HOME > 診療項目 > しみ・くすみ

しみ・くすみ

さかえクリニックのしみ・くすみ治療

しみ・くすみの種類について

シミには、数多くの種類が存在します。
しみには、いろいろなタイプがあり、しみのタイプに合わせた治療を行うことで、
効果的な治療が行えます。


老人性色素斑

中年以後にみられる色素斑です。表皮に軽度の肥厚があり、メラニン色素の増加がみられますが、その原因は現在のところ不明です。光老化の一症状で、日常的に繰り返して浴びた紫外線による影響が大きいと考えられています。

スーパーフォトRF(ウルティマ)治療

レーザー


日光性色素斑

日焼けや加齢によって出来る、一般的なしみです。

スーパフォトRF(ウルティマ)治療


雀卵斑

皮膚にできる色素斑(しみ)の一つで、一般的にそばかすと呼ばれています。遺伝が関係しており、色白の人に多くみられます。色素斑の部分では皮膚の色素細胞が大型化し、メラニンが増加しています。

スーパーフォトRF治療(ウルティマ)


肝斑

顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れ、特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に広がります。

レーザートーニング治療

 
 

さかえクリニックのよくある質問(シミ・くすみ編)
メールでのご相談はこちら電話でのご相談 0120-566-680

しみの治療法について

シミの治療(シミの種類により、治療法の組み合わせが異なります。)
1:光治療LED治療フォトRF

レーザーレーザートーニング

LED

スーパーフォトRF
(ウルティマ)


2:外用薬

(ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体)

3:内服薬(保険適用)

(ビタミンC、トラネキサム酸) 1日1000mg以上 服用。保険適応 

4:注射薬

プラセンタαリポ酸カクテル点滴

 

5:ケミカルピーリング(現在では治療効果が少ない)

ケミカルピーリング(現在当院ではケミカルピーリング治療ではなく、より効果の高いレーザーピーリングによる治療を行っております。) 
ケミカルピーリングは効果が低いだけではなく、ダウンタイムも長く痛みが生じるため当院では現在、行っておりません。

6:ホームケア(ドクターズコスメ)

ホームケア(ドクターズコスメ)

7:コラジナイザー(エレクトロポロレーション)

コラジナイザー(エレクトロポレーション)

※内服薬は保険適応となっております。専門の美容皮膚科医である 院長 末武信宏が丁寧に対応しておりますお気軽にご相談ください。
エステとは比較できないほど、高い効果が期待できます。




4種類の光が肌を変える。ニキビ・シミ・小じわなど次世代の癒しの治療。
痛みもなく、20分~30分程度の治療で負担なく治療できます。

LED治療についてはこちら


エアナジー

エイジングケアに効果のある、活性酸素除去システム「エアナジー」

 

 


しみ・くすみ治療のことなら、さかえクリニック。静岡・浜松・掛川・袋井・磐田・豊橋・岐阜・長野・飯田・松本近郊の方も多数通われております。
フォトRFによるシミ治療

スーパーフォトRF(ウルティマ)今までとは全く異なる美肌治療法です。肌にダメージを与えることなくシミに抜群の効果を発揮する美肌づくりの最新システムです。またシミだけでなくソバカス・赤ら顔・肌のキメの改善・小じわの改善など、いくつもの効果が同時に得られます

スーパーフォトRF(ウルティマ)についての詳細はこちら

シミ治療3ヶ月/6ヶ月コース
内科治療ビタミンC、トラネキサム酸の投与。
TPM
(テクニカルピーリングマスク)
ご自宅で週に一回パックを行います。小じわにも有効です。12枚
ハイドロキノン、ビタミンC誘導体による
新しいシミに効く外用療法・胎盤エキス注射
3ケ月で合計12本。一週間に3回を1ケ月、一週間に1回を3ケ月続ける
シミ取りクリームビタミンC誘導体を配合した新しいシミ治療
        
