その他コラム

★ BENEV GF Hair Care ★

★ BENEV GF Hair Care ★

育毛治療セミナー

2010年5月26日(水)

 19:00  開会の挨拶、お知らせ
 19:00~19:50    ● セミナー
   ➢ Benev GF HairCare Complex の効果と症例
     * GF Hair Care Complec Protocol
     * 育毛のための革新的技術
     * スキンリジュビネーション
 講師:Dr.Ahmed H.Al-Qahtani
 19:50~19:55  Q&A
 19:55~20:00  休憩
 20:00~20:55    ● WORKSHOP
   ➢ Benev GF Hair Care Complex
     * Skin Stamp を使用
   ➢ 美容としてのグロースファクター治療方法
      *スキンリジュビネーション / フラクショナルレーザー Sellas EVO 使用
 講師:末武先生(From さかえクリニック)
 Q&A
 18:55~19:00  アンケート用紙記入(リフレッシュメント)&セミナー終了

第1回中部東海地区コラーゲン・ワークショップ


コラーゲン株式会社では、製品知識・技術の向上を目指すクリニックや医院からのご要望にお応えし、学術的かつ技術習得を目的としたワークショップを開催致しております。この度、中部東海エリアでの第1回として、主にコラーゲン、ヒアルロン酸注入をはじめとする顔面注入療法に関するワークショップを以下の通り企画いたしております。

ワークショップ日程: 4月5日 日曜日
講師: さかえクリニック 末武信宏
予定人数: 先着順10名様
お申込締切: 3月23日

ワークショップ参加費は、お一人様 50,000円でございます。(参加費用にはテキスト代と材料費が含まれております。)
大変恐縮でございますが、ファックスによるお申し込みと同時に、参加費 50,000円を下記銀行口座宛てお振込みいただきますようお願い申し上げます。入金確認をもちまして正式登録とさせていただきます。また、誠に勝手ながら振込み手数料はクリニック様ご負担にてお願い申し上げます。

先生方のご参加をお待ち申し上げております。


「第1回中部東海地区コラーゲン・ワークショップ」

実施日: 平成21年4月5日(日)
時間及び会場:
 時間: 15:00 ~ 18:10(14:45分までにお越し下さい)
 会場: さかえクリニック セミナールーム (添付地図をご参照下さい)
        (愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F  Tel:052-953-9676)
プログラム:
 15:00- 15:45 コラーゲン、その他注入剤による治療(総論)                        
 15:45- 16:00  休憩
 16:00- 16:50  コラーゲン注入、その他注入剤、プチ整形 実演
 16:50- 17:00 休憩
 17:00- 17:30  すぐに導入可能な美容皮膚科診療
 17:30- 18:10 美容皮膚科治療・実演

プログラム終了後、講師の先生を囲み、各先生方が親しくご交流していただけますように懇親会を予定しています。是非ご参加下さいます様お願い致します。


詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
担当: コラーゲン㈱マーケティング 平田(03-5405-2330)
             第二営業部   川上(080-5680-5041)

振込銀行: みずほ銀行 虎ノ門支店 (0001-046)
口座番号: 普通預金 1930913
口座名義: コラーゲン株式会社


カクテル点滴成分に関しまして

カクテル点滴の成分は個人の状態やご希望により配合を調整しております。

その中で代表的な成分に関しまして説明させていただきます。
 

**************************************************

昔から肝臓の薬やアレルギーの薬を使うと、なぜか判らないけれど皮膚がきれいになることが経験上知られていました。
そのような注射液の中から、身体の細胞を騙して身体がやろうとしている働きを妨げる薬(ブロッカーとか拮抗剤とか呼ばれています。)ではなく、身体の中に自然に存在している成分や、身体の細胞がやりたいことをそそのかすように騙す薬、そして細胞の栄養分やビタミンをピックアップし、その中から副作用がなく安全な薬品を選び出して、点滴成分として配合しました。
もちろん保険適応外の使い方ですから、薬剤の添付文書、薬の成分からインターネットなどで調べてみても、薬の効用として 美肌 という効能書きはありません。
保険適応の薬剤は、厚生労働省が指定した疾患以外には保険での使用が認められていません。
薬価として収載認可されているかどうかが保険で使用できるかどうかの基準になっています。

しかし、自費での治療は、有効と安全性さえ確認されれば、保険の枠を超えて疾患以外に健康増進や美容目的、疲労回復にも応用されます。
私自身、その効能を自ら薬剤を投与して確認しています。

**************************************************
 

1.ラエンネック
2.ソルコセリル
3.グルタチオン
4.ケベラS(強力ミノファーゲンCのジェネリック品)
5.チオトミン(αリポ酸)
6.グロンサン
7.L-アスコルビン酸(ビタミンC)
8.ネオラミン・マルチ
9.ATP
10.L-メチオニン
11.ビオチン
12.ハイプレアミン(総合アミノ酸)
13.ノイロトロピン
14:ビタミンB1誘導体

**************************************************

解説になります。

1.ラエンネックはプラセンタ・ページを見てくださいね。

 

2.ソルコセリルは、幼い牛の血液を原料にしたエキス剤で、線維芽細胞を活性化して傷を早く直します。
昔は胃潰瘍と言えばソルコセリルを静脈注射していました。
今では胃潰瘍は、プロトン・ポンプ・インヒビター(PPI)という種類の強力に胃液を出さなくしてしまう薬に取って変わられてしまいましたが、PPIには直接に傷(潰瘍)を治す作用はありません。
ソルコセリルは辱創(床ずれ)の治療用の軟膏にも使われています。
ですから、ソルコセリルは、粘膜も皮膚も身体の他のいかなる部分の線維芽細胞に囁いて、線維芽細胞を活性化して、コラーゲンや、ヒアルロン酸・コンドロイチンなどのグルコサミン類を作らせて、傷を直す作用があるのです。
古い薬なので最近はその効能に対する分析研究は行なわれていないようですが、たぶんサイトカイン類(最近続々と見つかっている生理活性物質、細胞を活性化する情報)がソルコセリルの薬効の本体でしょう。

 

3.グルタチオンは、細胞に備わっている活性酸素中和物質です。
細胞が生きて活動していると必ず活性酸素ができてしまいます。
だから細胞が一生懸命働けば働くほど活性酸素はたくさんできます。
その活性酸素をできたらすぐに中和して消しているのがグルタチオンです。
しかし残念ながら、静脈注射で注射したグルタチオンは細胞の中に入ることができません。
だからグルタチオン注射液は、血液の中に発生した活性酸素の中和が主な働きになります。
老化の進む原因は、
 a.遺伝子が劣化して細胞分裂が悪くなる。
 b.色んなホルモンの分泌が少なくなって新陳代謝が悪くなる。
 c.活性酸素で細胞や組織の一部が酸化されて変質し、壊れる。
と、まあこの三つなんですけれども、グルタチオンが血液中にあれば、細胞の外に漏れ出してきた活性酸素なら中和されて、無毒化されます。
さらに、グルタチオンは硫黄(チオ)を含んだアミノ酸です。
硫黄は、身体の中に入ってしまった水銀や鉛、カドミウムなどの重金属を吸いつけて悪さをしないように中和します。
このような「重金属を中和する働き」のことを最近はデトックスと呼ぶようです。
ですからグルタチオンにはデトックス作用もある、てなわけです。

 

4.ケベラSは主として蕁麻疹、アレルギー、肝臓疾患に、昔からとてもよく使われている静脈注射薬です。
この薬の成分は、豆科の漢方薬の甘草(カンゾウ)の主成分であるグリチルリチン酸と、L-システインというアミノ酸です。
グリチルリチン酸は薬学的にはマメ・サポニンに分類されます。
グリチルリチン酸は、グリチルレチン+グルクロン酸×2で出来ていて、
このグリチルレチンの分子の形(分子構造)が副腎皮質ホルモンに似ているので、自前の副腎皮質ホルモンの効きをよくしたり、アレルギーをコントロールしているプロスタグランディンを調整したりするので、アレルギーに効果があります。
(でも本当の副腎皮質ホルモンの作用はないので、リバウンドなどの副作用はありません。)
しかし、グリチルレチンは肝臓には作用しないのです。
肝臓に作用するのは、×2のグルクロン酸です。
グルクロン酸は、実は身体でも作られている極めて応用範囲の広い解毒物質です。
フェノール、アルコール、アミン、脂肪酸など多種多彩な水に溶けない化学物質を中和して、体外に排出する解毒物質、それがグルクロン酸です。
発疹などの皮膚トラブルのほとんどはアレルギーによるものなのですが、アレルギーのうちで見落とされやすいのが、鯖アレルギーなどの原因になる「有毒アミン類」。
これもグルクロン酸で中和されます。
肌トラブルは、生理前の大人白ニキビ
女性ホルモンが多すぎて、身体が分解しきれなくて男性ホルモンになってしまい、皮脂腺の油の生産を増やしてしまうのが原因です。
この余分な男性ホルモンもグルクロン酸が中和してくれます。

一方の成分であるL-システインは、化粧品やサプリメントにも含まれているので聞いたことがあると思います。
L-システインはアミノ酸の一種です。 ハイチオールCという美白目的の薬剤同様の成分でもあります。
 

******** ☆注釈☆「アミノ酸とは?」  ********
 

アミノ酸というものはとてもたくさんの種類があるので、一言では説明しにくいのですが、蛋白質の最小構成成分、つまり部品です。
からまったチェーンの塊を蛋白質に見立てるなら、ぶつ切りのチェーンをペプチド、チェーンの輪っかのひとつひとつをアミノ酸と呼びます。
アミノ酸にはとてもたくさんの種類があります。
天然物で見つかっているものだけで700種類もあるのです。
そのうち人間の身体を作っている蛋白質(酵素も含む)を構成するアミノ酸は26種類と言われています。
身体を構成している蛋白質(コラーゲンや酵素も含む)にはものすごい種類があるのでそれぞれを説明できませんが、それぞれに26種類のアミノ酸の配合割合が決まっています。
酵素などは、アミノ酸の並びがたったひとつ入れ替わっただけで働かなって病気になったりします。
 

**********************************
 

L-システインは、表皮の角質や毛のキューティクルを構成するケラチンという蛋白質を作るのにたくさん必要なアミノ酸です。
また、L-システインは細胞の中でグルタチオンという抗酸化ペプチドに変化します。
グルタチオンは、先にも書いたように、細胞の中で日々生産されている活性酸素を、できたそばから中和する最前線の抗酸化成分です。
 

さて、L-システインは美白のアミノ酸としても知られています。
これは、活性酸素の中和と関係しています。
皮膚のメラニン細胞の中で、ドーパミンが活性酸素によってメラニンになり黒い色になるのですが、グルタチオンが活性酸素を中和するのでメラニンができにくくなり、色素沈着しにくくなります。
さらにL-システインは硫黄(チオ)がついた含硫アミノ酸なので、身体に不要な重金属をつかまえるデトックス作用があります
重金属をつかまえたL-システインは、そのままケラチンになって重金属ごと垢として排出します。
また、ケラチンは毛髪の主成分でもあるので、重金属は髪の毛にも排泄されます。
というように、ケベラSは元気とキレイの両方に作用します。

