ワキガ・多汗症治療

脱毛イメージ

ワキガ・多汗症とは

ワキガ臭の原因

ワキガは、わきの毛のあるところにあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺が原因で臭います。アポクリン汗腺が臭い、エクリン汗腺が多汗に関係しています。アポクリン汗腺から分泌する脂肪酸に皮膚の常在菌などの雑菌がまざり、臭いを発します。

アポクリン汗腺はワキだけでなく、デリケートゾーンや乳輪にも分布されるためすそワキガや乳輪ワキガでお悩みの方も多くいらっしゃいます。ワキガは臭いの元であるアポクリン汗腺を除去することで、臭いがなくなります

多汗症は、自律神経のひとつである交感神経の活動が関係し、体温の調節に必要な範囲を超えて、発汗が異常に増加することを指す症状です。ワキ、手のひら、足の裏、頭部などに症状が多くみられます。

ワキガの判別方法

自分がワキガかもしれないと悩んだことはありませんか?臭いや汗が気になる方は、セルフチェックしてみましょう。

  • 耳垢が湿っている
    耳垢が常に湿っていて、茶色くドロっとしている。
  • 両親のどちらかがワキガ
    ワキガは遺伝です。両親のどちらかがワキガである場合、お子様がワキガの可能性があります。
  • 下着が黄ばむ
    アポクリン腺から分泌される汗は、黄色みを帯びているので下着が黄ばみます。
  • ワキが毛深い
    ワキガの原因でもあるアポクリン汗腺は毛の部分にあるので、ワキ毛が多い方は可能性が高いです 。

お悩み別に探す

1回でも効果のあるEL法をおすすめします。 EL法の治療方法は、高周波エネルギーで、アポクリン汗腺(ニオイの元)、エクリン汗腺(汗の元)、皮脂腺(黄じみの元)をピンポイントで破壊する治療法がワキガ・多汗症治療のEL法です。 皮膚ダメージを抑えるため麻酔と同時に生理食塩水を注射し、毛穴一つ一つにニードルを入れ、熱で凝固させることで汗、臭い、黄ジミを減少させる方法です。

永久的効果のあるEL法をおすすめします。

高周波エネルギーで、アポクリン汗腺(ニオイの元)、エクリン汗腺(汗の元)、皮脂腺(黄じみの元)をピンポイントで破壊する治療法がワキガ・多汗症治療のEL法です。

​治療直後から効果を実感していただけます。痛みもなく短時間で治療が終わり、日常生活の制限もありません。

脇の汗ジミ・黄ジミの元になる腺も破壊出来るEL法をおすすめします。

皮膚ダメージを抑えるため麻酔と同時に生理食塩水を注射し、毛穴一つ一つにニードルを入れ、熱で凝固させることで汗、臭い、黄ジミを減少させる方法です。

一度他院で治療を受けた方も多く受けられているEL法をおすすめします。

手術は治療範囲が狭く一部しか行うことができませんが、EL法は広範囲に治療できるため効果的で、一度手術を受けた方でも問題なく治療を受けていただけます。

EL法は手術と異なり、出血による血腫形成や皮膚壊死といったことはありません。

痛みがなく短時間で治療が終わるEL法をおすすめします。

EL法は小学校4年生から受けていただくことができます。特別に配合した麻酔を使用するので、痛みもなく片脇約10分で治療が終わります。お子様でも安心して受けていただける治療です。

即効性のあるボツリヌストキシン注射をおすすめします。

ボツリヌストキシン注射には、ニオイの元となるアポクリン汗腺の働きを抑え、汗やニオイを軽減させる効果があります。すぐに効果を実感でき、個人差はありますが約半年~1年持続します。

数分で治療が出来るボツリヌストキシン注射は、手軽に受けられ身体への負担も少ない治療です。

緊張した時に出る手や足、頭皮の汗には汗止め注射をおすすめします。

ボツリヌストキシン注射には、ニオイの元となるアポクリン汗腺の働きを抑え、汗やニオイを軽減させる効果があります。すぐに効果を実感でき、個人差はありますが約半年~1年持続します。

