HOME > プチ整形 > 性感染症

性病(性感染症)

さかえクリニックの性感染症

STD性病検査・治療は最先端診療を行っておりますので、保険での診療は行っておりません。ご了承下さい。

料金表

性病は、恥かしがらないですぐに検査を受けて下さい。
匿名での検査も可能です。迅速に検査を行い、クラミジア淋菌性尿道炎など
特効薬を当日処方できます。


プライバシー厳守。誰にも知られず、少ない通院回数で治療が受けられます。一切痛みを伴わず、匿名での検査・治療も可能です。

性病で受診されます患者様へ

・出来る限りお待たせしないように配慮いたします。
・ご希望があれば匿名での受診も可能です。
・必ず、診察・血液検査は看護師ではなく 院長の医師が対応いたします。
・ご予約制ですので待合室でお待ちすることがありません。
・短時間で迅速に診察・検査・治療を行います。
・痛みを伴う治療は極力行いません。
・丁寧に診察、説明など行います。
・通院回数ができるかぎり少なく済むように最大限の配慮をさせていただきます。
・オプションなどで追加費用などは不要です。(検査、治療薬剤費用のみ)
・検査結果の説明などは担当医がデータをお渡しして丁寧に行います。(再診料は薬剤が不要であれば無料です。)


代表的な性病には次のような病気があります。

> 淋病> 梅毒> クラミジア> 尖圭コンジローム> トリコモナス症> カンジタ症
> 毛ジラミ症> エイズ> 性器ヘルペス> B型肝炎> C型肝炎 … 

これらの病気の中のほとんどが、セックスをしなくてもオーラルセックスを行なうファッションヘルスでも感染する可能性があります。当院の性病の患者の70%以上は、ヘルスでのオーラルセックスによる感染です。

1. 淋病(淋菌性尿道炎)
感染機会から3~7日の潜伏期の後、排尿痛、尿道からの膿の排出。
男性では、症状は通常、感染の機会から2-5日後に出現します。
しかし、30日後になって初めて症状が出現するような場合もあります。

【男性】
・  尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じる。
・  尿道から白く濁った膿が出る。
・ 排尿時に強い痛みを感じる。放置すると頻尿、排尿困難、排尿の終わりに出血を見るようになり、さらには前立腺、副睾丸に炎症が広がったり、不妊の要因となることもある。

【女性】
・  軽い排尿痛、頻尿などで、症状が軽く本人が気付かないこともある。放置すると子宮、卵管と感染が進み、骨盤内感染や不妊の原因になる。
・  悪臭のある、緑白色や黄色のおりもの下腹部の痛み、発熱など。

咽頭淋病は、オーラルセックスで咽頭(のど)に感染すると言われています。
淋病の菌(淋菌)が咽頭に感染すると、咽頭の腫れや痛み、発熱といった症状が出ますが、症状が出ない場合が多いです。

2. 梅毒
血液検査でわかります。ペニシリンの内服で簡単に治ります。但し、感染して3週間経たないと陽性になりません。注射は不要です。

症状について

第1期(感染後3週間して)
・  性器、肛門、口など感染した部分に、小豆大~エンドウ豆大の痛みの無い赤いシコリが出来る。これは潜在化するが4~6週間で自然に軽快する。女性では気付かない場合がほとんど。

第2期(第1期が終了する頃から)
・  全身の皮膚に、赤い斑点がまばらに現れる。
・  丘疹(皮膚から盛り上がったぶつぶつ)や後頭部に脱毛がみられる。
・  痒みや痛みがなく、放っておくと症状は自然に2~6週間で消えてしまう。

潜伏期
・  第2期の終わる頃より数週間から数年間にわたる無症状の潜伏期に入る。この時期は血液検査でのみ診断される。この中の数10%が晩期へと進む。

晩期(感染後3年後くらいから)

・ 皮膚や内臓にゴム腫(固いしこりやこぶができ、周辺の組織を破壊し、治るとあとが残る)と呼ばれる病変が起こる。
・  関節炎や手足の感覚の喪失。
・  心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が営めなくなる。

3. クラミジア
最も多い性病です。女性はほとんど症状が出ないことが多い。 男女とも不妊症の原因になります。潜伏期間は1~3週間。軽い尿道痛、不快感。尿道からの分泌物。ミノマイシンかクラビットという抗生物質、抗菌剤を2~3週間内服。2~3回の通院で治ります。

【男性】
・  約半数に排尿困難、排尿時の痛み。
・  尿道口より最初は薄く次第に濃くクリーム状の膿が出る。
・  前立腺炎、副睾丸炎を起こすこともある。

【女性】
・  約2割に、おりものの増加や下腹部痛が見られる。
・  きわめて症状が軽く、感染症例の5人に1人しか症状が出ません。
・  進行すると子宮、卵管と炎症が進み不妊の原因となることもある。


