院長ブログ

2011年5月16日 月曜日

完全優勝

5月15日

決勝レース前のウオームアップ走行でピットを出る時、オフィシャルの不可解な?指示で後方より追突され負傷、バイクも破壊された秋吉耕佑選手(トップアスリート 株式会社 専務取締役)は、大きなハンディを実力でカバーしました。
全セッション完全制覇、ダントツの優勝!!

バイクの不調も身体の不調もハートでカバーしました。

国内二輪最高峰レース JSB1000 鈴鹿  優勝

腫れあがった右足首を 柴田康博トレーナーがケア。
武豊さんや多くのトップアスリート、韓流スター、芸能人をケアする 元ショートトラック日本王者、日本代表です。

名古屋へ帰ってから 左で153キロのストレートで大活躍した 高橋聡文選手がコンディショニングに来られていたので 優勝を一緒に祝って記念撮影。
宮里藍プロ、優作プロの元トレーナー 鎌田トレーナーも一緒に!


満身創痍で結果を出した秋吉選手のプロ根性に 多くの友人たちが感動しました。
おめでとう!


投稿者 さかえクリニック