院長ブログ

2011年5月 1日 日曜日

若返りの腹筋

石川遼選手 専属フィジカルトレーナー 仲田健氏が 石川遼選手に主たる指導とした 体幹トレーニング。
その一つに 恐怖の腹筋トレーニングがあります。
これは本当にきつい。
ストレッチポールの上で閉脚して腹筋。
ほとんどのトップアスリートも1回もできません。

腹筋自慢、1000回の腹筋を自負するアスリートもできないことがほとんどです。
スタックポジションという 筋肉の盲点が存在するのです。
このインナーマッスルの部分を鍛えることは大変重要で 身体能力向上には欠かせません。
軸がしっかりでき 身体が本当に若返ります。
私自身、徹底したインナーマッスル強化トレーニングを数年にわたって行ってきて いかなるトッププロアスリートよりも この究極の腹筋ができるようになりました。

努力と積み重ねは おじさんの身体を プロアスリートのように進化させてくれますね。

肉離れ受傷後 2週間目  優勝候補主力ローテの投手は今日、スパイクをはいて マウンドで投球。
痛みもなく鋭い球を投げることができました。
重傷の肉離れで 全治6週間と診断されていましたが 予想の3倍のスピードで順調に改善。

治療とトレーニングを担当させていただいています。
過酷な腹筋で身体改造も。

投稿者 さかえクリニック