ワキガに関するよくあるご質問

わきが治療のよくあるご質問

わきが・多汗症の治療には手術は行いません。


治療を受けられた多くの医師の皆様がこの治療を推薦しています!

ワキガ治療に関するよくあるご質問


国内で受けられる わきがの治療法を教えて下さい。
大きく分けて以下の6種類の治療が国内で行われています。
1) 手術
2) ボトックス注射
3) EL(電気分解法)法
4) HIFU(高密度焦点式超音波)
5) ミラドライ
6) ビュー・ホット


患者様の中には多くの医師や医師のご家族がおられます。医師であれば手術のリスクや効果の限界、負担に関しまして十分知っています。医師自からワキガ・多汗症で悩まれる場合、最も選択され支持される治療法です。
自分や家族がワキガ・多汗症で悩んで切る場合は絶対に、EL(Electrolysis)法の治療を選択します。患者様と自分御家族は同じと考え自信をもちまして治療を行っています。
この中で最も有効で効果が永久的な治療法を教えて下さい。
世界中で行われています わきが・多汗症治療で最も有効性が高く永久的効果が確実に見込めれる治療法は、EL(電気分解)法だけと断言できます。
理由は、汗や臭い黄じみの原因であるエックリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺を一つづつピンポイントで破壊する治療法だからです。確実に広範囲に臭いや汗の原因の汗腺が破壊できます。
痛みが施術後最も少ない方法を教えて下さい。
ボトックス注射が施術後は全く痛みを感じません。
EL法もほとんど痛みを感じませんが、ダウンタイムがないと大きくPRされていますミラドライ、ビューホットは強い痛みを施術後に長期間感じたり強い腫れが出現することが稀ではありません。これは施設によっては施術者が医師ではなく看護師が行なっているケースが少なからずあるためです。
当院へもミラドライ、ビューホットによる治療を受けられ熱傷で表皮がただれた患者様がご来院するケースが複数あります。
最新機器を使うミラドライやビューホットがどうして再発や効果が無いケースが出ているのでしょうか?
どんな治療法でも最新機器を使用するから最大の効果や最善の効果が出るわけではありません。
確かにシステムや理論は優れていますが、施術者の技術を補足するだけで、選択性がなくランダムに皮膚全体を熱を加える治療法のため正常表皮や真皮が不要なダメージを少なからず負ってしまう欠点があります。
しかも多くの導入施設も1回で完治すると広告していますが、これは医学的に考えてもありえないことです。
1回で完治するような強力なエネルギーを皮膚へ与えると選択性がないミラドライやビューホットでは正常皮膚構造へ熱ダメージが大きく作用し酷い熱傷を起こしてしまうリスクが有ります。
ピンポイントで行うEL法に比較してこの点も大きく劣る点です。
ミラドライやビューホット治療の効果は永久的ですか?
これは、誰も回答できないというのが真実です。
理由は、未だここ2-3年前に出現して国内の臨床で使用され始めた新しい治療だからです。
メーカーも治療している医師もだれも永久的効果を確認してはいないのです。
プロトコールや機器の出力設定など施設によってもバラバラで施術者も専門医ではなく看護師によるケースも有り確実に永久的な効果を出すパラメータも存在しません。

永久的に効果を確認できていないためです。

EL法は20年以上この電気分解、凝固による治療を毛包を中心と行うことで、わきが・多汗症の治療として長年使用されてきて永続的効果に近い効果が確認されています。(近いという意味は、このEL法ですら20年以上の歴史で 人生の80年以上の経験を積んでいないためです。)
ただ、医学的常識として20年以上も再発がなければ永久的効果を獲得できたと考えても良いでしょう。
子供のわきが・多汗症にはどんな治療が最も適していますか?
子供のわきがは、大人と比較して再発の可能性も高く困難です。
皮膚組織の再生力が高く成長期の場合は、しっかり期間を開けて慎重に治療を実施する必要があります。
このためミラドライやビューホット、手術のように1回で確実に治癒できることは絶対にありえません。
EL法の用に最低6回の治療が必要になります。
1回で完治という宣伝文句で施術を受けても効果がない場合も少なくありません。
1回で最も効果を期待できる方法は?
残念ですが1回でリスクもなくダウンタイムもなく必ず満足できる永久的効果を得られる治療は存在しません。
手術でも広範囲に行い2週間ほど入院して行う従来の治療法ではたしかに1回での効果も大きいものですが傷跡が確実に残る、術後のダウンタイムが長期に続く、痛みがあるなどリスクなく手軽にできる治療ではありません。
もし
1回で最大の永久的効果を望まれる場合は EL法とHIFU法によるコンビネーションがリスクも、ダウンタイムも全く無く安全で確実です。