 

5.チオトミンは、今大ブームのアルファ・リポ酸そのものです。

現在大ブームになっているアルファ・リポ酸ですが「身体にいい」ということは聞いていても、どう効いているのでしょうか?
アルファ・リポ酸はビタミンの一種です。
身体は、主に血糖(ブドウ糖)を燃やしてエネルギーにして生きていますが、アルファ・リポ酸は他のビタミンB群やコエンザイムQ10と一緒になって、この血糖をエネルギーにするまでのプロセスを活性化して細胞を元気にします
細胞が元気になったら身体全体が元気になります。

アルファ・リポ酸単独では、この効果はありません。
またアルファ・リポ酸の別名を「チオクト酸」、硫黄(チオ)分子を含んでいます。
ということは、ケベラSのところでも説明したとおり、チオといえばデトックス。
アルファ・リポ酸もデトックス作用があります。
重金属などを体外へ排出する効果も指摘されています。
最近では抗酸化効果も注目されて アンチエイジングには欠かせない成分とされています。
ダイエット効果で注射される患者さまも増加して、基礎代謝向上効果もあります。
ボディビルダーが体脂肪率減少を期待して アルファリポ酸を注射して激しいウエイトトレーニングに励むということもあまりにも有名です。
冷え症やむくみが気になる女性の患者さまも注射直後から 手足がポカポカしてきた、脚のむくみがすっかり改善したと効果が短時間で実感されるかたも数多くいます。
多くの効果を期待される アルファリポ酸
カクテル点滴の柱ともいえる成分です。

 

6.グロンサンは、ケベラSのところで書いたように、水に溶けない身体の外から入ってきた毒物や、身体でできた水に溶けない老廃物を包みこんで水に溶けるようにして、胆汁の中に捨てます
胆汁というのは、肝臓が作っている脂肪用の消化液でもあるのですが、身体の中の毒素の下水でもあります。
肝臓で作られた胆汁は、十二指腸に分泌されて脂肪を分解したら便になって排出されます。
基本的には重金属の排泄は角質と毛、生活毒物の排泄は便です。

 

 7.アスコルビン酸は言わずと知れたビタミンCです。

 

10.メチオニンもアミノ酸の一種です。
システインと同じ「含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)」の仲間です。(メ・チオ・ニン)
身体の中でシステインに作り替えられてグルタチオンの原料になったり、先に出てきた「有毒アミン」をメチル化して中和して解毒する役目もあります。(メチ・オ・ニン)
身体ではかなり重要なアミノ酸です

 

11.ビオチンはビタミンHとも呼ばれます。
アルファ・リポ酸と同じように血糖を燃やすクエン酸回路をしっかり回す役目です。

 

13.ノイロトロピン。
この薬もかなり昔からある薬で、ウサギにワクシニア・ウイルス(種痘のウイルスです。)を感染させて、そのウサギの血からつくった薬です。
種痘は正式には「牛痘」といって、あの絶滅した疫病「天然痘」系のウイルスです。
というわけで「ワクシニア・ウイルス」は感染するととても強い免疫反応を起こすウイルスです。
だから、「ワクシニア・ウイルス」に感染したウサギの血の中には、ものすごい種類の免疫関係の物質がたくさん含まれていると想像できます。
どんな成分が含まれているのかなど詳しい分析はされていませんが、なぜか知らないけれど、脊髄神経に働いて痛みを取るという珍しい働きがあり、保険適応になっています。
この薬の本体も、サイトカイン。
ノイロトロピンをウイルス性の風邪の予防や治療にも有効な可能性があります。
また、アレルギー性の病気に対してノイロトロピンをとても薄く薄めた溶液を皮内注射することを続けていると、アレルギーが改善します。
丸山ワクチンと並ぶ、貴重な薬です。

 

14:アリナミン ・・・いわゆる ニンニク注射の主成分です。
疲労回復という効能はあまりにも有名ですね。


レーザーとは

レーザー原理

「レーザーとは1960年代にメイマンにより最初に開発された誘導放射による光の増幅を用いた可干渉な光源である。通常は駆動源(固体レーザーの場合、フラッシュランプ)と利得媒質(ルビー、ガラス等のレーザーを増幅する媒質)と誘導放射をさせるために光を閉じ込める反射鏡の3構成要素からなっている。」といわれてもわかりにくいですね。 以下、わかりやすく説明いたします。
 

レーザー(LASER)は光の束の一種です。
自然には存在しない人工的な光。英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)による光の増幅)の頭文字をとったものです。
 

「普通の光との違い」は、コヒーレントという性質です。すなわち、「単一の波長による単色性」、「同位相による干渉性」、「光が集中して拡散しない指光性」の3つです。
 

プリズムを通して見ると、太陽の光は赤から紫までの多数の色に分かれます。レーザーはそのうちの1色だけの光(単波長)を工夫して取り出して増幅させたものです。また、自然光である太陽光は360度すべての方向に拡散します。けれども、レーザー光は一点に絞り込みまれた線状の光線で拡散することなく理論的には無限の距離まで到達いたします。
 

ただし、レーザー発振の機械的な問題から1マイクロン以下の光束にすることは不可能で、これを逆利用して凸レンズ(1枚でよい)で1点に収束させた場合には、大変なエネルギーを生み出します。勿論強いレーザー光と弱いレーザー光とがあります(レーザー出力といいます)。ワットで表現することもジュールで表現することもあります(1秒間に1Jの仕事量=1ワット)。
 

レーザー管球の両端に特殊な鏡がありこの間を光束(当たり前ですが)が往復する間にレーザー光となるわけだけれども、大体管球の長さに比例するとみてよいでしょう。
 

レーザーの出現を予言したのは相対性理論で有名なアインシュタインでした。1960年にアメリカの科学者のメイマンが、世界で初めてルビーレーザーの発振に成功しました。翌年1961年には、網膜剥離に眼科応用され、1964年にはゴールドマンによって赤アザの治療が行われ、1968年にはレーザーメスとして活躍している炭酸ガスレーザーが発明されています。日本には1975年に導入されました。一方、診断機器としてアルゴンレーザーを用いるフローサイトメーターが愛知ガンセンターに輸入されたのもこの時期です。ちなみに20世紀の合衆国の2大発明は人工衛星とこのフローサイトメーターでレーザーではありませんでした。

 

 

レーザー治療の歴史

実はレーザーの生みの親はアメリカのタウンズといわれています。
 

その後、開発競争が始まり、多くの研究者や学者がレーザーの研究に参加しました。その中で、1960年にルビーの結晶でレーザー光発振に成功したアメリカのメイマンが実質上の発明者だとされています。その後、アメリカや旧ソ連で工業・通信・軍事用にレーザーが開発されていきました。
 

医療分野への応用も早く、メイマンが成功した翌年の1961年には、アメリカの眼科で網膜剥離の手術にレーザーが使われ、1970年には膀胱結石の手術にレーザーが使われました。日本には、1980年前後に眼科からレーザー医療が始まったといわれています。現在では、日本でも多くの医療分野でレーザー技術が応用されるようになり、多くの人々に利用されています。
 

アインシュタイン(Einstein)の光量子仮説が発表され、光は波動性だけでなく粒子性も持つことが明らかにされました。アインシュタインは、相対性理論ではなく光量子仮説により1905年にノーベル賞を受けています。光の粒子性を基礎とした光学は、量子光学と呼ばれ、メイマン(Maiman)によるレーザーの発明(1960年)は量子光学の輝かしい成果の一つです。
 

1917年、アインシュタイン(Einstein)は放出にも自然放出と誘導放出の二つの過程があることを明らかにしました。
 

この内、誘導放出はある光を入射するとそれとは別に全く同じ時間で同じ波長(これを同位相と呼ぶ)の光が放出されます。
 

これに目をつけたコロンビア大学のタウンズ(Towns)らはマイクロ波(波長がマイクロメートル、10のマイナス6乗メートルの光)の増幅や発振が出来るのではないかと考えました。
そして1954年、これは実現されました。
 

彼らはMicrowave Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出によるマイクロ波の増幅)の頭文字をとってメーザー(maser)と名付けました。
 

さて我々が目で見ることの出来る光である可視光の波長はナノメートル(10のマイナス-9乗メートル)、つまりマイクロ波の千分の一の長さです。
 

1960年、メイマン(Maiman)によってこの波長でも同様に発振させることが出来ました。
 

後にマイクロ波だけでなく一般的な光増幅器はレーザー(laser)と呼ばれるようになりました。これはLight Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光の増幅)の頭文字をとったものです。
 

余談としてレーザーの名称を初めて用いたのはコロンビア大学のクッシュ教授(P. Kusch)の下で研究していた大学院生ゴールド(Gould)でした。タウンズらがレーザーの研究を行っていることを知った彼は1957年末、原理とレーザーの名称を書いたノートを裁判所に持ち込みました。その後レーザーが発明され、タウンズらとゴールドによる長く醜い特許争いが始まるわけです。ベルとエリシャ・グレイ、エジソンの三つどもえによる電話の特許みたいに。

 

 

レーザーの性質

レーザーの性質は概ね次の2つの要素、波長とパルス幅によって決定されます。
 

波長

波長とは光の長さのことです。太陽光は可視光線としては俗に言う7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)に分かれます。これは我々人間の目に見える範囲の「可視光線」で、これ以外にも赤よりも波長が長い赤外線(太陽がぽかぽか暖かいのは赤外線のため)と紫よりも波長が短い紫外線なども含んでいて皮膚への紫外線の問題がおきていますね。
 

太陽光とは色々な波長の光が集合しているものと言えます。レーザーは様々な波長のうちの1つだけを取り出せるように工夫してこれを増幅したものです。波長が違うと光の性質が違って来ます。
 

例えば、紫外線は殺菌作用やメラニン色素の生産を促進させますし、赤外線はこたつのように物を温める熱作用があります。また、一般的には波長が短いほど深達度が浅く(皮膚表面にしか作用しない)、波長が長いほど深達度が深く(皮膚の深部まで作用する)なります。
 

パルス幅

パルス幅とはレーザー光を照射している時間のことをパルス幅といいます。写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。
パルス幅は、0.1秒とか100万分の1秒というように、その用途によって様々です。
このパルス幅を10億分の1秒単位で制御できる「Qスイッチ」が開発されています。従来は治療が困難だった太田母斑や入れ墨などのレーザー治療が可能になりました。また、一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波(モールスでいうCWです)を用います。これはレーザーメスといわれるものです。

 

 

美容外科、形成外科で使われる主な医療用レーザー
 

CO2(炭酸ガス)レーザー

赤外線レーザーの一種で、その波長は10.6マイクロメートルと可視光線よりもずっと長く、水分に反応して熱エネルギーに変換されるという性質があります。レーザーメスとして使われたり、ホクロやイボなどを取るために使われます。また、パルス幅を短くしてしわ取り用レーザーとしても使われています。目に見えませんのでガイド光としてHe-Neガスレーザーが一緒に内蔵されていることが多いです。
 

