院長ブログ

2011年3月16日 水曜日

本当に知りたいこと

海外のメディアや原子力関係者と我が国の政府や関係者、コメンテーターとの原発事故に関する内容には大きな温度差があります。
レベル6なんてとんでもない、レベル4程度ですと強調していたコメンテーター専門家がいました。

確かに本当のことを伝えればパニックが広がり収集がつかなくなり被災者救済どころではなくなってしまうと思います。
ボランティアすら被災地区に行こうとしないのではと思うと複雑な思いです。

しかし、誰もが本当のことを正確に知りたいと思います。
炉心が露出して融解すると何が起こるのか?
どの程度の 放射性物質が外部に漏れて予想される拡散範囲とその汚染度合。
これまでの研究データである程度は類推できると思います。
微量だから大丈夫、安定している、安心して屋内退避を続けて、心配するれべるではありません、健康被害など起こらない・・・ではなく、

このまま炉心の温度上昇が続き 炉心融解が起これば、しかも1-6号機すべて放射性物質が放出されるとどの程度の被害が起こるのか?
起こりうる最悪の状態とその可能性、そしてその範囲や程度。


きっと皆さんが知りたいことだと思います。

自らの被ばくで命を懸けて現場で炉心冷却や作業を行われている 方や家族のお気持ちを思うと胸が痛むとともに

安定している、わかりませんと 疑問に思われる態度で機械的対応を繰り返す 東電幹部の方には 不信感が募ります。

こんな状況を具体的に警告された あるジャーナリストの コメントです。



15日昼頃には、敷地内での放射能が通常の350万倍に達した。テレビでは、コメンテーターも政府もみな、微量、微量と言い続けた。ここまでくれば、みな、おそるべき犯罪者たちである。さらに2号機では、格納容器の破損が起こり、4号機では建屋内の使用済み核燃料のプールが沸騰を始めたという。ここには、原子炉より多くの放射性物質が入っている。作業者が近づけない場所であるから処理はおそらく不能であろうと、15日の午後5時時点で、私は推測するが、この推測が間違ってくれるよう祈っている。福島第一原発の6基のうち、1基がメルトダウンすれば、そこには職員がいられなくなる。すべてを放棄して逃げ出すだろう。あとは連鎖的に事故が起こる。

 この発電所には、全部合わせて、事故を起こしたチェルノブイリ原発の10倍を超える放射能があると思われる。あとは、この放射能が無害であると、政府と原子力安全・保安院と電力会社とテレビの御用学者たちは言い続けるはずだ。もし日本の国民が愚かであればそれを信じて、汚染野菜を食べることだろう。明日、すぐには死なないからだ。しかしかなりの高い確率で発癌することが分っている。子供たちを守れるのは、事実を知っているあなただけである。

『原子炉時限爆弾』で、私はこう書いた。




命を懸けて原発の現場で作業に取り組まれている皆様に敬意を払うとともに お身体のご無事を心よりお祈り申し上げます。





投稿者 さかえクリニック