数分で治療が出来るボツリヌストキシン注射は、手軽に受けられ身体への負担も少ない治療です。

ワキガの再発でお悩みの方

当院の患者様の約半数の方は、他施設で施術を受けられた再治療です。

ビューホット・ミラドライはいずれも1回で大きな治療効果をPRされていますが、実際は1回で完治するほどの効果を期待するには無理があります。中には看護師が施術する施設もあります。看護師が担当するような治療は本当に効果があるのでしょうか?
なぜなら、高周波を使用して熱を発生する両治療器は、1回で汗腺を破壊するほどの強い治療を行うと皮膚に大変な熱傷が生じ事実上不可能だからです。

特にビューホットはまだ臨床的に医療機関へ導入がスタートして短いため、自身の症例が皆無にもかかわらず長期予後を断言する医師がいることは疑問です。

ビューホットやミラドライ治療を受けられて効果が全く感じられなく再治療を希望されご来院される患者様が後を絶ちません。当院のEL法は確実に効果があります。

ワキガの治療法・対策

治療を行っているクリニックでは、施設ごとに行える治療法などは異なります。切開して汗や臭いの原因を取り除く手術や汗止め注射で一時的に汗を止めたり、切らずに治療する方法として、EL法、ミラドライ、ビューホット、HIFUなど治療法があります。治療が難しい場合ですと、ワキガクリームでの対処法もあります。一生に一度の治療ですので、正しいワキガ治療の情報を得て十分ご検討ください。

剪除法
大きく切開して皮膚を反転し、アポクリン腺を直接見てはさみで切除していく治療法。剪除法は 5cm 程度の少し長めの傷あとが残ってしまうのが欠点です。

吸引法
小さな切開から吸引器、あるいは超音波メスを入れてアポクリン腺を吸い出す治療法です。

切開法
脇を大きく切ります。傷跡が残るリスクもあり、患者様の負担も大きい治療法です。

注射を打つだけなので施術時間が少ない非常に簡単な治療で、汗やニオイを軽減させます。ただし、効果は個人差がありますが半年~1年ほどとなります。
詳しくはこちら >>

高周波エネルギーで、ニオイの元、汗の元、黄じみの元をピンポイントで破壊する治療法です。EL法は、ワキガ・多汗症治療にとって手術よりも身体に負担の少ない治療です。
詳しくはこちら >>

超音波による焦点エネルギーを汗腺にピンポイントで照射し、破壊するワキガの先端治療です。低度〜中度のワキガに最適で、皮膚へのダメージもありません。
詳しくはこちら >>

マイクロ波によってワキガを治療する医療機器です。マイクロ波を患部に照射して、汗腺を高熱化して発汗機能を破壊します。

ビューホットは針を皮膚へランダム(非選択制)に刺して高周波による熱を真皮及び、皮下に与え汗腺を破壊する治療法です。

医療用なので長期使用してもかぶれたり、炎症後色素沈着が起こったりすることもありません。
詳しくはこちら >>

ワキガのEL法治療

EL法の治療イメージ

高周波エネルギーで、アポクリン汗腺(ニオイの元)、エクリン汗腺(汗の元)、皮脂腺(黄じみの元)をピンポイントで破壊する治療法がワキガ・多汗症治療のEL(Electrolysis)法です。汗、臭い、黄じみを減少させる方法です。すそや乳輪ワキガ治療にも対応できます。

EL法は、手術よりも身体に負担の少ない治療です。この治療が普及しない理由として、治療技術の習得が極めて困難であり、特殊な機器の購入が必要な点、手術よりはるかに手間と時間がかかり医療機関の収益が見込めない点があります。

EL法を行っている医療機関として、さかえクリニックが専門施設です。

EL法治療による
ワキガの改善

EL法治療によるワキガの改善

ワキガのEL法治療を重ねることで汗や臭いが段階的に低下していきます。表はあくまでも目標としてのレベルの低下を表します。 汗や臭いが完全に消失することは医学的に困難です。