4. 尖圭コンジローム
主な原因ウイルスとなるのは、主にHPV6型と11型。
亀頭や包皮のブツブツ。ウイルスによるもので徐々に増加、増大。 IDU軟膏という新しい特効薬で治療します。痛みも痒みもありません。相手へ移すことがあるため、早急に治療する必要があります。

症状について
約1 - 2か月の潜伏期間があり包皮や亀頭部に尖った「イボ」を形成してくる。自覚症状はなく、痛みも痒みもない。短期間で次々とイボを形成し増殖していく。再発を繰り返すことが多い。包茎の人に多く 亀頭部が露出しないことも原因である。まれにサウナや公衆浴場などからも感染することもある。

感染しても、約1年ほどで自己免疫力で自然治癒する場合がある。潜伏期間は1か月から8か月の長期に渡ることがあり、感染源が不明なこともある。

鑑別
よく、亀頭周辺にイボができ尖圭コンジローマかと相談に訪れる患者も少なくないが、その殆どはフォアダイスや真珠様陰茎小丘疹と呼ばれるものであり、病気ではない。フォアダイスとは大体1mm未満で大きさの球形のイボが陰茎から亀頭のくびれまでに発症するもので、脂線の独立したもの。成人男性の65%に見られウイルスとは関係のない生理変化。また真珠様陰茎小丘疹とは、陰茎の端(亀頭のいわゆる  カリの部分)に沿って大きさの揃ったブツブツが並んでいる状態であり、これも全く無害の生理変化で、成人男性の20%に見られる。フォアダイスは害はないが、外観が気になるため治療を行うことも多い。病気ではないため保険適応外で、平均2万円から8万円の治療費。

尖圭コンジローマよりフォアダイス、真珠様陰茎小丘疹にみえる場合でも専門医師による診断が必要。女性の膣入り口やその周辺(膣前庭部)のひだ状、あるいは、乳頭状のできもの「前庭部乳頭」を尖圭コンジローマと誤診されることもあるが、これは「妖精のひだ」ともよばれる正常変化。小陰唇の内側などに左右対称に発生することや、乳頭が規則的で、内部に血管がみえないなどが鑑別点となる。

検査
一般に尖圭コンジローマは粘膜上皮に主としてに感染するため特別な検査はないが 梅毒ほかの性病との合併もあり性病一般検査が勧められる。

【男性】
・  ペニスの亀頭、冠状溝、包皮内外板、陰嚢にたくさんのイボができる。

【女性】
・  大小陰唇、腟前庭、会陰、腟、子宮腟部に沢山のイボができる。

治療法について

現在、薬剤治療と外科手術がある。

 薬剤治療
     ヨクイニン(漢方薬のハトムギ)
      ポドフィリン液:毒性の強い樹液を精製した薬剤
     5FU軟膏:抗がん剤の軟膏(DNA合成阻害作用)
     ブレオマイシン軟膏:抗がん剤軟膏(DNA合成阻害作用)
     ベセルナクリーム:尖圭コンジローマ治療薬

 外科手術
      液体窒素凍結手術
       電気メス切除手術
      レーザー光線蒸散手術

パートナーに感染させる危険性があり、また、再発と増減を繰り返しながら症状が長期に及ぶ場合も多いので、必ず治療を受けたほうが良い。。

これまでは、凍結療法、外科的切除、蒸散治療が主体であったが、2007年12月に持田製薬から尖圭コンジローマ治療薬としてベセルナクリームが発売された。日本初の尖圭コンジローマ治療薬「ベセルナクリーム5%」は、特効薬  免疫を活性化して治療する薬であり、サイトカインの産生促進によるウイルス増殖抑制作用と細胞性免疫応答の賦活化によるウイルス感染細胞障害作用を示し、患者の持つウイルス感染防御機構を利用して、病変を消失させると考えられている。治癒までに時間がかかる(1か月以上)が有効な方法である。確実に治療すれば再発率は低い。

5. 性器ヘルペス
ヘルペスウイルスによるもので初感染の場合は発熱することもあります。女性は重症化しやすく、早急な治療が必要です。男性はペニスに小さな水疱が出現し、潰瘍状になります。ゾビラックスという特効薬がありますが、発症後すぐ内服しないと効果が期待できません。

症状について

・  性器に赤いブツブツや水ぶくれ、かいよう(皮膚のただれ)ができる。
・  初めて感染したときには、強い痛みや発熱をともなることが多い。
・  再発の場合は、小さな水ぶくれや潰瘍ができるくらいの、軽い症状が多い。


6. B型肝炎
B型肝炎の感染経路は、セックス、輸血などの血液による感染、母子感染があります。セックスによる感染率は、エイズウイルスより高いと言われています。 B型肝炎はアジアやアフリカで多くみられるので、海外で感染して国内に持ち帰るケースが多いです。

症状について

・  倦怠感や疲労感とともに、不眠症、食欲不振、吐き気、微熱や下痢等の症状が出る。
・  肝臓周辺に鈍い痛みを感じる。
・  症状が進むと、肝硬変や肝臓ガンを併発する事もあるので注意を要する。
・  はっきりとした症状が見られないこともある。