■ 肝斑にも効果的なQスイッチYAGレーザー

肝斑・キメ・クスミの画期的な治療レーザートーニング」の詳細はこちら

肝斑など一部のシミの治療は医療費控除の対象となることもありますのでご相談ください。

シミ・くすみには、ビタミンC誘導体ローション(DRVC+) 
イメージ写真

メスを使わない美容整形だから、シミのケアにもこだわります。
院長が開発した話題のローション(コスメ)です。

詳しくは、シワ・シミ・ニキビを撃退! DRVC+

オンラインで購入ご希望の方は、

美肌の専門医が開発した- ドクターズコスメ・化粧品 "REVERSAL+plus"へ



飲む日焼け止めHELIOCARE(ヘリオケア)





塗る日焼け止めだけでは完全に紫外線から肌を守ることはできません。
飲む日焼け止めを摂取することにより、紫外線によって体内に発生したフリーラジカルを ヘリオケア特許成分のFernBlock(Polypodium Leucotomos)が破壊することが出来ます。

日焼けは肌の大敵との考えから開発されたHELIOCARE(ヘリオケア)は、体の内外から徹底的な日焼け止め対策に力を注いでいるブランドで、世界50ヵ国の病院に製品を提供している実績があります。

その結果、DNA損傷を防ぎ、しわやしみを予防することができます。
内側から紫外線による害を防ぐことが出来る、飲む日焼け止めHELIOCARE(ヘリオケア)です。
さかえクリニック院内にて販売しております。




HELIOCARE(ヘリオケア) 飲む日焼け止めの効果

紫外線をあびた後の皮膚の悪化を予防

表皮の細胞の保護

MMP(マトリックス分解酵素)の形成を阻害することによりコラーゲンを保護

DNA細胞の保護

アンチオキシダント効果、免疫を高める効果


摂取してから30分以内には効きはじめ、効果は約4~6時間。
紫外線防御作用は服用から約30分後に発揮され、 2.5時間後にも有効であることが臨床試験によって確認されています。 更に長時間にわたって効果が持続すると考えられています。


HELIOCARE(ヘリオケア) 飲む日焼け止めの成分

FernBlock(Polypodium Leucotomos) 480mg (100%天然成分)
中央アメリカに生息するシダ植物の一種Polypodium leucotomos(ポリポディウム属)の 抽出物からつくられていて、 経口服用すると紫外線防御効果の他、皮膚癌の防止、抗炎症作用、 日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減します。 ハーバード・メディカル・スクールにおける光防御分野の第一人者 (Fitzpatrick, Pathak, Gonzalezなど)による15年間にわたる調査及び臨床研究の末、 安全で有効な成分として、FernblockRは、 市販製品のなかで最も完全な経口光防御剤として認知されるに至りました。

ルテイン・・・強い抗酸化作用を持ち、体を蝕む活性酸素の攻撃から守ってくれます。
リコピン・・・がんのリスクを低減したり、抗酸化作用によって、DNA損傷から守る効果があります。
ビタミンD・・・皮膚や髪のエイジングケアに効果があります。
ビタミンC,E・・・ 抗酸化力を高めます。


使用方法

日光を浴びる30分前に1カプセルお飲みください。
長時間日光を浴びる場合は4時間後に1カプセルを追加でお飲みください。また、サプリメントとして摂取する場合は毎朝1カプセルお飲みください。

※飲みにくい場合は、ジュースやヨーグルトと一緒にお飲みください。

ヘリオケアは院内での販売のためご希望の方はお電話ください。
 
メールでのご相談はこちら電話でのご相談 0120-566-680

リスク・合併症について

院長 末武信宏レーザーによるシミ除去におきまして 1回の施術で確実に消去し再発しないということは少ないようです。40-50%の確率で 1-2か月後に炎症後色素沈着が出現し元の状態より色素が濃く浮き出て見えることがあります。ただし、この状態は一時的で6か月ほどで再度、消失していきます。

また、シミの周囲がリング状に色素が残存し中央部のみがシミが消失するといった現象が出現することがあります。
1回の施術でシミを完全に除去するため高出力のレーザー照射を行うと、メラニン色素を作る細胞を破壊してレーザー照射部位が他の皮膚の色に比較して白い斑点のように変化することがあります。

このためシミの治療は、短期で確実に消失させるものではなく、レーザーや外用薬などを効果的にある程度の期間かけて使用し、皮膚への負荷を減らしシミの大きさや濃さ、種類に応じて適切に対応して治療する必要があります。

ほとんどの方はレーザーを1回照射すると魔法のようにシミが消えるとお考えですが、このようなケースはむしろまれでレーザー照射後、上皮形成まで赤みが出現したり医療用創傷被覆材を48時間ほど使用して上皮化を促す必要があります。

つまり、レーザー治療後にもシミの部位へのケアは必要になります。
シミの種類や状態を専門医である私がしっかり判断して治療プランをたて時間がかかっても改善する治療法を患者様と話し合って選択していきます。

ご注意 医療機関以外の光治療などでトラブル続出!