ルビーレーザー

宝石のルビーを用います。可視光線の一部である694nm(ナノメーター)という波長を有しており、メラニン色素に反応する性質があります。シミやアザを治療するレーザーとして形成外科分野では炭酸ガスレーザーとともに日本では最も普及しているレーザーです。
 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石(ダイアモンドよりも高価で人気が高いのは夜と昼とで色が異なるから(2色性といいます)ですがキャッツアイと全く同じ鉱物です)を用いて755nmという波長を出します。このレーザーもやはりメラニン色素に反応する性質があり、シミやアザの治療の他にもパルス幅を長くしていわゆる脱毛レーザーとしても普及しています。
 

Nd-YAGレーザー

ネオジウム・ヤグを用います。これはイットリウム、アルミニウム、ガーネットという3種類から成る結晶YAGにネオジウムNdを混ぜたもので、1064nmという波長を出します。
波長を半分に変換できるKTP結晶を組み込んで、532nmの波長を出すことができるものが主流です。532nmの波長は、メラニン色素に反応するとともに、ヘモグロビンの赤い色素にも反応しますので、シミやソバカス、赤アザの治療に使用されます。
 

Er-YAGレーザー

前述のYAGにエルビウムErを混ぜたもので、2936nmという波長を有しており、これは炭酸ガスレーザーと同様に水分に反応します。ニキビ跡の凹凸や顔面のしわ取りに使用します。
 

ダイレーザー

色素レーザーとも呼ばれ、アルコールに色素を溶かしこんだものを発振体としており、585nm付近の波長を出します。ヘモグロビン(血液中の赤い成分)に反応する性質がありますので、赤アザや血管性疾患の治療に用いられます。
 

ダイオードレーザー

半導体を使います。理論的には半導体の性質を変えることにより様々な波長のレーザー光を作り出すことが可能です。その意味では現在もっとも注目を集めているレーザーです。美容外科、形成外科分野では800nmという波長のものを使ってメラニン色素に反応する性質を利用して脱毛に使用したり、532nmの波長のものを使って毛細血管拡張症の治療に使用されています。
 

皮膚の構造と病変の位置

極めて簡単に言えば人間の皮膚は表皮と真皮という2枚のものからできており、上にあるものが表皮で水膨れした時などに1枚ペロッと剥けてしまう部分で、0.1~0.2mm位の厚みしかありません。いわゆる角質はこの表皮に含まれます。その下が真皮で厚いところでは4~5mmの厚さがあります。真皮の80%位はコラーゲンでできています。
色素が表皮にあるのか、真皮まで達しているのか、色素がメラニンなのか、血管のヘモグロビンなのか、入れ墨なのか、などの条件によって使用するレーザーの種類や治療方法が異なってきます。


A メラニン系疾患

シミ(老人性色素斑)、ソバカス

これらは老化や紫外線による表皮のみのメラニン色素の沈着です。肩や背中のシミでは表皮だけではなく真皮に迄メラニン色素が沈着している場合があります。Qスイッチの付いたNd-YAGレーザーやルビーレーザーで治療します。当院では皮膚深部へのダメージが最も少ないNd-YAGレーザーを採用しています。
 

太田母斑

これは生まれつき、または思春期頃(遅い方では30歳過ぎから)に現れてくる黒~紺、茶褐色のアザで皮膚の内の真皮にメラニン色素が沈着している状態で、Qスイッチの付いているNd-YAGレーザーやルビーレーザー、アレキサンドライトレーザーで治療しますが、波長の関係で一番深部まで効果が及ぶNd-YAGレーザーを使っています。
 

蒙古斑

生まれつきお尻にある青いアザが成人になっても消えないで残っているものです。状態としてはやはり真皮にメラニンが沈着していますのでQスイッチのNd-YAGレーザーで治療します。この蒙古斑がお尻ではなく背中や腕に見られるものを異所性蒙古斑と呼び、同様に治療できます。
 

扁平母斑

生まれつき、または思春期から現れてくる茶色いアザで、状態は表皮にメラニン色素が沈着しているもので、シミやソバカスと同じものです。当然、治療方法も一緒ですが、一番の違いはこのアザは再発の可能性があります。治療前よりも悪化してしまうということはまずありませんが、治療する前から必ず100%治るとは断言できません。いきなり全部を治療するのではなくアザの一部分に試しにレーザーを照射してみて、その結果を確認してから全体的な治療を行う方が安心です。
 

肝斑

これはホルモンの関係で現れるシミで、やはり表皮にメラニン色素が沈着している状態です。出産後などに両頬に対称的に現れるので普通の老人性のシミと区別できます。また、経口避妊薬のピルの長期服用でも現れます。これにはレーザー照射は行わずに、内服薬やメラニン抑制クリーム、ケミカル・ピーリングで治療します。
 

色素性母斑

いわゆる生まれつきの黒っぽいアザです。これもレーザー照射で治療が可能ですが、皮膚のかなり深い部分まであるアザでは完全には取りきれないことがあります。また、アザが10cm以上に及ぶ大きなものでは将来的に悪性化する可能性(皮膚癌)もありますので、レーザー治療以外の切除縫縮、皮膚移植なども選択肢の一つとなります。
 

ホクロ

生まれつきにはなく、3~4才頃から生じて次第に増えてきます。明らかに盛り上がっているものは炭酸ガスレーザーで平らにしてしまいます。ホクロでは根の深いタイプがありますので、そのようなものでは炭酸ガスレーザーとQスイッチレーザーを組み合わせて何回かにわけて治療します。


B ヘモグロビン系疾患

赤アザ

血管腫とも呼ばれており、生まれつき血管が密集している状態です。これは赤い色(ヘモグロビン)に反応するダイレーザーを使用して治療します。しかし、現在では生れた時点でレーザー専門病院を紹介されるなど、成人になるまで未治療という方は少なくなりましたので、一般的な美容外科クリニックではこのダイレーザーは殆ど置いていません。
 

毛細血管拡張症

これも血管が拡張しているために一本一本透けて見えたり、いわゆる「赤ら顔」のように頬が赤く見えてしまう状態です。ダイレーザーやダイオードレーザーを使用します。


C その他

入れ墨

入れ墨は真皮にまで色素が入っていますので、Qスイッチレーザーで治療します。ごく色の薄いものでは1回で目立たなくなることもありますが、平均的には5回程度の治療回数がかかります。また、黒以外の色(黄色、緑、青、紫など)ではもっと治療回数がかかり、完全には消しきれない場合があります。入れ墨の色素によっては金属(水銀など)を含んでいるものがあり、レーザー照射によって逆に変色してしまう可能性もあります。
 

アートメイク

これも入れ墨と同じ状態です。全部を消さないで太過ぎたアートメイクを部分的に細くすることも可能です。
外傷性の入れ墨
交通事故等できわめて細かい砂利の微片などが皮膚内に入り込んだままになった状態です。これもQスイッチレーザーで治療します。
 

ニキビ跡、しわ、ワキガ・多汗症など

レーザーはアザなどの色素性疾患の他にもニキビ跡を平らにしたり、目の周りのしわを取ったり、ワキガ・多汗症を軽減させたり、という用途にも使用されています。

レーザー以外の治療方法も選択できます

レーザーといっても、全ての面で一番優れているかと言うと、そうとばかりは断言できません。治療が終了するまでに期限がある場合や皮膚の深部まであってレーザー単独では完全に取りきれない場合などには次に挙げる方法も選択できます。
 

切除法

病変部の皮膚そのものを切って縫い合わせてしまう方法です。傷は1本の細い線となりますので、目立ちません。大きなものでは2~3回に分けて治療を行うこともあります。
 

皮膚移植

切除法では対処しきれない面積の大きな病変部が適応ですが、皮膚を取ってくる部分と皮膚移植する部分との2カ所に傷ができます。
 

エキスパンダー法

エキスパンダーという水風船の様なものを皮膚の下に埋め込んで、1~2ヶ月かけて徐々にその中に水を注入して正常な皮膚を伸展させておいて(妊娠状態の様に)から一気に病変部を切除縫合してしまいます。
 

アブレージョン(皮膚剥削法)

グラインダーという電動ヤスリでもって病変部の皮膚を削ってしまう方法です。病変部が深い場合はどうしても傷跡となって残ってしまいます。


PRP(自己多血小板血漿)についての情報開示

PRP(自己多血小板血漿)についての情報開示

2008年9月9日

PRP(自己多血小板血漿)注入による、老化皮膚の若返り治療は、世界に先駆け、当院で2005年に開始した治療で、これまで国内はもとより、世界に向けてその治療法を発信してまいりました。
しかしながら、当初の私たちの思惑とは異なり、間違った使用法や報告、さらには非常にコントロールしにくい危険な物質を混合し注射するという方法まで出てきました。これは大変に危惧されるべき状況です。
そこで、当研究会ではこれから随時PRP注入治療を受けられる患者さまのためにPRP注入治療の現状に関する全ての情報を開示してまいります。
 

開示情報(1)

最近、他社のPRPキットを使用した治療で、あたかも作製できるPRPに白血球を特別に添加したかのような記述や報告が見受けられますが、本来PRP作製時には白血球は当然含まれるものであり、後から添加するものではありません。
当然当院で使用しているキットで作製したPRPにも白血球が含まれます。
但し、PRPに白血球が含まれた方が良いのか、否か、また、含まれた方が良い場合の至適濃度などについては現在のところ結論がでていません。
慶應義塾大学医学部 輸血・細胞療法部での実験結果では、白血球を含有しているとする米国某社キットで作製したPRPは血小板の分離が不十分で、報告されているような血小板濃度が得られないことが判明しています(比較結果は以下の表参照)。
また、2本のチューブを用いてPRPを作製する国産キットを使用した場合、当院におけるこれまでの実験では、注入に必要なPRPを作製することができませんでした(フィブリン糊の作製は可能です)。
ちなみにPRPの濃度については、破棄するPPPの量によってどのようにも濃縮することができます。
 

Donor/ Male 1

 

末梢血

リジェンPRPキット

米国某社PRPキット

Volume, ml

8

2.4

2.5

WBC

6200

7970

1880

RBC×104

504

3

1

Platelets×104

29.7

88.8

61.4

PLT Recovery

-

89.7

64.6

 

Donor/ Male 2

 

末梢血

リジェンPRPキット

米国某社PRPキット

Volume, ml

8

2.1

2.3

WBC

5400

7820

1620

RBC×104

504

6

1

Platelets×104

22.2

66.6

30.1

PLT Recovery

-

78.8

38.9

 

Donor/ Female 1

 

末梢血

リジェンPRPキット

米国某社PRPキット

Volume, ml

8

2.4

2.3

WBC

5700

4660

1700

RBC×104

422

4

4

Platelets×104

20.2

61.8

55.5

PLT Recovery

-

91.8

78.9

比較測定より抜粋:
慶應義塾大学医学部 輸血・細胞療法部 半田誠先生より提供(2008年8月28日)


