふやすことができます。

しかし、「溶解酸素」といって血液中に直接溶け込んでいる酸素は、通常、非常に微量ですが、酸素カプセルに入ることによりこの溶解型酸素を増やすことができます。そして、この溶解型酸素が非常に大きな働きをしてくれるのです。溶解型酸素は、ヘモグロビンに結合しているより酸素は小さいので毛細血管の中でもスイスイと通過することができます。

これにより、普段酸素の届きにくい末梢の細胞、手先、足先、そして毛細血管で覆われている組織の先(心臓だったら冠動脈の先)まで酸素が送り届けれられることによって代謝が向上し、身体機能の改善や健康体力の維持増進が期待できるのです。運動をすると筋肉などに蓄えられた糖分(グリコーゲン)は、エネルギーを生み出すと同時に、いわゆる疲労物質と言われる「乳酸」を作ります。

人間の疲労感は、この乳酸の蓄積によるものといわれています。酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水とに分解してくれます。世には種々の健康法が存在します。しかし、どんな健康法も血流をよくし酸素の供給をよくすることはできても血液中の酸素量は増やすことができません。この体内の酸素を増やすことができるのが、酸素カプセルの最大の利点であり、私が、酸素カプセル健康法こそ頂点の健康法だ、と考える理由でもあります。

 

カプセル内の気圧は1.35気圧

カプセル内の気圧は1.35気圧(水深3.5mと同じ気圧)です。良質な酸素を取り入れることで、疲労物質である乳酸を分解、除去し、疲労回復に効果的です。また毛細血管の固まりである皮膚にも酸素が行きわたることで美肌効果も期待されます。

肌のハリを保つコラーゲンの新陳代謝が活発になることでお肌をキレイにしてくれるのです。取り入れた酸素は血液中だけではなく、リンパ液や脳の随液にまで行き渡るので身体全体の流れが良くなり、むくみや冷え、肩こりなども改善されます。

ダイエットをされている方にも、脂肪が燃えやすい状態になり、疲れにくくなるのでラクに運動もでき、効率よくダイエットができます。


今回新たに開発いたしましたAPF2R仕様には、天然のホルミシスラドンシートとラドン鉱石吸引器(2万ベクレル)でカプセル内がマイナスイオンとラドン(低放射線)を全身に浴び吸引しながら快適な時間を過ごせる美と健康の最新式「アンチエイジング」ボディケアーシステムです。





ラドン222とは
ホルミシス療法のひとつで、天然鉱石を特殊加工してラジウム温泉やラドン温泉などのように健康に良い低放射線とマイナスイオンを体全身で浴び、お肌や血流を良くし免疫細胞にスイッチを入れ様々な病気から身を守り健康で元気な体を作ると言われています。
● ラドンマット・ラドン吸引器付(2万ベクレル)

 

メールでのご相談はこちら電話でのご相談 0120-566-680

アスリートのコンディショニングに高気圧酸素療法は最適です。


アスリートのパフォーマンス向上、美容健康増進、高齢者の病気予防、リハビリテーションなどに効果的と言えるでしょう。

高気圧の時は気分が優れますが低気圧、つまり天候が下り坂になると体調の不調を訴えたり体がだるくなり古傷が痛み出すこともありますね。

これは身体の血流にも変化が、まさしく自律神経機能に気圧が大きく影響を与えているためなのです。
最初の頃は血漿中に溶け込む酸素濃度が向上することばかりに注目が集まっていましたが高気圧による自律神経への影響がまさしくコンディショニングやケアに大きく役立っている可能性が最近ではわかってきたのです。

さかえクリニックではすでにアスリートを対象に高気圧酸素療法前後の自律神経機能の変化の調査を行い 高気圧酸素療法の自律神経機能向上の有効性を確認しつつあります。
クリニックには世界最高峰の自律神経機能計測システム BIOCOM社製のハートリズムスキャナーで検査、分析を行なっています。

 

費用

高気圧酸素療法
30分 6,000円(税別)

さかえクリニックに関するお問い合わせ

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

無料カウンセリング

または、メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。

  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • ご意見・ご感想BOX

LINE公式アカウントLINE@をはじめました。ぜひ、友だち追加してくださいね。


友だち追加数