涙袋は控えめに プチ整形の注意点

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

多くの芸能人の方々が、涙袋を人工的に作っているということで 涙袋のプチ整形ニーズが増えてきました。

ヒアルロン酸を下眼瞼の瞼の縁に注射するのですが、この量や位置がかなりポイントとして重要です。

過剰に注射されて ナメクジのようになってしまっていたり内側部位へ偏っていたり不自然な形状になっているケースも少なくありません。

 

ただヒアルロン酸を注射するのではなく その患者様の眼の大きさやバランス 下眼瞼の状態で注入量や注入位置を正確に決める必要があります。

 

この注射の手技は長年の経験が重要でディスカウントされた雑な注入技術とは大きく差が出てしまいます。

100点満点の結果を目指すのではなく80点を目指すこと。

もし足らなければ追加注入で。

この考えがリスクなく自然で確実な結果を生むことになります。

特に内側に入れすぎないように注意して注入します。

モニターの方の涙袋は自然に完成しました。