開示情報(2)

上記の内容に加えて、PRPにフィブラスト(科研製薬)と呼ばれるbFGF(線維芽細胞増殖因子)を添加し、注入する方法をとっている施設があるようですが、これは厚生労働省が認めたフィブラストの使用方法を全く逸脱したもので、非常に危険です。
PRP+bFGFを目の下、前額や頬に注入され予期せぬしこりやコブができるという被害が多数報告されています(コブを皮下に作ってシワが伸びたと言っている)。
これは、bFGFによって皮下に異常瘢痕が形成されると考えられます。またPRPとbFGFの反応は結果予測が困難で、制御不能であります。
すなわち、これらの治療法を用いていると皮下に易出血性の肉芽組織が形成され過剰な瘢痕形成が起こる可能性が高いと考えられます。
これは皮膚の細胞自体を活性化し、老化予防を図っているのではありませんのでご注意ください。
 
開示情報(3)

今後も本研究会では、PRP注入の本来の目的である、できるだけ余分なものを添加しない自己のPRPのみで若返りを図っていく方針です。
 
開示情報(4)

PRP注入とボツリヌストキシン注射を併用した場合、ボツリヌストキシンは血小板活性を抑制する作用があるため、PRP治療の効果が低下する可能性があります。
このため、PRP注入治療を受けられる患者様は、同時にボトックス注射をお受けにならないように注意してください。


ボトックス注射とは

名古屋院料金表


ボトックス注射は一般的なしわ治療として多くの美容クリニックで行われています。

ボトックス注射の成分は食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌毒素から抽出したもので、しわが気になる部分にボトックスを注射するというしわ治療薬剤です。
 

ボトックス注射で注入されるボツリヌス菌毒素には筋肉の動きを抑制する効果があり、目じりの笑いしわ・眉間のしわ・額の横しわ等「表情しわ」の原因となる「表情筋の動き・緊張」を抑制することで、しわの改善を図ります。
 

ボトックス注射は全てのしわに有効なわけではなくその効果は、顔の「表情筋の影響」によってできる表情しわに限られます。
 

溝のシワにはヒアルロン酸注射、タルミにはポラリスフォトRFリファームといった光と高周波を組み合わせた治療の方がより有効です。
表情しわ以外のしわを改善するためには、ヒアルロン酸を注入するなどして肌の中から押し上げる必要があります。
美容整形外科におけるボトックス治療相談の際には、ヒアルロン酸注入治療を一緒に勧められる事が多くなっています。
 

ボトックス注射はとは、ボツリヌス菌由来の神経毒素複合体のうちから、A型という血清型毒素だけを精製して取り出した製剤を使った注射で、筋肉(表情筋)を弛緩させ、しわを作れなくする治療です。
ボトックス注入によって、筋肉の収縮時に産生される神経伝達物質アセチルコリンという物質の放出を止め、筋肉の動きを抑制します。
つまりしわを作る動きそのものを止めるため、しわ治療に非常に有効なのです。
ボトックス注射は後4ヶ月以上たつと、新たにアセチルコリンの放出が始まるため、基本的に4ヶ月から6ヶ月に1度、ボトックス注入を続けることが必要となります。
ボトックス注射は一般的に、2度目以降は初回よりも効果が持続します。

 

ボトックスは2002年に、アメリカの食品医薬品局で、しわ治療薬として正式に認可されました。
ボトックスとは1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認された人体に無害なタンパク質の一種です。
しわを目立たなくしたり、新しいしわをできにくくする最先端医学で、アメリカはもとよりヨーロッパでも広く使われている治療薬です。
ボトックス注射は美容外科業界でも手術なしに簡単・安全にしわの無い顔にできるフェイスリフトの1つとして話題を呼んでいます。

 

ボトックスのしくみ

ボトックスの原理はボツリヌス菌という細菌が作る毒素です。
ボトックスに使われるこの細菌は世界中の土壌、海、沼にも広く分布していて、空気のない環境で育つ細菌です。
ボトックスに使われるボツリヌス菌は、空気がないところで繁殖します。
 

まず、始めにボトックスに使われるボツリヌス菌の危ない一面をお話しましょう。

ボトックスに使われるボツリヌス菌は、ボツリヌス食中毒を引き起こします。
ボツリヌスの語源はラテン語のbotulus(腸詰め、ソーセージ)で、食中毒が由来の名前です。
缶詰のほか、消毒が不十分なびん詰、真空パック食品などでも増殖し、強い毒素を作ります。
ボツリヌス食中毒は自家製の海産物などの保存食品や海外からの海産物の真空パックのみやげ品などで発生します。
発症例としては魚のくん製、酢漬け、塩漬け、キャビア、ソフトチーズなどが報告されています。
8~36時間後に吐き気、嘔吐、脱力感、倦怠感、めまいなどに引き続き、ものが二重に見えたり、言葉が出なくなったりなどし、重症例では生命の危険が生じます。
 

どうですか?
これがボトックスに使われるボツリヌス菌の危ない一面です。

しかし、医療行為で用いるボトックスのボツリヌス菌毒素は、ごく少量のものをコントロールされた状況で医師が使用しますから、きわめて安全性が高いものです。
ボトックスに使われる医療用のボツリヌス菌は、アメリカではFDAが認可した製品しか使用が許可されていません。
ですから、ボトックス治療を受け方は安心してもよいのです。
 

日本ではまだ美容医療士によるボトックスのボツリヌス菌毒素の使用は、厚生労働省より正式には認められていません。
現在使用されているのは主に米国のボトックスでも使われてる「A型ボツリヌス菌毒素」で、これは本来、美容用のボトックスではなく、眼科でまぶたを開閉する筋肉(眼輪筋)がぴくぴくしてしまう眼瞼痙攣の治療に使用します。
ボトックスのA型ボツリヌス菌毒素は医師が薬監証明(医師による治療のため個人使用であることを明確にするためのもの)を税関に提供し、自分の患者にのみ使用するものを限定して輸入しているのです。
ボトックスのA型ボツリヌス菌毒素はまもなく日本でも認可される見通しです。
 

ボトックスのボツリヌス菌は、A、B、C-α、C-β、D、E、F、Gと、タイプの異なる8種類に分けられます。
ここではボトックス毒素と呼ぶことにします。
 

ボトックスのボツリヌス菌が作り出す毒素は神経細胞内で作用します。
ボトックス毒素にAからGまで異なるタイプがあるのは、それぞれのタイプがブロックするタンパク質の種類が異なるためです。
まず、A型ボツリヌス菌のボトックス毒素は、神経筋の末端部分で伝達物質を送ることができなくする作用があります。
ボトックス治療では、まず細い針でボトックス毒素を治療部位に注射します。
すると、ボトックス毒素が細胞内のタンパク質に作用して、神経伝達物質のアセチルコリンという物質が外に出ることができなくなります。
アセチルコリンがないと神経から筋肉ヘシグナルが伝わらず、筋肉が収縮できなくなる状態になります。
 

こうした効果が出るのに24~48時間かかり、その後2~3週間で効果のピークがおとずれます。
ボトックス毒素でブロックされた神経末端は一度消滅しますが、4カ月から6カ月経つと、また新しいボトックス毒素でブロックされた神経末端が、筋肉へ向かって違うところから出てきます。
これをボトックス毒素のスプラウトといいます。
 

そのため、ボトックス毒素の効果は4カ月から、長くて6カ月程度で徐々に治療効果が薄れてくるのです。
 

ボトックスに使われる製品には、アメリカでは、A型毒素の「ボトックス」のほか、B型毒素の「マイオブロック」も別の会社から発売されています。
アメリカ以外のボトックスでは、イギリスの「ディスポート」という製品があります。
現在アメリカFDAに認可申請中です。
それ以外の国で作られたボトックス用のボツリヌス菌毒素もあるようですが、FDAの認可を受けたものではありません。
 

中国製は論外ですね。
何が含まれているか定かでないばかりかその精製方法にも大きな問題があるようです。
効果が安定しない、不純物が混じっているためアレルギーやウイルス混入も否定できないのです。
ディスカウントした診療を行っている美容外科、美容皮膚科クリニックの多くが中国製のボトックスを当たり前のごとく使用していることには大きな問題があります。医療の質を落とし、医師のモラルを損なう行為であると考えております。
 

ボトックスの完璧な治療例?

ボトックス治療を施してどこまで美しくなれるでしょうか。
 

アメリカの形成外科医の間では、ニコール・キッドマンのような顔をボトックス治療を完壁に行った場合によく見かける顔として引用する場合があります。
 

ボトックス治療を完壁に行った場合とは、眉毛の外3分の1がきりっと上がります。
眉間のしわがなく、どことなく眉間のスペースが開いています。
からすの足跡もまったくなく、口で笑ってもあまり笑っているようには見えません。
笑っていなくても、口の角はやや上方へ上がります。
 

顔中にボトックス治療をするニコール・キッドマンのような状態に近づくということです。
 

ボトックスをニコール・キッドマンが使用しているか定かではありません。
 

あくまでも噂ですが、そのほかにも海外の雑誌にボトックス治療の前後としてデミ・ムーア、アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピッド、オプラ・ウィンフリーなどの写真が掲載されていました。
 

ボトックスを韓国の大統領やアメリカの大統領が使用していたのも有名な話になっていますね。
セレブや著名人の間でもボトックスは既に一般的な美容術になっている印象を受けます。
 

私のクリニックにも多くのセレブ、芸能人やタレント、アナウンサーがこの治療を受けるために訪れます。
彼女たちの希望は若返りですが、多忙でダウンタイムの治療が受けられない彼女たちにとって最高の施術の一つです。
 

エステや化粧品で絶対に手に入らない確実で満足できる効果をわずか1-2分、数万円の施術で手に入れることができます。
 

最近では男性の経営者や俳優さんもボトックス治療を受けられることが多くなりました。
塗るボトックスと称した化粧品まがいの商品がありますが、全く効果は期待できません。


ボトックスの歴史

ボトックスの開発と普及は歴史としてそれほど古いものではありません。
 

ボトックスはボツリヌス菌から抽出された毒素を使用します。
ボトックスに使われるボツリヌス菌はボツリヌス菌食中毒の原因となり、極めて毒性が強いことが知られています。
ボトックスの開発は元々、第二次世界大戦時初期に細菌兵器として本格的な開発研究が始まりました。
湾岸戦争時代にイラクが兵器として保有していたのをはじめ、テロリストに保有されやすいなどの問題があります。
しかしながら、オウム真理教が実験に失敗したことなど、実際に兵器として使うのは難しいようです。
 

医療用としてボトックス治療の研究が進められ始めるのは1960年代に入ってからです。
ボトックス治療は眼科医が初めてで、1977年に米国で斜視の治療に臨床応用されています。
 

その後、ボトックスは異常な筋運動や筋収縮が原因となる様々な症状に対する治療に用いられるようになりました。
1989年には米国食品医薬品局(FDA)がボトックスを承認しました。
これにより、ボトックスは臨床薬として世界71カ国以上で広く用いられるようになります。
 