汗止め注射

手・足・頭皮にも
行えます。

汗止め注射

当日から日常生活の制限が一切なく、注射を打つだけなので施術時間が短い非常に簡単な治療です。ニオイの元となるアポクリン汗腺の働きを抑え、汗やニオイを軽減させます。ただし、効果は個人差がありますが半年~1年ほどとなります。

夏の間だけなど限定した時期のみ汗やニオイを抑えたい方やEL法との併用もおすすめです。

ワキガクリーム

ワキガクリーム

当院のワキガクリームは、ワキガ治療の専門医が研究開発した結果をもとに多くの薬剤からセレクトしまして独自に配合した成分になり、主成分はニューキノロン系の抗生剤となります。1日1-2回ワキに塗るだけで臭いの悩みから解放されてください。

医療用なので長期使用してもかぶれたり、炎症後色素沈着が起こったりすることもありません。安心して長期に渡り使用できます。

各施術方法とEL法の比較

EL法治療のここが違う!

 EL法治療ミラドライビューホット汗止め注射ワキガクリーム
時間20分程度60~90分30~60分5分程度1日2回塗布
痛みなし××
傷跡残らない××
通院3~6回1回で完治困難長期予後不明
制限なし××
入浴短時間の入浴可××
効果効果大×半永久的×半永久的半年~1年使用中のみ
即効性
即日の効果不明即日の効果不明
安全性××
対象小学生4年から子供は困難子供の効果不明

治療期間・施術の流れ

  • 当日から日常生活が可能
    2~3ヶ月に1回の通院を3~6回行います。
  • 1回の治療時間は20分程度。
    治療中の痛みはありません。
  • 治療直後から効果を実感
    お子様やご年配の方、他の治療を受けられ効果がなかった患者さまにも安心して受けていただけます。
  • 1
    お電話でのご予約
    お電話にてご予約を承っております。
  • 2
    カウンセラーより施術のご説明
    個室で専門カウンセラーが丁寧にご要望をうかがった上で、施術法、施術内容のご説明をいたします。
  • 3
    専門医によるカウンセリング
    専門医の院長末武が丁寧に診察させていただき、治療後の症例写真を提示して、治療の効果やリスク、具体的な治療法とワキガのメカニズムなどをわかりやすくカウンセリングさせていただきます。
  • 4
    施術のお申込み・お支払い
    施術内容にご納得いただけましたら承諾書へのサインをいただき、施術料金をお支払いいただきます。当院ではコースの場合、無利子の分割のご相談を受け付けております。
  • 5
    血液検査
    治療前には血液検査が必要になります。血液や体液による感染を防止するためEL法を希望する患者様全員に実施いただき、院内感染を起こさないように衛生面に最大の配慮を行っております。
  • 6
    治療・施術
    施術は必ず院長の末武信宏が全て担当。治療時間は20分程度です。安静は不要ですので、治療後すぐにご帰宅いただけます。
  • 7
    アフターケア
    治療後軟膏を塗布し冷却します。アフターケアの料金は施術料金に含まれております。経過診察の必要はありませんが、帰宅後ご不安な点などございましたら、お気軽にフリーダイヤルやメールカウンセリングよりご相談ください。

料金

EL法治療(1回)180,000円(税別)
EL法治療(3回コース)370,000円(税別)
EL法治療(6回コース)560,000円(税別)
EL法治療(9回コース)750,000円(税別)
汗止め注射(片脇)45,000円(税別)
汗止め注射(片手)45,000円(税別)
汗止め注射(片足)45,000円(税別)

※別途、血液検査 8,000円(税)とニードル代(3回で20,000円(税))が必要です。
※交通費(公共交通機関による)と治療費は全額医療費控除の対象になります。

ワキガクリーム初診料 3,000円(税別)
20g2,500円(税別)

ワキガ治療の安心ポイント

  • 1
    院長が担当する丁寧な診療・治療
  • 2
    医師も自ら選択する治療法
  • 3
    子供から高齢者まで施術が可能
  • 4
    傷跡が残りにくく、術後の痛みも軽減されます。
  • 5
    医療費控除の対象
  • 6
    他の治療の再発への対応も可能
  • 7
    ダウンタイムが少なく日常生活、スポーツも可能