HIFUは超音波を高密度に汗腺の部分へ集中させて熱凝固させる方法でこれはアポクリン、エックリン汗腺いずれも破壊することができEL法とも同時に併用できる安全な治療法です。単独では効果が弱いのですが併用することで中等度以上のわきが、多汗症でも1回で大きな治療効果が得られる唯一のコンビネーション治療法です。
なぜ最も安全で効果が確実と考えられるEL法が普及しないのですか?
これには下記のような理由があります。
・技術的に困難で取得に時間が必要
・EL法のシステムの販売は現在、されておらず機器導入が困難
・時間と手間がかかり専門医が直接全て行う必要があり、クリニックの経営的にメリットが少ない
・複数回の治療が必要
・EL法の研修施設がなく技術指導できる医師がほとんどいない

このため専門医の治療技術ではなく、機器のみに効果を頼るミラドライ、ビューホットが普及しています。
EL法の最も大きなメリットは何ですか?
効果や安全性はもちろんですが、長年の経験豊富な専門医が採血、治療、ケアまで全て責任を持て行う事です。機器に頼らず業者が勧めるビジネストークだけでの診療を行う治療ではないことです。
費用、リスク、ダウンタイム、効果など全て考えて医師が施術を受けるならどの治療を選択されますか?
患者様にとってあらゆる治療法の中で最も優れた治療であり自分自身がわきがや多汗症で悩まれている多くの医師も自ら受けられている信頼できる治療法です。
短期的にはボトックスの注射、永久的な効果を期待されるのであればEL法です。

※ミラドライ、ビューホットによる治療効果は理論的にも確実にありますが1回で完治するとの謳い文句で多くの患者様が施術を受けられ満足されていない方も少なからず存在します。
6回ほど行えばきっと大きな効果を得られる可能性がありますが・・・すると200万円を超えるほどの費用となり現実的ではありません。
また、看護師が施術されていますケースも少なくありません。これが大きな問題であり責任をもって医師が治療を行うべきという医療の考えとは少し違う気がします。

 
ワキガの治療には保険が適用になりますか。
直接剪除法による手術治療は健康保険が適応になりますが、外来で行う手術はしっかり術後に固定が出来ないため効果が悪いばかりか血腫形成による皮膚壊死のリスクもありお勧めできません。保険治療を謳い文句に美容外科クリニックで患者様へPRされている施設もありますが、傷跡やケアのことを考えると保険での診療は残念ですが限界があります。電気凝固法やボトックス注射は保険は適応外で自費治療となります。費用は決して安くありませんが満足度や日常生活の制限、傷跡などを考えると満足していただける治療です。 

ワキガのEL(Electrolysis)法は日帰りで治療出来ますか。
麻酔や冷却など全ての治療時間を合計しても30分ほどで痛みもなく、施術後すぐにご帰宅いただけます。
通院は施術の時のみになります。
施術後の傷跡は目立ちますか。
麻酔や冷却電気凝固法では傷跡は一切残りません。絶縁針というニードルを毛穴へ挿入しますので挿入部が数日間、少し赤みが出現することがありますが、必ず消失いたします。局所麻酔による内出血が出現することがありますがほとんどの場合、1週間以内で消失します。
通院期間はどれくらいですか?
2か月間隔で3-6回の施術になります。
治療時間はどれくらいですか?
片腋で8分程度になります。麻酔、施術後の冷却などトータルで30分程度です。
麻酔は痛くありませんか?
当院では独自に塩酸リドカインという酸性のPHの麻酔をアルカリ性のメイロンを混ぜ、生理食塩水で薄めて作製しています。つまりPH調整をして濃度を薄めて使用しますのでPHが身体とほぼ同等で大変痛みが少なくなります。注射の針も極力細い針を使用して痛みが出現しない麻酔法を心がけていますので全くご心配いりません。
効果はいつ出現しますか?
施術直後からになりますのでご帰宅時には効果がすぐに実感できます。
施術後はいつから入浴可能ですか?
直接剪除法施術部位を濡らしても全く問題ありませんので当日からの入浴が可能です。ただし、施術当日は患部に熱を持つことをできる限り避けていただきますので短時間での入浴をお勧めします。ご心配であれば当日はシャワーのみにしていただいています。
スポーツはいつからできますか?
原則としまして翌日からになります。当日は軽いジョギング程度であれば問題ありません。
水泳も翌日から可能です。
自動車の運転はいつから出来ますか?
施術直後から可能です。
施術後痛みはありますか?
まず、痛みを感じる方はいません。
3日経過して痛みが出現した場合は治療部位の一部で毛包炎を起こしている可能性がありますので診察が必要になる可能性がわずかですがあります。
EL(Electrolysis)法は効果が無いと他院で説明を受けたのですが?
EL(Electrolysis)法を見たことも 施術を行ったことが無い医師が説明しても事実は異なります。治療を行ったことが全くない、どのように行うかさえご存じない医師が効果に関して患者様へは正確になかなかお伝えできません。
これまで治療法が進化していますが15年以上の実績から、効果が実感できないというクレームは3例のみです。この方々は1、2回の追加治療で満足された結果が出現しました。
手術をされて効果がほとんどないという多くの患者様の再治療を行っていますが、手術と比較して大きな治療効果が実感されています。
施術は誰が行っていただけるのですか?
私、院長の末武が責任を持ちまして麻酔から施術まで全てを担当させていただきます。
何歳から施術が可能ですか?
基本的には第2次性徴期を迎えてからになります。男性の場合は12歳くらい、女性は10歳くらいからある程度、アポクリン汗腺が発達してからでないと効果が悪くなります。
EL(Electrolysis)法が出来ない方もいますか?
妊娠中の方、悪性腫瘍治療中の方、ペースメーカーが心臓に入っている方、透析を行っている方、重度の糖尿病を患ってみえる方は残念ですが治療はできません。
EL(Electrolysis)法を行うとわき毛はどうなりますか?
毛穴へ絶縁針を挿入して高周波の熱エネルギーで汗腺を破壊する治療ですので当然、永久脱毛効果が出現します。女性の方には喜ばれるのですが男性の方には 腋の毛の量が減少することを確認してご納得いただいて施術を行います。男性の場合はできる限り腋の毛が残るようにすることも可能です。
いろいろな手術法があり効果がありそうなものがあるのですが?
手術で有効な方法は 皮膚を広範囲にはがして確実にアポクリン汗腺、エックリン汗腺、皮脂腺を皮下組織を含めて削り取る治療です。
つまり選択性が無く皮膚へ大きなダメージが加わります。いかなる先端治療でも手術のリスクは昔も現在もほとんど変わらないのが現状です。大学病院の形成外科や皮膚科では未だ数十年前と同じ手術術式でワキガ・多汗症治療が行われています。
これは〇〇法なるものが本当に大きな治療効果や安全性が確立していないためです。先端治療の大学病院でも 先端治療はワキガ手術に関しましては残念ですが、未だ存在しないことです。
どうして手術はそれほど避けるべきですか?
術後の傷痕がきれいになることを保証して行えば治療範囲が限定され効果が悪くなります。効果を上げようとしますと広範囲に皮膚をはがしたり、できる限り皮下組織を削り取り皮膚を薄くすることは腋の皮膚を植皮と同じ状態にするわけで、手術は簡単でもペラペラになった皮膚を元通りにするためには最低2週間の強固な固定が絶対に必要になります。このため入院も必要になりますし、ダブルタイオーバーという絹糸でガーゼを患部に圧迫して皮膚を完全固定する必要が出てきます。
これは切開創は小さくても皮膚自体が変色したり収縮したり瘢痕化してしまうのです。