日本のボトックス普及の歴史はさらに浅く、1996年に眼瞼痙攣に対してボトックスが使われたのが始めのようです。
2000年になると片側顔面痙攣、2001年には痙性斜頸にボトックスの「効能」が厚生労働省の承認を受けています。
 

現在ではボトックスは眼科医や神経内科医には比較的馴染みのある治療薬となっています。
しかし、ボトックスはその専門科以外の医者や世間一般にはあまり認知されていませんでした。
アメリカではボトックスが顔面のシワ治療、多汗症の治療に対して有効であると言われていました
その後、FDAはボトックスを前述した目の疾患に加えて2002年4月に顔面のシワ治療、2004年7月には多汗症の治療に対しても承認しました。
それ以来、ボトックスに対するメディアの注目も集まり、またボトックスを主に美容目的で使用する場面も多くなってボトックスの広告もされるようになり、広く認知されるようになりました。
ボトックスは現在では美容外科領域での需要が非常に高まっています。
 

しかし、ボトックスは現在でも日本ではシワ・多汗症の治療は保険適応外です。
ボトックス治療を形成外科医や美容外科医は必要な量のボトックスを個人で輸入し、医師の責任の下でボトックス治療を行っているのが現状です。
 

このため製品、保管方法、使用法に熟知した質の高い診療を行っている医師に施術を受けられることをお勧めいたします。


ボトックスについてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。

無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


最新のニキビ(尋常性痙瘡)とニキビ痕の治療

ニキビは性腺の発育が旺盛な思春期にできやすく、性的成熟にともなって性ホルモンが変動し、皮脂腺の分泌が多くなるのがニキビの原因のひとつだといわれています。
今ならフォトRFでのニキビ治療がお得なキャンペーン価格で実施可能です。
詳細は→キャンペーンページ

 

名古屋院料金表


ニキビとホルモン、ニキビ菌の関係
男女ともに男性ホルモンが増えて皮脂腺がたくさん作られ、角化異常が起こったときに毛穴がふさがれてしまいます。こうなると皮脂は外に出られなくなり皮脂が毛嚢内にたまってしまいます。

皮脂が毛嚢内にたまると、ニキビ菌が増殖してさまざまな炎症を起こす物質をつくります。
黄白色の皮脂が汚れると黒点のように見えますが、これを「面庖」といいます。その後、皮膚が赤くなり、大きくなりますが、その赤いブツブツがニキビ「丘疹」となります。これに細菌感染すれば「膿庖」となり、膿庖が治ったあとは、毛穴が広がり、そこがへこんで「療痕」になります。そして黒褐色の色素沈着が残ってしまうことがあります。

ニキビをつぶしたり、髪の毛がふれたりするといった刺激が加わると、ニキビがさらに悪化し、そのためにニキビ痕が残ってしまうことになります。
 

ニキビ治療の世界最先端をいく内科的治療と医学的スキンケア

1. 内服薬(飲み薬)として用いられるもの
〇ビタミンB2、ビタミンB6=皮脂の抑制、ビタミンE=ニキビの原因の1つ活性酸素の抑制 * 抗生物質(テトラサイクリン)=ニキビ菌の殺菌に有効、(新マクロライド)=ニキビ菌の殺菌に有効
〇漢方薬(清上防風湯、十味敗毒湯など)…全身のバランスを整える。抗菌効果
〇フラジール=トリコモナス治療薬ながら効果的。最新ニキビ治療法 ストレスが原因のニキビには、精神安定剤の処方。便秘のひどい場合には便秘薬の処方をします。便秘もニキビの大敵です。
 

2. 外用薬(塗り薬)として用いられるもの
〇抗菌クリーム(アクアチムクリーム)=ニキビ菌の殺菌に有効
〇抗菌ローション(ダラシンローション)=強力なニキビ薗を殺すローション
〇抗炎症クリーム(スタデルムクリーム)=ニキビの赤みを抑えます。
〇イオウカンフルローションH毛穴のつまりを除き、改善します。
〇レチンA=最強のビタミンAで細胞分裂を活性化します。
〇ビタミンC誘導体ローション=ニキビ痕もキレイになります。
 

3. スキンケア
〇バイオプトロン=スイス製の新しい治療器、バイオプトロンの光線を照射することお肌を活性化させます。
〇石けん=脂性肌用の低刺激ソープ、AHA(フルーツ酸)デイリーソープ
〇テクニカルピーリングマスク(T・P・M)=毛穴の角栓を取り除き、お肌をなめらかにする画期的なパックです。自宅で行なうホームピーリングです。
〇ケミカルピーリング"フルーツ酸AHAを使用して、表皮の汚れと角質を化学的にはがし、美しい肌をつくります。
〇肌がツルツルになり、ニキビができにくくなります。ニキビ痕も改善します。
 

4. 日常生活の指導とカウンセリング=髪型、食生活、ストレスの防止、お肌の刺激防止などについて、患者さんと相談して個人的ニキビ治療プランを作成します。
 

ニキビ治療の健康保険適用について
ニキビの治療には、健康保険が適用になる場合があります。ニキビ治療の保険適用については、ニキビ・ニキビ痕のページをご覧ください。ニキビについてさらに詳しい情報を得ることが出来ます。

ケミカルピーリングなら確実にニキビが消える
薬を塗ったり、飲んだりしても効果がないニキビ治療には、ケミカルピーリングは絶大な威力を発揮し、目に見えて確実に消してくれます。すでに触れたように、ケミカルピーリングは、レーザーとおなじように二十世紀最大の発見ですが、レーザーはニキビやニキビ痕治療にさほど適していません。

ニキビは皮膚分泌が過剰になるため、角質が肥厚して皮脂が通れなくなって生じます。したがって、角質の一部を取り除くことによって、角質肥厚が改善され、ニキビが目立たなくなります。ケミカルピーリングの治療によって、フルーツ酸が角栓を溶かして表面を取り去るため、たった一-二回で効果が期待できます。フルーツ酸でニキビ薗も殺します。赤い炎症を抑える効果もあります。

   ニキビやニキビ痕についてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。


メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング

メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


肝斑は日光にあたった皮膚にできる茶褐色の色素沈着斑で、主に顔にできます。

肝斑はだれにでも発症する可能性がありますが、妊婦(妊娠黒皮症)や経口避妊薬を使用している人にできやすい傾向があります。この病気は日照時間の長い土地に住む人や、ラテン系、アジア系人種によくみられます。女性特有と言われるシミです。

肝斑では、顔の左右対称の位置に不規則な形をした濃い色の斑領域ができます。この色素沈着は主に顔の中央部、ほほ、額、上唇、鼻に最も多くみられます。顔の片側だけに色素沈着斑ができる例もあります。まれですが、上腕部にこの肝斑が生じることもあります。

肝斑はかゆくも痛くもなく、見た目が気になるだけです。

肝斑は、妊婦の場合は出産後に、経口避妊薬使用者は服用中止後には徐々に消えるのが普通です。肝斑ができている場合、症状がさらに悪化するのを防ぐために肝斑の部分には日焼け止めを塗り、日光にあたらないようにします。ヒドロキノンやレチノイン酸を含む皮膚脱色用のクリームを使うと、肝斑の色を薄くする効果があります。
 

ハイドロキノンやレチノイン酸治療では赤みが出たり痛みを伴う場合もあるため現在では、
 

1:ビタミンC誘導体ローション

2:低濃度のハイドロキノン 

3:ビタミンC、トラネキサム酸の内服薬 

4:LED治療 

5:ケミカルピーリング 

6:プラセンタ、α リポ酸注射
 

が有効でこれらの治療を組みあわせた治療が有効です。

レーザー照射は原則として禁忌です。

私の経験ではポラリス(ダイオードレーザー、高周波照射システム)で肝斑が改善する患者様が数多くみられました。

しかし、その機序は不明です。

肝斑のシミは再発しやすくメインテナンス治療が必ず必要になります。

紫外線防止、ストレスの除去、ピル服用の停止など日常生活にも気を配ったほうが良いでしょう。

専門医へ総合的な治療や管理を御相談ください。

当院ではロボスキンアナライザーという皮膚解析システムを診断に使用し、隠れ肝斑を見つけ出し予防的なアドバイスも行っております。
 

肝斑についてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング

メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


ピラティスの確実な効果

ピラティスの効果

正しい呼吸をする事によって、細胞が活性化し自然治癒力も高めます。ピラティスは、もともと骨や筋肉を正しく使う為の、リハビリ用のトレーニングなので始めると腰や肩周りの筋肉が安定して、首や肩の凝りをほぐし、腰痛や膝痛、節々の痛みも改善してくれます。関節がしなやかになり、身体をダメージから守ります。

さらに身体が軽くなり、動きやすくなります。

また、内臓まわりの硬くなった筋肉をマッサージして、腸が活発になり便秘が治り、リンパの流れや血行が良くなり、冷え性やむくみも解消します。
 

各界に取り入れられるピラティス

最近ではプロ野球選手やオリンピック日本代表選手・レーサーなど多くのトップアスリートもピラティスに注目し、トレーニングメニューに大きな筋肉を鍛えるジムワーク以外にこのピラティスを取り入れ、「インナー・マッスル」強化を行っています。
 

ピラティスにより得られる確実な効果

脂肪を効果的に燃焼させることができる 
身体の歪みを改善することで正しい姿勢になる 
柔軟性がアップし、質の良い筋肉がつく 
体力、免疫力の向上により体内が活性化 
新陳代謝の促進、消化機能、性機能、精神機能を改善することができる 
体内への効果的な酸素供給、リンパの流れが良くなる 
効率的な、質の良い呼吸をすることでストレスを低減させることができる 
腰痛、肩こり、膝痛、冷え性、便秘、不妊の解消
 

基礎代謝を上げる事による効果

「基礎代謝」とは、寝ている状態でも消費されるエネルギーです。 基礎代謝が高いと太りにくい体質といえます。基礎代謝のピークは18才頃。年齢を重ねると基礎代謝は下がります。基礎代謝を上げるには、エネルギー消費の多い筋肉を鍛えることが大切です。
 

ピラティスで体の芯(コア)の筋肉鍛え、酸素が豊富に供給される体となり、 エネルギーを燃やす力が高く、基礎代謝の高い体となります。


ピラティスについて

ピラティスとは

ピラティスとは1920年代にドイツ人のジョセフ・ピラティスがリハビリの一環として考案した身体運動法です。第一次大戦時には負傷兵のリハビリ用トレーニングとして活用されていましたが、その後欧米のスターたちが取り入れていることで話題となり、国内でも流行に敏感な若い女性を中心に注目を集めています。その他にもニューヨークのダンサー・舞台俳優・スポーツ選手などから絶大な支持を得ています。

このピラティスは多数の流派に分かれており、その種類は600種類以上にもなります。体の原動力となる腹部の深層筋や臀部の筋肉、脊柱のまわりなどの深い筋肉を鍛えることで正しい姿勢を手に入れることができます。
 

