わきが治療、ミラドライは本当に無痛か?

痛みイメージ

わきが治療、ミラドライは本当に無痛か?

痛みイメージ

ミラドライの治療を受けられ 再発もしくは全く効果が認められないということで再治療のご相談が急増しています。

ミラドライの治療を受けられた患者様のほとんどが 激痛だった、1週間以上腋の皮膚が腫れあがり 痛みで満足に睡眠もできなかった、あまりの痛みにずっと鎮痛剤を服用していた…など

 

広告、PRには無痛治療を謳っていることも少なくないミラドライ治療

実際は、かなりの激痛を伴う治療であることは確実です。

 

手術を最初に受けられ再発されミラドライを受けられた患者様は手術の10倍以上の痛みで 驚いたと表現されていました。

 

どうしてミラドライ治療はそれほどの強い痛みを伴うのでしょうか?

 

手術以上に痛みが強い。

 

理由は面で熱傷を正常皮膚へも起こす治療だからです。

 

EL法が全く痛みが術後、出現しない理由は 点での熱作用、これに反してミラドライ治療は面で 皮膚全体・・・つまり正常皮膚へも大きな熱作用が起こり熱傷を引き起こすためです。

 

間違いなくすべてのワキガ治療法の中で最も痛みがダントツに強い治療です。

 

ミラドライ治療を受けられ全く痛みを感じなかったといわれる患者様は パワーが弱く おそらく効果も全く期待できないと想定されます。

 

看護師が施術を担当している医療機関では 酷い熱傷が起こったり、全く効果が無かったり、かなり問題が起こっていることも事実です。

このブログの内容を読まれて いやいや ミラドライは広告通り全く痛みを伴わないダウンタイムが無い治療ですよ と断言できる医師がいたら 是非、連絡いただいてその理論と実践をご教授いただきたいと思います。

 

アポクリン汗腺やエックリン汗腺を 1回の治療で 永久かつ確実に破壊するためには それほど簡単なことでもありませんし、ミラドライ治療1回で完治に至ることは かなり困難と言わざるを得ません。

まして看護師が行う治療で完治に至るケースは きわめて稀ではないでしょうか。

 

わきが・多汗症治療は 多くの手術も経験した専門医の下で受けられることをお勧めします。