院長紹介

院長・医学博士 末武信宏

  • 1987年 国立岐阜大学医学部卒業
  • 1987年 岐阜大学医学部附属病院第一外科入局
  • 1995年 日本美容外科学会認定専門医
  • 1996年 さかえクリニック開業
  • 2011年 医学博士取得

ワキガの麻酔

ワキガの手術には多量の麻酔が必要で、少なからず麻酔による身体の負担が避けられません。

※EL(Electrolysis)法では、麻酔は0.1~0.2%のキシロカイン、手術時に使用する1/10~1/20の濃度の麻酔で、麻酔量も1/2以下ですのでリスクはありません。つまり、手術の場合はEL(Electrolysis)法の数十倍の量の麻酔を使用することが多いようです。

生理食塩水を混ぜて濃度0.2% Eキシロカイン(美容外科手術では1-2%の麻酔薬を15-20cc以上使用することがあります。身体への負担は少なくありません)でメイロンというアルカリ性の薬剤を混ぜてPH調整を行い極力麻酔の痛みが軽減できるように配慮させていただきます。

ワキガでご自身が悩まれている数多くの医師やそのご家族は手術を選択せず、注射による治療、EL(Electrolysis)法を選択して当院で受けられています。

一生に一度の治療です。正しいワキガ治療の情報を得て十分ご検討ください。

EL法は手術と異なり、出血による血腫形成や皮膚壊死といったことはありません。皮膚ダメージを抑えるため麻酔と同時に生理食塩水を注射します。
これにより汗腺以外の皮膚の組織へ熱ダメージが及ぶことを防ぎ、臭いと汗の元だけを選択的に除去します。

麻酔を注射で打つため内出血を一時的に起こすことがありますが、1週間程で消失します。

EL法は、細いニードルで熱を発生させるため毛穴に一致した軽い炎症が起こり、1-2週間程赤みが残ることがあります。また、熱凝固で皮下の周囲組織も収縮するため、1-2週間程突っ張った違和感を感じることがあります。
一時的に毛穴に一致した色素沈着が起こることがありますが、1-2週間程で消失します。

通院不要でできるような治療は手術ではありませんし、絶対に手術を行った場合は数回の通院ケアが必要になります。

特に、術後の安静と固定は、わきが・多汗症の手術後の結果や傷の状態を大きく左右します。固定が不十分であれば、皮膚の下に血腫を形成し皮膚が壊死を起こす可能性が高くなります。皮膚が壊死を起こすと、傷跡が醜くなり、目も当てられないほどの惨状になることもあります。

ワキガ手術後の傷跡

ワキガ手術後の傷跡

よくあるご質問

大きく分けて以下の7種類の治療が国内で行われています。
1) 手術
2) 注射
3) EL(電気分解法)法
4) HIFU(高密度焦点式超音波)
5) ミラドライ
6) ビュー・ホット
7) 塗り薬

患者様の中には多くの医師やそのご家族がいらっしゃいます。医師であれば手術のリスクや効果の限界、負担に関し十分理解しています医師が自らワキガ・多汗症で悩んでいる場合、最も選択され支持される治療法がEL法です。

世界中で行われているワキガ・多汗症治療で最も有効性が高く永久的効果が見込められる治療法は、EL法だけだと断言できます。
理由は、汗や臭い黄じみの原因であるエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺を一つずつピンポイントで破壊する治療法だからです。臭いや汗の原因の汗腺を広範囲に破壊できます。

注射による治療が施術後は全く痛みを感じません。EL法もほとんど痛みを感じませんが、施術後痛みを全く感じないのはボツリヌストキシン注射です。

ダウンタイムがないと大きくPRされているミラドライ、ビューホットは施術後に強い痛みを長期間感じたり、強い腫れが出現することが稀ではありません。これは施設によって看護師が施術を行なっているケースがあるためです。
当院へもミラドライ、ビューホットによる熱傷でご来院される患者様が複数いらっしゃいます。