ピラティスの特徴

ピラティスの動きは非常にゆっくりとしており、常に呼吸を意識することが要求されます。
座っている状態やマットの上で寝ながら、ゆっくりと体を動かしていくので一連の動作を習得することができれば家でも簡単に行えるというのも魅力の一つでしょう。

流れるような無理のない動きの中でインナーマッスルを鍛えることができ、柔軟性のある、強く美しい体に引き締めることが可能です。ピラティスの動きはリラクゼーション、呼吸と動きの連動性、集中、流れるような動き、アライメント、調整、インナーマッスル、持久力を基礎としており、元々リハビリトレーニングであるため故障しにくい体を作り上げることができます。

雑誌やテレビなどではピラティスの美容効果が大々的に取り上げられていますが、インナーマッスルを鍛えることで身体の柱である背骨を安定させるという大きなメリットがあります。
 

ピラティスで身体の核から美しくなる

我々の体には自分の意志で動かせる随意筋と動かせない不随意筋(自律神経系の支配下でその活動が調節されている筋肉)、二つの筋肉が備わっています。不随意筋は日常意識することがほとんどなく、随意筋に比べると鍛えるのは難しいですが、体の核となる筋肉が均整の取れた身体作りにとって重要なのです。


スポーツジムの現状

スポーツジムの需要

現代を生きる社会人が抱える問題に運動不足が挙げられます。特にパソコンなどを多く使う事務職の方は日常ほとんど身体を動かす機会がありません。健康を維持するためには適度な運動は必須ですが、忙しい仕事の合間を縫ってスポーツをするのは簡単なことではありません。4、50年前までは意識して運動しなくても仕事の中に運動が組み込まれていたものです。

しかし現在は車社会になり、交通が整備されて便利になった反面、歩いたり走ったりすることが極端に少なくなりました。さらに仕事も機械化が進んでおり、一年中空調のきいた部屋でパソコンに向かっている仕事も珍しくありません。

その反面食生活が欧米化していく中で動物性脂肪の摂取量が飛躍的に増えています。余ったカロリーは脂肪として体内に蓄えられ、過食は様々な成人病の原因となってしまいます。

こういった事情からスポーツジムへの関心は高まっていますが、残念ながら通う時間がなくなったり、家から遠い、混んでいる、飽きてしまったなどの理由でスポーツジムを退会するという方も少なくありません。
 

スポーツジムの改善

スポーツジムを利用したことがある人は約一割近くいると言われていますが、以前利用したことがある、という人は四割にも及びます。このようにスポーツジムに通うことはなかなか難しいことだといわざるを得ません。ではどのようにして改善していくのが正しいでしょうか。
 

専門のインストラクターを用意する

スポーツジムの多くは プライベート指導者やアルバイト、パートのインストラクターを採用しています。健康を意識してスポーツジムを利用する以上、専門のインストラクターによる指導は欠かせないものでしょう。
 

スポーツジムの設備を整える

ジムの設備は大型のトレーニング機器にばかり注目してしまいますが、セラピールームや最新身体能力計測システムが必要だと考えられます。自分の身体の状態を把握しながら、必要な運動がどういったものなのか、どのような効果を求めているか、を明確にしなくてはなりません。
 

運動に必要なスペースを確保する

「スポーツクラブは混んでいて、隣の人と手が当たりそうになる」というご意見をよく聞きます。30から40坪のプライベートスペースに適度な人数というのが理想的な環境です。ビルを一棟すべてスポーツクラブとして利用してしまうとプライバシーの保持が困難になってしまいます。
 

ソフトウェアを強化する

多人数での画一化した一般的なトレーニングメニューをこなしてもなかなか健康な身体に近づくことはできません。モチベーションを維持するのも難しいでしょう。専門医と提携した最先端のトレーニングプログラムと各個人に合わせたプライベートレッスンが理想的です。

このようにスポーツジムを利用する際には、価格や家からの距離だけではなく、その内容についてもよく吟味したほうが良いでしょう。


デトックスの具体的な仕組み

実際に毒素を排出する方法としては、アミノ酸の一種である「グルタチオン」や「セレン」・「亜鉛」といったミネラル類、ポリフェノールの一種「ケルセチン」などの摂取が有効とされています。 さらに代謝系のサプリメントで有名なアルファリポ酸にも前述のグルタチオン生成を助ける働きがあるそうです。

そしてもうひとつ有効な方法として、「汗」によって対外へ排出する方法があります。
運動などで流す汗でも排出はされますが、特に排出が多いのが赤外線サウナやゲルマニウム温浴によって出る汗です。
 

若返りのポイントはデトックス(「体内の有害物質を排出する」)

デトックスとは、英語で「解毒」という意味であり、体内の有害毒素を排出することで体内浄化を行い健康増進を行うという考え方です。 これまでの健康法では、身体の不調が何かの栄養素が足りないという考えに基づくもの中心でしたが、身体に有害なものがどうしてもたまってしまう現代では、有害毒素(有害金属)を体外に排出することも健康維持増進にとって不可欠なものとなってきています。
 

現代人に不足なミネラルと蓄積が進む有害金属

ミネラルとはサプリメントとして有名なカルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等の体内には不可欠な微量元素の総称をミネラルと呼びます。ミネラルは、食物の消化・吸収、活性酸素の除去、遺伝子の傷の修復、薬物の解毒、ホルモンや神経の働きの調整など生命維持のために様々な場で必要な酵素の活発化を助けたり、骨、歯、血液の原材料にもなります。

これら身体に必要な必須ミネラルの働きを阻害するのが有害金属(有害ミネラルとも言う)です。
 

体内に蓄積される有害金属

環境汚染が進む現代では、水道水、排気ガス、酸性雨、魚介類・野菜(土壌)などの食品など様々なところから体内に有害金属の蓄積が進んでいます。有害金属の代表として、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛、ベリリウムなどが挙げられますが、有害金属の蓄積によって、様々な病気・老化現象、体調不良を引き起こすと考えられています。

水銀などの有害金属のいくつかは、年を取るごとに蓄積される傾向があります。加齢にしたがって、有害金属による影響が強くなってくることが想定されます。

有害金属排泄のために有害金属を排泄する栄養素があります。例えば、水銀であればセレニウムや亜鉛などが挙げられます。体内にどの有害金属が蓄積しているのかがわかれば、それらを排泄する栄養補給によってデトックスを行うことが可能です。
 

ご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。


メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


デトックスとは

デトックスとは英語で「解毒」という意味を持ち、身体の中の毒素を排出して体内の浄化をはかるものです。食事に含まれる毒素や車の排気ガス、たばこの煙を吸い込むことで私たちは多くの有害物質(鉛・水銀・カドミウムなど重金属類やヒ素など)を体内に取り込んでいます。

厚生労働省から妊婦に対して回遊魚を週に三回以上食べることを控えるように注意喚起がされていますが、こういった回遊魚の中に水銀などの有害金属が多く含まれています。 この有害物質の量が内臓の処理能力を超えてしまった分は、少しずつ身体に蓄積され、ニキビ、肌荒れ、むくみ、便秘などの原因になってしまいます。
 

デトックスで代謝機能を高める

身体の中の余分な老廃物を尿や汗で排出して代謝機能を高めることが基礎となります。代謝機能を高めることで体内の有害金属のほとんどが便尿中に排出されます。食物繊維や水分を十分に摂取し、有害金属などの毒素を排出しやすい環境を体内に作ることが重要です。

さらに毒素を排出する方法として、皮脂腺からの汗は非常に効果的とされています。

身体の中から美しくなるために、デトックスが美容と健康に敏感な女性たちの間で注目を集めており、体内の有害物質の蓄積度合いも検査でチェックすることができます。
 

生活の中で蓄積される毒素

工場から排出される有害化学物質
自動車の排気ガス
食品添加物
薬品に含まれる有害化学物質
野菜などの作物中の残留農薬
水銀、鉛、ヒ素などの有害金属
 

デトックスの進め方

まず、有害金属蓄積を検査することから始めます。
毛髪に体内の有害金属が反映されることを利用して、体内の有害な有害金属の蓄積状況をチェックすることができます。体内に蓄積されている有害金属がわかれば、それらを排出する栄養素を補給することによって効果的にデ トックスを進めることができます。

有害金属として水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、アルミニウムなど、必須となる栄養素としてナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどの20種類が検査されます。
 

デトックスダイエット

デトックスはダイエットにも大変有効だと考えられます。デトックスの対象となる有害金属は体脂肪に蓄積されやすいため、脂肪の燃焼を阻害してしまいます。これらの体脂肪中の有害金属を身体の外に排出することで、代謝機能の高い、痩せやすい体質を作ることができます 。

代謝機能を高めることで脂肪の燃焼効率も上がりますので、デトックスダイエットは美容と健康の両面に大きなメリットがあります。
 

デトックスについてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。


メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


医師の処方によるバイアグラ

バイアグラは、個人輸入代行が一般と思われるほど、輸入バイアグラが販売されています。しかし輸入バイアグラには、バイアグラの名を語る偽バイアグラも多数存在します。価格も国内の医師処方によるバイアグラとほとんど変わりません。安心出来るバイアグラは、きちんと国内の医師の処方によるバイアグラを選ぶべきです。

名古屋院料金表


EDとは

EDとはErectile Dysfunctionの略称で、テレビCMや雑誌などで大々的に取り上げられ たため、ご存知の方も多いかと思います。EDとこのED(勃起不全)は性交渉を行う際に十分な勃起が得られない症状を言い、多くの男性に起こりうる病気です。

現在でも40歳以上の男性の半分以上がEDになっていると考えられており、その数は1000万人以上にものぼると言われています。中高年になると患者数は増えますが、EDは年齢とは直接の関係がなく、20代の男性でも発症する例が確認されています。

このEDは男性としての自信に関わる病気です。
さらに、EDが原因でパートナーとの関係がうまくいかないことも考えられます。治療にはパートナーの協力と理解が必要不可欠となりますので、自分の症状についてしっかりと把握しておかなければなりません。
 

EDの原因

EDの原因として高齢、前立腺の肥大、性的不能への不安感が挙げられます。また、糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒が原因となっているケースも見られます。ED治療の第一歩は 様々な要因の中から患者にあった原因を見つけることであり、こういった原因になるものを解消していくことが重要です。

特に心理的な原因からEDが引き起こされている場合は ストレスに感じるものを除去したり、生活環境を整備しながら専門医のカウンセリングを受けることが必要となります。
 

EDの治療法

陰茎注射剤療法
陰茎海綿体に直接注射して、陰茎の血管を弛緩させたり、陰茎への血液の流入量を増加させることによって、勃起させる療法です。

真空式装置
真空式の勃起補助具を用いて陰茎に血液を流入させる方法で、陰茎根部に絞扼バンドを装着させて勃起を維持させる療法です。
 

バイアグラ
EDの治療薬として日本の労働厚生省にも認可されているバイアグラに注目が集まっています。EDに悩む人々が気軽に治療を受けることが可能となり、それに伴って勃起不全、 勃起障害への関心も高まってきました。
 

