血管年齢検査

血管年齢検査- 動脈硬化の測定をしませんか

血管年齢を測定してみませんか?

老化は血管から始まります。

高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症、たばこ、ストレス、疲労は血管の老化を加速します。






血液脈波検査

2つのカフと心音マイクでCAVI検査が可能。従来必要としていた心電図記録が、解析技術の向上により不要となり、より簡便に検査できるようになりました。
 

メールでのご相談はこちら電話でのご相談 0120-566-680

動脈硬化検査の重要性について



CAVI検査とは大動脈を含む「心臓から足首」までの動脈硬化を反映する指標で、動脈硬化が進行するほど高い値となります。また、測定時の血圧に依存しない、血管固有の硬さを評価する指標です。

動脈硬化を予防するには、高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病が危険因子であることから、これらの疾患を予防・治療することが重要です。

さらに近年では内臓脂肪蓄積を基盤としたメタボリックシンドローム患者では、1つ1つの疾患が軽度、または発症していなくとも、それらが重複すると心血管疾患のリスクが著明に上昇することも言われています。
そこで血圧とは独立した動脈硬化そのものを診断・評価することも、予防を効率よく行うために重要だと考えられます。


検査結果は測定後すぐにご確認いただけます。

検査レポートは印刷してお渡し致します。

費用

血管年齢測定
5,000円(税別)

血管年齢検査に関するお問い合わせ

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

無料カウンセリング

または、メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。

  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • ご意見・ご感想BOX

LINE公式アカウントLINE@をはじめました。ぜひ、友だち追加してくださいね。


友だち追加数