HOME > プチ整形 > 目袋形成

目袋形成



目袋形成

美しい顔の条件のひとつに、美しい目袋があります。


芸能人やモデルの目元に注目すると、目の下のまつ毛のラインに沿ってふっくらとしていることに気がつきます。
これは目袋(涙堂)といって眼輪筋の厚みによるものですが、ヒアルロン酸を注入することによって、人工的にこの膨らみを作ることが可能です。

この目袋を、メスを一切入れずに注射をするだけで理想の形にいたします。

 

料金表

イメージ写真
 
■施術方法

 

下まぶたのきわの部分に沿ってヒアルロン酸を注入してふっくらさせます。
極細の針を用いて注入しますので、痛みはほとんど感じません。
いつも笑っている時のような明るい表情が演出できます。

お化粧も当日から可能で、もちろん通院も必要ありません。
約5分程度の注射で、芸能人やモデルのような魅力的な目元に変身できます。

ご注意!!中国製等効果が極めて低い粗悪品ヒアルロン酸・コラーゲンで トラブル続出!

 

 

■目袋形成の症例

 

 

















 

 

イメージ写真

 

■痛みを極力抑えたケアを行います。

治療の時の痛みは誰でも気になりますね。痛みは我慢するもの・・・ではありません。
極力痛みが少なくなるように医師は細心のケアを行う必要があります。

当院では、ケアシスによる局所冷却のみならず、使用する針もコラーゲン株式会社の研究開発により「33ゲージ」という世界で最も細い針での施術が可能となりました

 

さかえクリニックの痛みの抑えた治療 イメージ写真
イメージ写真

 

内径は30ゲージのままですので痛みが少ない割にはスムーズにコラーゲンやヒアルロン酸注入が可能となり患者様にとっては朗報です。

たかが針と思われるかもしれませんが、針のわずかな太さや切れ味で全く注射時の痛みが異なります
痛みの評価からすると痛みが半分以下になったといってよいほどです。

内出血のリスクも減少してより安心して施術を受けていただけるようになりました。

■第26回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で、プチ整形について講演・ワークショップ実施

 

イメージ写真

 

2008年8月、大阪のリーガロイヤルホテルで開催された第26回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で、「シワ治療ならびにプチ整形における塩酸リドカイン含有ヒアルロン酸使用の実際」と題し、院長 末武信宏がプチ整形について講演・ワークショップを行いました。

学会ホームページ:
http://www.r-derma.med.osaka-u.ac.jp/bihifu26/

■費用

1回 40,000円(税別)~

 

リスク・合併症について

院長 末武信宏しわやプチ整形で使用するヒアルロン酸は、高品質なものを使用します。
長期間の使用実績と世界中で多量に使用され安全性や有効性が確認されているためです。
ヒアルロン酸は注射を行うため針が皮下組織の血管に当たることがあります。この場合、内出血を起こすことがあります。

内出血は、治療直後より数日後に出現することが多く、注入部位とは別の部位へ重力で移動して出現することもあります。施術中、内出血ができる限り起こらないように、強力に注入部位を冷却し施術直後に圧迫を加えます。

部位によってはヒアルロン酸のふくらみがしわのラインに沿って目立つようなことがありますが、時間経過とともに改善されます。
この現象は稀ですが、もし気になるようでもヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶解する薬剤で、元に戻すこともできるため安心して受けていただけます。

目袋形成について、ご不明な点・詳細は、まずお問い合わせ下さい

無料カウンセリング

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。