いずれにしても傷跡をとるか、効果をとるかという選択的治療になってしまうのが現状なのです。

 
どうしてそれほど有効でリスクが少ないEL(Electrolysis)法が普及していないのですか?
まず、施術には極めて熟練した技術が必要になります。
研修施設もありませんし、技能を習得するには手術以上にはるかに時間がかかります。
ワキガ手術は、ケアが難しく経験が必要ですが手術そのものは容易で経験の少ない美容外科医にも取り掛かりやすい手術です。

多少傷痕が残っても顔と違いクレームになりにくいというメリットもあります。また、電気凝固に必要なシステム、治療機器の販売は国内で終了して これからこの治療を行うことを計画されている医療機関や医師も少なくありませんが 治療機器が手に入らないのです。絶縁針もいくつも種類があり、選択に熟練した経験が必要になります。絶縁針も決して安価ではありません。
施術時間が手術に比較して長い、回数も必要で 医師の業務時間や負担が大きくなります。つまり手術に比べると単位時間当たりの利益も少なく医師にかかる負担が大きいため美容外科クリニックでの導入は厳しくなります。
以上の明確な理由から、今後もEL(Electrolysis)法は普及することはまず見込めません。
本当に他のあらゆる手術と比較してEL(Electrolysis)法は有効ですか?
私は過去10数年に渡ってワキガ・多汗症のあらゆる手術を美容外科専門医として行ってきました。開業当初は手術も行っていましたが、全ての患者様で手術に比較して効果も大きくリスクも負担もEL(Electrolysis)法が優っているため 手術をすぐに行わなくなりました。

EL(Electrolysis)法の症例数、経験は全国で私が最多です。
クリニックに相談に来られる患者様の約3分の一はすでに他施設で手術を受けられ傷跡が残っただけで効果に満足されていない方です。理論的にも経験的にも優れている治療法です。

患者様の中には多くの医師や医師のご家族がおられます。医師であれば手術のリスクや効果の限界、負担に関しまして十分知っています。医師自からワキガ・多汗症で悩まれる場合、最も選択され支持される治療法です。自分や家族がワキガ・多汗症で悩んで切る場合は絶対に、EL(Electrolysis)法の治療を選択します。患者様と自分御家族は同じと考え自信をもちまして治療を行っています。
メールでのご相談はこちら電話でのご相談 0120-566-680

子供のわきが治療に関するお問い合わせ

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680 ※携帯・PHSからもご利用いただけます。

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。

無料カウンセリング

または、メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。

データを入力して下さい
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
  • リンク集
  • ご意見・ご感想BOX

LINE公式アカウントLINE@をはじめました。ぜひ、友だち追加してくださいね。


友だち追加数