どんな治療でも最新機器を使用するからといって、最大の効果や最善の効果が出るわけではありません。
確かにシステムや理論は優れていますが、施術者の技術を補足するだけで選択性がなく、ランダムに皮膚全体を熱を加える治療法のため正常表皮や真皮が不要なダメージを少なからず負ってしまう欠点があります。
しかも多くの施設が1回で完治すると広告していますが、これは医学的に考えてもありえないことです。
1回で完治するような強力なエネルギーを皮膚へ与えると、選択性がないミラドライやビューホットでは正常皮膚構造へ熱ダメージが大きく作用し、酷い熱傷を起こしてしまうリスクがあります。
ピンポイントで行うEL法に比較してこの点も大きく劣っています。

これは、誰も回答できないというのが真実です。
理由は2-3年前に出現して、国内の臨床で使用され始めた新しい治療だからです。
メーカーも治療している医師も含め、誰も長期的効果を確認してはいないのです。
施設によってプロトコールや機器の出力設定などがバラバラで、施術者も専門医ではなく看護師によるケースも有り長期的な効果を出すパラメータも存在しません。

EL法は20年以上電気分解、凝固による治療を毛包を中心と行うことで、ワキガ・多汗症の治療として長年使用され永続的効果に近い効果が確認されています。(近いという意味は、このEL法ですら20年以上の歴史で人生の80年以上の経験を積んでいないためです。)医学的常識として20年以上も再発がなければ長期的効果を獲得できたと考えても良いでしょう。

子供のワキガ・多汗症は、大人と比較して再発の可能性も高く困難です。
皮膚組織の再生力が高く成長期の場合は、しっかり期間を開けて慎重に治療を実施する必要があります。
このためミラドライやビューホット、手術のように1回で治癒することは絶対にありえません。
EL法のように最低6回の治療が必要になります。1回で完治するという宣伝文句で施術を受けても効果がない場合も少なくありません。

残念ながら1回でリスクやダウンタイムもなく、必ず満足できる長期的効果を得られる治療は存在しません。

手術のように広範囲に治療を行い2週間ほど入院する場合は1回での効果も大きいのですが、傷跡が確実に残り、術後のダウンタイムが長期に続く、痛みがあるなどリスクなく手軽にできる治療ではありません。
もしも、1回で最大の長期的効果を望まれる場合は、EL法とHIFU法によるコンビネーション法がリスクもダウンタイムもありません

HIFUは超音波を高密度に汗腺の部分へ集中させ熱凝固させる方法で、アポクリン、エクリン汗腺いずれも破壊することができEL法とも同時に併用できる治療法です。単独では効果が弱いのですが併用することで中等度以上のわきが・多汗症でも1回で大きな治療効果が得られる唯一のコンビネーション治療法です。

これには下記のような理由があります。
・技術的に困難で技術習得に時間が必要
・EL法のシステムの販売は現在、されておらず機器導入が困難
・時間と手間がかかり専門医が直接全て行う必要があり、クリニックの経営的にメリットが少ない
・複数回の治療が必要
・EL法の研修施設がなく技術指導できる医師がほとんどいない

このため専門医の治療技術ではなく、機器のみに効果を頼るミラドライ、ビューホットが普及しています。

効果はもちろんですが、専門医が採血、治療、ケアまで全て責任を持って治療を行う事です。

EL法は患者様にとってあらゆる治療法の中で最も優れた治療であり、ワキガや多汗症で悩まれている多くの医師も自ら受けられている信頼できる治療法です。
短期的にはボツリヌストキシン注射、長期的な効果を期待されるのであればEL法です。

お問い合わせ

さかえクリニック院内写真

名古屋市の美容皮膚科・美容外科

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
休診日:水曜日、不定休有り 
営業時間:10:00〜19:00

TEL.0120-566-680
TEL.052-953-9676

地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 徒歩1分地下鉄東山線「栄」駅 徒歩4分