二重瞼手術の糸・針

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

30年間美容外科手術を行ってきましたが、手術で使用する機材にはこだわりを持っています。
二重瞼埋没法手術の糸針は一般的には外科手術で使用する片端針とは異なり両端針と呼ばれる糸の両側に針が付いたものを使用します。

美容外科医になった頃複数のメーカーの糸針を使用して 最も使用感が良く優れていると判断しました 河野製作所 https://www.konoseisakusho.jp/が製造しています クラウンジュンのブランドの両端針をずっと使用して手術を行ってきました。

最初のころは9-0という世界で最も細い糸針の両端針を使用して手術していました。腫れや粘膜面をすくう時のダメージが極限まで抑制される究極の糸針です。
欠点は切れやすいこと。
最近では7-0の両端針を使用して手術を行っていますがクラウンジュンは他のメーカーの糸針より同じ7-0でもかなり細く 縫合には技術と経験が要求されます。
丸針の先端をカッティングして角張仕様にアレンジして制作していただいたオーダーメイド製の糸針を使用しています。
決して安くありませんが、仕上がりの良さや安心感でずっと使い続けています。

この糸針のメリットは 瞼の組織に与えるダメージが極限まで抑制され内出血や腫れのリスクを大幅に軽減させることができます。
シャープな切れにより スムーズな針の刺入で術後の痛みも全くありません。
世界一の糸針接合技術を持つ 河野製作所はギネス級の細い糸針を開発製造して血管縫合などミクロの手術のための糸針を医療分野へ提供している 日本が誇る最優良企業なのです。https://www.konoseisakusho.jp/episode/micro/

肉眼では見えないほどの糸針の接合部分。
素晴らしいモノづくりの日本の技術なのです。
世界最高峰とも評価されるこのメーカーの糸針を使用して二重瞼手術を行ってきましたことは美容外科医としての誇りでもあり患者様へ最高の医療サービスを提供している自負があります。

ディスカウントして責任を持たない美容外科手術が最近 ネットでも問題視されていますが、本来の美容医療は患者様を幸せにする美容医療であり 手術材料を含め クオリティの追求こそ 本当に満足いただける結果を生むと確信しています。


https://www.sakae-clinic.com/petit/futae
contact@sakae-clinic.com
0120-566-680