HOME > 診療項目 > 毛孔性苔癬

毛孔性苔癬治療

ダーマローラーによる毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療 

ダーマローラーによる毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療のことなら、さかえクリニック。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは

思春期に入る頃に、皮膚の症状が出現してきます。
上腕の伸側のみに、左右対称性に出現します。
毛穴がつまったような感じで、毛穴に一致して直径2~3mmの丸く盛り上がった状態になります。これは割合硬いので、ツブツブができたとかザラザラになった状態です。

よく見ると、中央部にうぶ毛がでているものがあります。
つまり毛穴の出口周辺が角化し、この病名がついています。
色は、皮膚と同じ色か褐色、赤色など。かゆみや痛みなど自覚症状は全くありません。
範囲が広くでる人の場合は、大腿《だいたい》部伸側、背中一面に現れる方もいます。
顔にできることがありますが、そのときは、頬からもみあげの部分が赤褐色調になっていて、そのなかに同じようなツブツブが混じった状態になっています。
これは顔面毛包性紅斑黒皮症《もうほうせいこうはんこくひしょう》
といい、若い男性に多いのですが、もちろん、若い女性にも出現します。
毛孔性苔癬は、遺伝によっておこります。常染色体優性遺伝です。

この意味は、男女の差はなく、両親の片方に本症があると子どもに遺伝する率が高くなります。さらに、この家系の人は、肥満傾向の方に多いようです。毛孔性苔癬は、思春期前後に出現してくると述べましたが、50歳くらいの中年以降自然消失してきます。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は見た目が良くないので、気になるようでしたら治療をお勧めします。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療は、最近素晴らしい治療法が開発されたのでほぼ確実に改善し満足いく効果が得られています。

ダーマローラー治療の映像
(実際の治療と異なる場合がございますので参考程度にご覧ください。)
 
ダーマローラーによる治療のことなら、さかえクリニック。静岡・浜松・掛川・袋井・磐田・豊橋・岐阜・長野・飯田・松本近郊の方も多数通われております。
 
治療
 
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療 としまして尿素剤やサルチル酸軟膏を使用する医療機関がありますがほとんど治療効果は期待できません。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療 としまして外用薬(塗薬)の治療は無駄になることがほとんどです。
 
当院では毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療 としまして、ダーマローラーという再生医療の治療に使用する細かい特殊な針(肉眼でやっと確認できるほどの細さ)がローラーにセッティングされた医療機器を使用して毛孔に詰まった角化部分を除去していきます。
確実に除去できるため 効果がすぐに実感できます。
 
治療時間
 
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療時間はトータルで 5分程度です。
 
治療についての補足事項
 
痛みを全く感じない状態での施術を希望される場合は、塗る麻酔薬を使用します。
数日間、赤みが出現しますが、当日から入浴も可能で日常生活への制限はありません。
 
ダーマローラーによる治療のことなら、さかえクリニック。静岡・浜松・掛川・袋井・磐田・豊橋・岐阜・長野・飯田・松本近郊の方も多数通われております。
 
治療費用
 
 1回 86,400円(税込)
 3回 1クール 219,900円(税込)

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療費用は は医療費控除の対象となります。
無痛治療をご希望の患者様は、1回 2,160円(税込)の麻酔費用が必要です。
毛孔性苔癬治療には、21,600円のダーマローラー費用が必要となります。
上記には 診察費用、治療費用、薬剤費用、ケア費用もすべて含みます。
 

毛孔性苔癬療法について、ご不明な点・詳細は、一人で悩まずお問い合わせ下さい。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

または、メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。