院長ブログ

2011年5月30日 月曜日

ダイエット目的の加圧トレーニングに要注意!

加圧トレーニング・・・過大広告最近特に目立ちますね。

ダイエットや肌が美しくなる・・エビデンスがまだ乏しいにもかかわらず 運動生理学を全く理解していない自称スポーツトレーナーが インストラクトされているようです。今日も加圧トレーニングを継続して体重が増え困っているとの相談がありました。
加圧トレーニングによって明らかにストレスが増え交感神経が過剰優位になり副交感神経機能が抑制されている患者様でした。

副交感神経が抑制されれば自律神経全体のバランスを取るため食欲が増大し 摂食活動が増加して ダイエットには逆効果もあります。

その患者様にはただちに加圧トレーニングをやめていただきました。

加圧トレーニングはすべてダイエットに効果的。
とんでもない謳い文句です。
自律神経機能を考えれば必ずしもこの考えは当てはまりません。

急激な加圧トレは交感神経を過剰に刺激し むしろダイエットには悪影響を及ぼします。
自律神経のことを理解せずして この仕組みもわからずに加圧トレを勧める施設は問題です。
ダイエットを行うためにはそのクライアントの自律神経機能状態を正確に把握する必要があります。

トレーニングの新しい手法としてリハビリなど優れた威力を発揮すると期待していますが、営利目的が優先した加圧トレーニングに要注意です。

最近ではトレーニング理論もトレーナーとしての経験も全くない医師が 加圧トレーニング専門医と称してトレーナーまがいの行為を アスリートやダイエット指導をされている施設があるようです。

私ども順天堂大学医学部のスポーツ医学研究チームでは各トレーナー全員 加圧トレーニングは慎重に行うべきとの見解です。
少なくとも私どもが指導させていただくトップアスリートは誰一人として加圧トレーニングを採用しておりません。
アスリートが行うには 加圧トレーニングには大きな盲点があることを私どもは考えています。

民間で過大な期待が 素晴らしいトレーニング理論の一つとしても発展する可能性がある加圧トレーニングの意図を妨げないことを祈っております。

また、美容皮膚科医としましても加圧トレーニングで皮膚が明確に若返るとの確実なエビデンスはないと思います。

投稿者 さかえクリニック