無資格者の治療にご注意ください!技術・知識の無い人間による光治療などで全く効果が無いばかりか火傷などであとが残ってしまうなどのトラブルを多く耳にします。ディスカウントした値段だけにとらわれず、本当に効果のある、トラブルの無い治療を受けて下さい。

原則としまして色素斑の治療は、医師が行う必要があります。(当然、看護師では照射して行けない色素斑や照射するべき色素斑の区別がつきません。診断も治療も兼ねますので医師が確認しながら照射する必要があります。)

当然、顔への治療としての照射は医師が行わなければなりません。

ディスカウントした治療費で患者さまを集客し、パワー設定を一律にしてベルトコンベア方式で知識や経験の乏しい看護師に照射を任せて効果がなかったり火傷を起こすトラブルも実際、起こっております。

医療法上もシミ治療は医療行為であり医師の照射が原則です。

当院では必ず、専門医、医師自らが毎回、肌の状態をチェックして、照射出力を設定して照射を行っております。

施術担当医のご紹介- 施術はすべて院長の末武が責任を持って行います。

院長 末武 信宏院長 末武 信宏

順天堂大学医学部 非常勤講師
医学博士


あらゆる美容治療を長年行ってまいりました院長の末武信宏が、
全ての施術を責任を持ちまして丁寧に行います。




略 歴
●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
●昭和62年 5月 岐阜大学医学部附属病院第一外科入局
●昭和62年 日本美容外科学会入会
●平成元年11月より大手美容外科全国主要都市クリニックにて研修
●平成3年 アジア最大規模を誇る長庚記念病院、形成外科、美容外科部長、蔡博士
の指導下、日本国内で5万例以上の手術を経験 全国主要都市の大手美容外科クリニッ
クで多くの若手医師を指導、チーフドクターとして活躍。
●平成7年、日本最年少の日本美容外科学会認定専門医に認定される。(33歳当時)
●平成8年9月27日 さかえクリニック開業
●平成8年9月27日 さかえクリニック院長就任
●平成19年 4月より 順天堂大学大学院 医学研究科においてアンチエイジング医学
の研究に従事。
●平成23年3月 順天堂大学大学院 医学研究科において 学位(医学博士)取得
医師向けに ドクターズコスメ製作指導。医学書DVD、ビデオ 監修・指導・出演 
 最新ドクターズコスメ製作のコツ シミ・小じわ・にきびの治療薬を作る(株式会
社日本医学中央会(メディカルコア)) 、
最新美容皮膚科セミナー開催・講師 (アラガン社主催)
コスメ「ラ・ペジブル」監修
●平成27年より サイエンスアーティストとして活動開始



● 順天堂大学医学部 非常勤講師
● 医学博士
● 第88回日本美容外科学会会長
● 日本美容外科学会認定専門医 第219号
● '96、'98、'99年度 ミス日本(中部北陸地区代表)審査員
● 2014年 ミス・ユニバース・ジャパン 愛知大会 Beauty Camp講師
● プロボクシングトレーナ(JBC認定) No.31532
● オリンピック日本代表選手,プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
NODAレーシングアカデミー フィジカル・メディカルトレーナー、講師
一般社団法人 臍帯・胎盤研究会 筆頭理事
一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー 副代表理事
● 一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事(理事長 飯田覚士:第9代WBA世界スーパーフライ級王者)

しみ・ソバカス・くすみ・美白、ご不明な点・詳細は、まずお問い合わせ下さい

名古屋院料金表

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。
上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

無料カウンセリング

または、メールにてお問い合わせ下さい。
メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。

下記メニューよりご希望の内容をクリックして下さい。