HOME > 診療項目 > 自律神経機能検査

自律神経機能検査(心拍変動解析検査)

心拍変動解析システム

自律神経機能検査

自律神経のしくみ自律神経機能を測定することによりわかること

自律神経とは生命活動を支配する神経で、自分の意志とは関係なく刺激や情報に反応して、からだの機能をコントロールし、状況にあわせてからだを適応させるために、からだの中からと、外からの情報や刺激にあわせて、自動的に作動しています。

また、呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステムを調整し、
生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割でもあります。

自律神経は相反する働きをする交感神経系副交感神経系から成り立っており、互いに拮抗し合いながら機能し、身体全体を調節しています。


■ 糖尿病による神経のダメージ
■ 心筋梗塞後の予後ストレスチェック
■ 薬、サプリメントの効果
■ うつ、自律神経失調症、パニック障害などの自律神経状態
■ 各種セラピー(アロマセラピー、鍼灸、ヒーリング、マッサージ、カイロプラクティック、レーザー治療、ミュージックセラピーなど)に対する治療効果評価
■ アスリートの能力
■ 企業の人材採用時のセレクションテスト(ストレス耐性の強弱の評価)
■ 各教育、指導効果の判定


自律神経系の活動レベルと、その2つの部門である交感神経系副交感神経系のバランスの測定、分析を行います。



科学的に分析する事(心拍変動解析)を可能にしたソフトで、状態をグラフィカルに表示し、現在の自律神経の機能状態を正確に把握します。

自律神経機能を正しく評価するために、心拍変動解析システムを使用しています。これまで治療効果の科学的評価が難しかったアロマセラピーなどの効果も、このシステムを用いることによって把握できます。呼吸法のバイオフィードバックトレーニングにも利用しています。

もともとはロシアの科学者が開発して宇宙開発に使用されたシステムであり、ロシア崩壊後、アメリカに渡ったロシア人科学者が立ち上げた、ベンチャー企業のBiocom社と、技術・臨床研究の提携をして、最先端のシステムを臨床的に開発しています。
ハートリズムスキャナー」「インナーバランススキャナー」「ハートトラッカー」のシステムで、RSAによって自律神経の機能レベルを調べます。

 

自律神経機能測定方法

自律神経機能測定イメージ耳にセンサーを付け、5分間の測定
現在の自律神経の状態を表示します。


検査の結果は、パソコン画面に図で表示されます。
横軸が交感神経機能、縦軸が副交感神経機能のレベルを表します。中央のエリアがノーマルであり、検査結果を示す丸印が右にあるほど交感神経機能が高く、上にあるほど副交感神経機能が高いといえます。トップアスリートのような選手になると、交感神経機能も副交感神経も高いレベルにあることが理想です。

一方で、副交感神経機能が低下すると免疫機能が低下するため、風邪にかかりやすくなります。オーバーワークですぐにダウンしてしまう状態です。



 
  • 心拍変動解析の為のプロトコルのデザイン、テスト回数が自由且つ簡単にセットできます。
  • セッションの複数テスト結果を、詳細に図表や線、棒グラフで分かり易く表示します。
    同時に各テスト結果の比較が容易にできます。
  • 薬物投与やその他の治療、カウンセリングの生理学的効果や影響を測定するのに便利です。
    より詳細は、自律神経スキャナーへ!!

自律神経機能向上によるアスリートの身体能力トレーニング



うまくいく人は、なぜ「自律神経」を意識しているのか? 体幹を鍛え、「軸」をつくりだす「1日30秒」セル・エクササイズ

名古屋院料金表

自律神経機能検査について、ご不明な点などは、まずお問い合わせ下さい。

自律神経機能検査(心拍変動解析検査)を受けるには、専門の医療機関で検査・カウンセリングを受けるべきです。
一度お問合せください。

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

無料カウンセリング

または、メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。