EDついて、ご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

 


性病に関して最新の治療を行なっています。

STD性病検査・治療や保険診療は、さかえクリニック名古屋のみとなります。さかえクリニック赤坂では行っておりませんのでご了承下さい。

名古屋院料金表


性病の予防

性病は、主にセックスによる接触で感染します。
そのため性病を予防するためには正しい知識を身につけなくてはなりません。国内では90年代前半にエイズの報道が大々的になされ、避妊具の使用率が上がり、それにつられて他の性病の感染者数が減りました。

しかし近年では抗エイズ薬の開発やメディ アへの露出が減ったせいでエイズや他の性病に対する関心が薄まり、避妊具の使用率が下がるとともに、性病全般の感染者数が増加しています。 全ての避妊具が性病予防に効果があるわけではありませんが、コンドームなどを正しく使うことによって、性病感染のリスクをかなり少なくすることができます。

以下は主要な避妊方法の解説です。
 

男性着用型コンドーム

スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなど、手軽に購入できますし、体を傷つけないという点でも効果が高いですね。コンドームに使用される素材として一番多いのはラテックスというゴム素材です。

このラテックス製のコンドームは1934年(昭和9年)に 初めて製造されたそうです。ラテックスアレルギーの人向けのポリウレタン製のものも良く見られるようになりました。
 

女性用コンドーム

膣内に装着して使用するタイプのコンドームで避妊・性病予防の効果も高い。
外陰部と腟内の双方を覆うことで、精子の侵入を防ぎ、性病に感染するリスクも減少させることができます。 女性側の意志で避妊・性病予防することができ、欧米ではピルと兼用する女性も多いようです。
 

バースコントロール・ピル

バースコントロールとは出産の仕組みや避妊の方法を正しく理解し、子どもの数や出産の時期を自分の判断で決定することを言います。

バースコントロール・ピルは妊娠すると排卵がおこらないという原理に基づいて体のホルモンバランスを妊娠している状態に近づけて排卵を抑制します。正しく使用すれば避妊効果は高いですが、性病予防としての効果は望めません。
 

IUD

リングとも呼ばれる樹脂製の小さな器具です。 子宮内に装着することで受精卵の着床を防ぐことができ、産婦人科医が子宮のサイズにあわせて選びます。性病予防の効果はありませんが、避妊の成功率は高く、一度の装着で二年ほど持つことから、しばらく妊娠したくない方に支持を得ています。

日本ではほとんど用いられていませんが、アジア諸国では約三割の方が使用されています。
 

モーニングアフターピル

主に避妊せずにセックスした後に、妊娠を防ぐための緊急措置として使用される緊急避妊薬です。性交渉後72時間以内に、妊娠が認められない場合に用いますが、性犯罪の被害者に施されることもあります。

処方箋なしで購入できる薬局もありますが、頭痛や吐き気などの副作用を伴うことがありますので、使用前には医師に相談するべきです。

 

性病について、ご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


性病に関して最新の治療を行なっています。

STD性病検査・治療や保険診療は、さかえクリニック名古屋のみとなります。さかえクリニック赤坂では行っておりませんのでご了承下さい。

名古屋院料金表


現代の性病

性行為などにより若年齢層化の進む性病。恥ずかしさや後ろめたさで治療が遅くなることで大事に至ることも考えられます。また、性病によっては症状がわかりづらいものもあり、相談や医師による診断を受けることをお勧めします。
 

淋病 Neisseria gonorrhoeae

(淋菌)を病原菌とする性感染症で尿道からでた膿のなかの白血球内にみられます。感染は患者粘膜からの浸出物により起こり、感染は殆どが性交により起こります。肛門、直腸にはアナルセックスにより、口腔、咽頭にはオーラルセックスにより感染しますが、菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で感染することは殆ど無いと言われています。しかし、ソープのみならずヘルスへ行っても感染する可能性もあります。

症状としては、感染(性行為)後、7日以内に尿道から黄色のウミがでて、女性は黄色のおりものがでます。おしっこをするときに痛みを伴ったり、尿の出口が赤くなったりします。女性の場合は、初期症状は、感染後数日で尿道炎または子宮頚管炎を起こすが、男性より症状は軽いので気付かないことも多いのが現状です。膀胱炎を起こしてしまうと、頻尿、排尿痛、残尿感などの症状が出てきます。更に病気が進行すると、子宮内膜炎、卵管炎、子宮周囲炎、骨盤腹膜炎を起こし、腹痛、発熱も伴う事が多く、不妊症の原因と為る事も有り、子宮外妊娠の原因となることもあります。

産婦が感染していると、こどもに結膜炎(淋菌性)をおこします。男性では将来、尿道狭窄の原因となります。 殆どの抗生剤が有効ですが、耐性を持った菌の場合は感受性の検査を要する事も有ります。適切な抗生剤を使用した場合には、数日で感染性は無くなり、治癒しますが、治療せずに放置した場合には、2~3ヶ月で症状は無くなっても他人に感染させることがあります。ただし、セックスパートナーも完全に治さないとまた感染することになってしまいます。

 

梅毒

昔は性病の感染率としては高い方だった梅毒ですが、最近では抗生物質の投与により、発病率は低下しています。性行為の際にできる皮膚や粘膜の小さな傷から感染します。又、輸血から感染することもあります。母親が感染していると、胎盤 を通じて胎児にも感染します。(既婚の妊婦の中で約0.2%が梅毒検査で陽性になっています)梅毒は感染しても、ほとんど自覚症状が現れないと言われています。そのため、気がつかずに進行すると、全身の皮膚 に梅毒独特の皮疹が出来たり、中には脳や神経が侵されることもあるので、気をつけましょう。

潜伏期間は10日~90日間と言われています。普通は3週間前後で症状が出ます。症状は、第1期~第4期に 分類されます。

第1期:
感染から3ヶ月くらいまでの症状を第1期といいます。感染した人と接触した部分(性器、直腸、口など)に、 1CMほどの赤みのあるしこりや、腫れ物ができます。そのあとに、太ももの付け根が腫れてきますが、痛みが ほとんどないため、その症状に気がつかないこともあります。そのまま放っておくと、症状は、自然になく なります。

第2期:
リンパ節内で増殖した病原体が、全身に広がる時期を第2期といいます。感染後3ヶ月くらいから、全身の 倦怠感や微熱などの不快感、ばらの花びら状の赤い発疹、外陰部や肛門周辺にイボ状の丘疹など、いろいろな 症状が現れます。この症状が、現れたり、消えたりを、約3年間ほど繰り返すといわれています。出来ては 消えるので、治ったと錯覚してしまう人や、たいした病気ではないと思う人も多く、治療のチャンスを逃す こともあるようです。

第3期:
感染後、2年~3年を経過すると、筋肉、骨、内臓などに梅毒によるゴム腫と呼ばれる結節ができ、次第に 大きくなります。この時期を第3期といいます。このとき、鼻骨が侵され、鼻が陥没することもあります。

第4期:
感染後、10年以上経過したものを第4期といいます。この時期には、症状もかなりすすみ、心臓、血管、 脳や神経まで梅毒に侵されています。症状は、大動脈瘤、痴呆、進行性マヒなどとなって現れます。 中には大動脈瘤が破裂して死亡することもあります。
 

クラミジア

日本でも感染者が多い性病のひとつがこの「クラミジア」です。クラミジアの潜伏期は1~2週間で、女性では感染しても症状が出ないか、おりものが少し増える程度で、はっきりとした自覚症状がないまま進行することが多いのが特徴です。子宮頸管炎や卵管炎を起こすこともありますが、子宮頚管炎を起こしても、2/3以上が無症状であり、検査しなければ感染していることにも気がつかず、治療も不完全なまま放置され、新しい感染源となります。また卵管炎、骨盤内感染を起こした場合、流産や不妊症の原因になるともいわれています。

男性では尿道炎を起こします。症状は比較的軽く、水様~粘液性の分泌物と、尿道の痛み・かゆみや、会陰部の不快感が出現します。進行すると前立腺炎や副睾丸炎を起こします。

性行為などで感染するため、早めの治療が必要です。また、女性に感染した場合は、不妊症の原因にもなるといわれています。男性では50%、女性では70%は症状が出ないといわれています。

クラミジアは、パートナーも感染している可能性が高いので、治療するのであれば両者を治療した方が良いでしょう。
 

コンジローム

10代・20代の若年齢層に流行しているコンジロームは、ブツブツしたものが出てくる症状が特徴的です。痛みや痒みがないためほっておく患者も多いようですが、早めの治療が大切です。ブツブツはもともとある人も多いため、識別が困難ですが、突然できた場合や少しでも気になったら医師への相談をお勧めします。ウィルスの感染によるため放置すると広がる可能性があります。

男性の場合、好発部位は亀頭、冠状溝、包皮で、肛門周囲や直腸内に発生することもあります。まれに、ウイルスが尿道口から逆行して感染し、尿道、膀胱内に病変が認められることもあります。潜伏期間は3週間から8ヶ月間で、症状はいぼ状の病変が現れるだけですが、かゆみや性交時の痛み、出血が認められることもあります。 病変は、直径1-4mm、高さ2-15mmで乳頭状、あるいは鶏冠状で紅色、赤褐色を示します。接触により出血しやすく、二次感染を起こすと皮膚が壊死を起こし、悪臭を放つことがあります。

女性の場合、発症部位は大小陰唇、膣前庭、会陰部を中心に、膣、子宮頚部、肛門周囲などです。また女性の場合、外陰に病変がなくても、子宮頚部や膣に病変が存在することがあります。潜伏期間は3週間から8ヶ月間で、病変部は鶏冠状、花菜状、丘疹状など、また色も灰白色から褐色と様々です。多くは多発で、不規則に密集します。
 

カンジタ

カンジダ膣炎は、カビの増殖により起こる性病のひとつです。もともと女性に良くある性病で、誰もが持っているカンジダ・アルビカンス(真菌・カビ)が膣内に繁殖して起こる病気です。 普通は腸内に寄生しているため便に混ざっており、そこから菌が付着することが多いものです。 通常でも1割ぐらいの人は膣内にカンジダ菌がいると言われています。 健康な時には菌か付着しても普通は発症はしませんが、疲労や妊娠などで、体の抵抗力が落ち ている人、糖尿病や抗生物質を長期間服用した人などがかかりやすくなります。また、季節の 変わり目など、体に変調が起きやすい時にも発病しやすい病気です。性行為などによって男性の感染者も見られます。体調の悪いときや抗生物質の投与中など、体の抵抗力が低下しているときに発症しやすく、外陰部痒みを伴います。
 

毛ジラミ症

ヒトシラミ科に属し、体長1-2ミリで、3本足を持ち、カニに似ており、色調は灰白色、灰白黄色ないし褐色で、成虫は肉眼で確認できます。成虫の平均寿命は22~28日です。アポクリン汗腺を好み、陰毛部で生活します。毛じらみは1日数回吸血し、1日に2~3個の卵を産みます。虫卵は陰毛に産み付け白い点状の粒として観察されます。