7. C型肝炎
C型肝炎ウイルスが原因で感染します。血液の接触で主に感染しますが、性交渉など粘膜の接触でも感染します。しかし感染力はB型肝炎ほど強くはありません。無症状の事が多く、検査しないと感染の有無はわかりません。

症状について

・  全身の倦怠感、微熱程度の発熱、食欲不振、黄疸、濃い色の尿。

8. 毛ジラミ症
ヒトシラミ科に属し、体長1-2ミリで、3本足を持ち、カニに似ており、色調は灰白色、灰白黄色ないし褐色で、成虫は肉眼で確認できます。成虫の平均寿命は22~28日です。アポクリン汗腺を好み、陰毛部で生活します。毛じらみは1日数回吸血し、1日に2~3個の卵を産みます。虫卵は陰毛に産み付け白い点状の粒として観察されます。

成虫は、24時間血を吸えなければ死んでしまいます。ただし卵は10日間生き続けます。 毛の生え際に寄生する毛じらみが、吸血することによって激しいかゆみが生じます。それにより下着に血の点が付着します。

症状について
・  ケジラミが寄生する部位の痒み。

9. エイズ
エイズとは、後天性免疫不全症候群を略した言葉です。 HIV(エイズウィルス)に感染すると、からだの中の免疫力が壊されてしまうので、普段なら何ともないカビや細菌やウィルスといった弱い病原体で病気になってしまいます。

また、HIV自体によって脳炎のような症状がおきることもあります。免疫の力が弱くなったために、弱い病原体に新たに感染したり、多くの人が子どもの頃に知らないうちに感染している弱い病原体による症状を抑えきれずに病気になってしまいます。 HIVは感染している人の血液・精液・膣分泌液に多く含まれており、このほかに母乳にも含まれています。血液による感染は輸血や注射器の共有で、精液や膣分泌液による感染はセックスで感染します。

HIVは尿や唾液などにも含まれていますが、微量なので感染することはありません。このように、HIVの感染経路は限られていますので、どんなことで感染するのかを理解して注意すれば、日常生活でほかの人に感染させることはありません。

症状について
・ 感染初期には風邪に似た症状が出ることがあるが、多くの場合長期間(平均して10年くらい)自覚症状はない。
・  感染しているかは検査を受けないとわからない。
・ 無症状の状態が続いた後、急激な体重の減少、著しい寝汗、下痢などの症状が現れることがある。
・ 病気が進行すると免疫機能が低下し、健康なときにはかからないような様々な感染症や悪性腫瘍にかかってしまう。

10. カンジタ
カンジダ膣炎は、カビの増殖により起こる性病のひとつです。もともと女性に良くある性病で、誰もが持っているカンジダ・アルビカンス(真菌・カビ)が膣内に繁殖して起こる病気です。
普通は腸内に寄生しているため便に混ざっており、そこから菌が付着することが多いものです。 通常でも1割ぐらいの人は膣内にカンジダ菌がいると言われています。 健康な時には菌か付着しても普通は発症はしませんが、疲労や妊娠などで、体の抵抗力が落ち ている人、糖尿病や抗生物質を長期間服用した人などがかかりやすくなります。

また、季節の 変わり目など、体に変調が起きやすい時にも発病しやすい病気です。性行為などによって男性の感染者も見られます。体調の悪いときや抗生物質の投与中など、体の抵抗力が低下しているときに発症しやすく、外陰部痒みを伴います。

症状について
・  白いカッテージチーズ状のぽろぽろしたおりものが出る。
・  炎症を起こし、強いかゆみを感じる。
・  症状が進むと膣からあふれるほどおりものが出たり、外陰部が赤くただれて激しいかゆみが生じる。

11. トリコモナス
通常の性行為によって感染しますが、トリコモナスは乾燥には非常に弱い一方、水中では長時間感染性があるため、家族内での感染や便座、お風呂での感染が知られています。

【男性】
・ ほとんどが無症状で、症状がある場合も軽く排尿時に不快感がある程度。

【女性】
・  白または黄色の泡状または膿を含んだ悪臭を伴うおりものが出る。
・  女性では無症状の場合もあります。
・  外陰部に強いかゆみがある。
・  排尿、性交時に痛みがあることも。
・  ひどくなると外陰部が赤くただれる。
 

費用

トータル性病パック検査 30,000(税別)
 ・淋病
 ・梅毒
 ・クラミジア
 ・エイズ
 ・一般血液検査・・・肝機能、腎機能など

治療 10,000円(税別) ~


内服薬・抗生剤投与

性病について、ご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい。

一人で悩まないで、無料相談。 0120-566-680

性病について、ご不明な点・詳細は、まずお問い合わせ下さい

無料カウンセリング

メールでのカウンセリングはこちら。
当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。