最新の傷のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

傷の処置の重要事項

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

誤解がありませんように。

消毒薬が不要ではなく、傷への直接消毒が不要とお伝えしております。

決して消毒薬が不要ではありません。

また、手術や医学的処置の前(関節穿刺、採血など)の消毒はもちろん必要ですし、場合によっては傷の周囲の皮膚への消毒も必要でしょう。

汚染創への消毒は賛否両論があります。

消毒が絶対に必要な場合はいかなる場合かは全て基準があるわけではありません。

しかし、このHPでは一般的なすり傷、切り傷、火傷 に関する治療法をお伝えしております。

免疫異常が存在する方や悪性腫瘍などで特別な治療を行っている方は、集中的な傷のケアや専門医が全身管理の上で行うことですので、私がお伝えする傷のケアが全て当てはまるとは限りません

動物にかまれた傷や骨折や広範囲な組織破壊を伴った傷、火傷は専門医療機関でケアを受けるべきです。

ガーゼに関しましても直接傷へ当てたりしなければ問題ありません。

止血にはガーゼを使用しますし、汚染創の処置で拭ったりするときにも使用することがあります。

現在では多くの素晴らしい創傷被覆材が発売されているわけですから創傷治癒理論を考えた時、ガーゼの使用は大幅に制限されるのです。

では、応急処置にはどうするんだ!

最初ぐらい消毒してガーゼだろう!

とのご質問も多いのですが、洗浄してサランラップを当ててください。

これで傷がドライになりません。

また、ガーゼを剥すときの組織をむしり取る強い痛みもありません。ワセリンを塗ってサランラップを当てるとなおよいでしょう。

傷を負ったばかりなら消毒ガーゼだね。

と思われているトレーナーやスポーツ指導者が多いのには驚きました。

傷を負った瞬間から創傷治癒過程はスタートしています。

傷を負った直後が最も重要ですね。

創傷治癒理論をしっかり理解すればこういった的外れな質問や治療行為が少なくなると考えております。


<ガーゼ>

滲出液のコントロール、汚物の受け皿、血液や滲出液、壊死組織などのふき取り、止血の圧迫時にはガーゼは必要です。

<消毒>

壊死組織や汚染創、深部の汚染創、感染のフォーカスの可能性がある創部に関しましては消毒したほうが有効という考えもあります。

どの場合に消毒してその場合に消毒しないかは基準がなく、担当医に任されます。起炎菌の量を減少させるためには、時には消毒も必要。
という考えが医師にもあります。

ただし、こういった創の判断、対応は専門医に任せるべきです。

美容外科医は、創傷ケアに口を出すなとの厳しいご意見もありますが、私は美容診療以外にスポーツ外傷のケア(整形外科疾患を除く)を主たる業務にしております。

トレーナーとしてはやはり、消毒ガーゼの意味や入浴制限、ケアの基準をしっかりとお伝えする必要もあります。

また、これまでも多くのアスリートの創傷治療の経験から スポーツ現場や子供達の一般的な傷 に対するケアをお伝えしていきたいと考えております。

最近では銀イオンの入った商品も開発され消毒薬の考え方も少しづつ変わってきたようです。

http://www.woundhealing-center.jp/faq/kizu_q6.html

スポーツ現場も知らずして 何ができるのか?

傷さえみれば アスリートは診なくてよいのか?

創傷治療は形成外科に任せればいい。

しっかり縫合すれば消毒ガーゼなんか関係ないんだ。

というご意見もありますが、一人のトレーナーとしても医師としても傷だけ診るのではなくアスリートを診ていきたいと考えております。

少しでも早く傷を治すメリットはプロのアスリートにとっても大切なことですね。

消毒に関します私見はいささか過激に取られますが、消毒以外にも素晴らしい治療法はあります。

絶対にこんな場合は消毒が必要だ!とういうご意見がありましたら是非、お伝えいただけましたら当サイトでご紹介させていただきます。

<現場でどうしても傷のケアが必要な方へのアドバイス>

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック 院長

一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

トップアスリート株式会社

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

 

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

美容外科学会

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

copyright(c) 美容の杜 All rights reserverd