成虫は、24時間血を吸えなければ死んでしまいます。ただし卵は10日間生き続けます。 毛の生え際に寄生する毛じらみが、吸血することによって激しいかゆみが生じます。それにより下着に血の点が付着します。

おもにセックスにより直接接触して感染。陰毛同士の接触でうつるためコンドームでは防げないのです。 毛ジラミの棲息可能な温度は、想像以上に高く、温水プールやサウナ、浴場なども感染ルートとなる可能性があるので要注意です。また衣類や寝具の共用によっても感染する可能性もあるといわれています。
 

エイズ

エイズとは、後天性免疫不全症候群を略した言葉です。 HIV(エイズウィルス)に感染すると、からだの中の免疫力が壊されてしまうので、普段なら何ともないカビや細菌やウィルスといった弱い病原体で病気になってしまいます。

また、HIV自体によって脳炎のような症状がおきることもあります。免疫の力が弱くなったために、弱い病原体に新たに感染したり、多くの人が子どもの頃に知らないうちに感染している弱い病原体による症状を抑えきれずに病気になってしまいます。 HIVは感染している人の血液・精液・膣分泌液に多く含まれており、このほかに母乳にも含まれています。血液による感染は輸血や注射器の共有で、精液や膣分泌液による感染はセックスで感染します。

HIVは尿や唾液などにも含まれていますが、微量なので感染することはありません。このように、HIVの感染経路は限られていますので、どんなことで感染するのかを理解して注意すれば、日常生活でほかの人に感染させることはありません。
 

ヘルペス

性器や口唇に湿疹や細かい水疱が出るのが特徴。性病としての性器ヘルペスだけでなく、体中のさまざまな場所に症状が現れることがあります。ヘルペスに感染すると、陰茎がただれ、痒みも強く、症状が明確なため早期発見、早期治療が可能です。 性器ヘルペスウイルス感染症は単純ヘルペスウイルスを病原体とする性感染症です。

女性の場合には性器クラミジア感染症に次いで第二位、男性の場合には性器クラミジア感染症、淋菌感染症に次いで第三位であり、性感染症として重要な疾患である。女性の場合には外陰部、膣を中心として潰瘍や疱疹を形成する疾患であり、初感染の場合には激しい疼痛を伴う事が多い。妊婦が感染した場合には児への産道感染(垂直感染)の予防が重要となります。
 

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


スポーツ選手を支える最新医療

「心技体」の三拍子がそろってはじめて好成績が得られるスポーツの世界。中でも「心技体」の三文字の最初に来る「心」という文字。この「心」のチカラが成績を大きく左右します。みなさんもスポーツを観戦していてよく感じられることだと思います。

いわゆるメンタルです。

メンタルには、「恐怖」や「あせり」といったストレスやプレッシャーがあります。 一昔前は、スポーツ選手のメンタル面の強化は医療の領域外と考えられてきましたが、いまではメンタル面の強化にも医療がスポーツプレーヤーを支えるケースが増えています。そのひとつに「自律神経」の働きをチェックし、調整するプログラムがあります。自律神経には生命を維持・コントロールする大切な働きがあり、免疫、ホルモン、消化器、心臓、呼吸器などに大きな影響力をもっています。その自律神経がどのような状態にあるかを「心拍変動解析システム」を使って検査します。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、その両方が高いレベルにあることがスポーツ選手にとって大切です。そこで自律神経の良好な状態をキープし、さらに良い方向へ持っていくために、いくつかのサポートプログラムを行います。
 

呼吸法を用いた自律神経機能向上システム

アテネオリンピックのハンマー投げで金メダルを獲得した室伏広治選手も受けていたといわれているのが、この「呼吸法」の指導です。この指導を受けるために室伏選手は米国まで毎月通っていたそうです。 「呼吸法」の基本はゆっくり鼻から吸って、口から吐くというもので、これを繰り返すことで、自律神経機能を調整することができます。

もちろんスポーツ選手に限らず、こうした呼吸法を行うことで、わたしたちのような普通の生活を送っている人でもストレスを軽減させることができます。

ところで、ゆっくり吸って吐くまでの一回の呼吸に要する適正時間が人によって違うということをご存知でしょうか。その適正時間を把握するのにも心拍変動解析のシステムが活用されています。測定によって割り出された適正時間、つまり自分のリズムで呼吸ができるよう、スポーツ選手は指導を受けているわけです。トップレベルの選手は筋力のパワーアップだけでは世界と戦えません。筋肉や身体の機能をコントロールする自律神経機能を向上させることが、1㎝・1秒の差になるからです。
 

健康とストレス

一方、スポーツ選手だけでなく、死と隣り合わせにあるような大きなストレスに耐えなければいけない宇宙飛行士や戦闘機のパイロットも、こうした呼吸法のトレーニングを受けています。 呼吸と鼓動は生命リズムを司る中心的なもので、このリズムが狂ってくれば心身にも変調をきたすことになります。

ヒヤッとしたとき、カッとなったとき心拍数や血圧が上がったり、発汗したりしますが、そうした状態から抜け出すのにも呼吸法は活用できます。ストレスの多い現代社会では、ストレスを避けることよりも、ストレスを早く・うまく処理することが健康維持につながります。
 

スポーツの世界とアンチエイジング

以前、故本田宗一郎氏がカーレース参戦の理由のひとつとして掲げていたことがあります。レースで培った技術が普通車の性能向上に役立つといった内容の話です。とくに、省エネ型エンジンの開発に、燃料をものすごく消費するレースカーの技術が活かされているといった、逆説的な内容だったと記憶しています。

ちなみにモンスターマシンであるF1カーはリッター当りの走行距離が1.2~1.4kmといわれていますが、このようにパワーを最大限発揮するための技術が、いかにエネルギー消費を最小限に抑えるかに通じるといった、実に興味深いお話です。 レースカーのメカニカルなことについて、私はそれほど詳しいわけではありませんが、このような考え方は、最先端医療がスポーツ選手をサポートする理由にも近い考えだと思っています。

F1カーに相当するトップアスリートを医療がサポートすることで、普通車に相当する一般の生活者の健康維持・増進、つまりアンチエイジング(抗老化)にも応用でき役立てることができるからです。

アンチエイジングには、自律神経機能の向上をはかることで、心身の健康を維持するプログラムがあります。このサポートは、とくにスポーツ選手の場合には顕著な結果が現れます。数字や成績としてはっきり残り、わかりやすいからです。今までも陸上選手に対するこうしたサポートは行ってきましたが、今年からはじめたフォーミュラー日本レーシングドライバーの松田次生選手のサポートでは顕著な成果をあげることができました。

はじめてクリニックを訪れた松田選手は、不眠と口内炎、胃腸の不調を訴えていました。これは、自律神経のひとつである副交感神経機能が低下していることが疑われる症状です。そこで、「ハートリズムスキャナー」という心拍変動解析システムを使用して計測してみました。

ちなみに、このシステムはNASAでも宇宙飛行士のトレーニングやセレクションに使用されているシステムです。計測してみると、やはり交感神経に比べ、副交感神経機能が著しく低下していることが確認できました。 一般的に副交感神経機能が低下すると免疫機能も低下します。

そのため風邪にかかりやすくなり、ヘルペスなども悪化します。オーバーワークすれば、すぐにダウンしてしまう状態です。こうした副交感神経機能が低下した状態を改善するためには、「アロマセラピー」や「エアナジー」といったシステムを使って治療を行います。

先回ご紹介した「呼吸法」もそのひとつです。 松田選手の場合、効果はすぐに現れ、治療後の検査結果も副交感神経機能の向上が顕著に認められました。口内炎、不眠も改善され、精神的にも安定した状態でレースに臨むことができるようになったのです。

それから2ヶ月後の9月に開催された全日本GT選手権第5戦では、松田選手とA・ロッテラー選手のチームが見事優勝を飾るという最高の結果を出してくれました。最もうれしかった思い出のひとつになっています。
 

エアナジーなどについてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


ワキガ・多汗症を安全に治療・電気凝固法

最も新しいワキガ・多汗症の治療法・電気凝固法

ワキガ治療の中で最も新しい方法で、メスを使用したり縫合をするといった手術は一切行わないので傷跡が残りません。永久脱毛も同時に行えます。

名古屋院料金表


ワキガ、多汗症の治療

ワキガ、多汗症の手術はリスクも高く傷跡が残るため慎重に行うべきです。術後の安静も1-2週間ほど必要です。広告に記載されているように簡単に傷跡が残らないような手術方法というのはありません。吸引法という手術法では全くといってよいほど効果が期待できません。

逆に汗がかえって増えてしまうこともあります。

手術は皮膚をはがして裏側の汗と臭いの腺を削り取る方法です。必ず、傷跡も残ります。
 

傷跡が残らない電気分解法

電気分解法は傷跡が全く残らず、安静が不要なため治療直後から日常生活が可能です。6回コース、永久脱毛の保証コースがあります。永久脱毛の保証コースは12~15回ほど1ヶ月に1回のペースで治療を繰り返します。

治療後2週間ほどは汗もほとんど出なくなり、臭いもなくなります。その後少しずつ戻って1ヵ月後に治療を行った後はさらに汗、臭いが減少します。多汗症でお悩みの方に自信を持っておすすめできる治療法です。

wakiga.jpg
 

電気分解法の仕組み

特殊ニードルを使用して高周波の熱エネルギーをくわえ、ワキガの元であるアポクリン腺と毛根部を最先端の高周波電気凝固機器と絶縁針電極を使用して破壊します。

同時に毛根部を破壊し、完全永久脱毛も行うことができます。

手術を行わない多汗症、ワキガの治療の中で最も新しい方法で、メスを使用したり縫合をするといった手術は一切行わないません。入院が不要なのも大きな魅力です。
 

電気分解法のメリット

1:傷跡が残らない。
2:治療後すぐに日常生活が可能
3:痛みが無く治療が可能
4:治療直後から汗が出なくなり、臭いも消える
5:自分の都合で治療日が決定できる
6:腋の永久脱毛が同時に可能

治療当日はシャワーのみのほうが良いですが、翌日から入浴は可能です。 6回コースで平均的に汗は30~50%減少して、臭いは50%~70%減少します。

毛の量により個人差が大きく毛の生えている範囲が広かったり、毛の量が多い患者様では効果が劣ります。

電気分解法の効果は手術と同等以上です。

費用は6回コースが税別29万円、永久脱毛の保証コースが税別48万円です。

1回の所要時間は平均1時間、最初の治療は時間がかかりますが、回数を重ねることに治療時間が短縮します。 手術を行わない最も安全で確実な治療法です。
 

ワキガ、多汗症についてご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい

お問い合せフリーダイヤル
一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
無料カウンセリング
メールでのカウンセリングはこちら。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。


  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • ご意見・ご感想BOX

LINE公式アカウントLINE@をはじめました。ぜひ、友だち追加してくださいね。


友だち追加数