ワキガ・多汗症手術の再発

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

毎日、ワキガ・多汗症治療を受けられました再発のご相談が寄せられています。

最近 気温も上がり汗が気になる季節になってきました。

 

ワキガ・多汗症で悩む患者様は少なくありません。

現在、いろいろな治療法がメリットを強調されPRされる状況ですが 全ての症例で本当に永久的効果が期待できる治療法は、残念ですが EL法のみになります。

 

半永久的は永久的効果は望めないということで一時的な効果を意味します。

 

手術も 広い範囲に渡り しっかりと汗腺を 剪除された場合は永久的効果が期待できますが 美容外科のように外来で 狭い範囲を処理されたか 10数年前ブームになった吸引法ではほぼ効果が無く再発してしまっています。

 

手術は 血種形成、粉瘤形成、セローマ形成、拘縮、壊死、色素沈着、瘢痕など 多くのリスクが避けられないので 美容外科医泣かせの手術でした。

 

傷痕をとるか 効果をとるか???

 

目いっぱい 剪除してしまうとこれらのリスクが飛躍的に高まります。

 

手術は用意でも固定法やその後のケアがなかなかむつかしく 経験豊富な専門医でなければ良好な結果は得られないと考えています。

 

以前は手術の再発治療のご相談が多かったのですが最近では 手術はかなり行われなくなりミラドライ、ビューホットといった治療後の再発の相談がほとんどになりました。

 

手術と比較して より効果が悪いと感じています。

というより全く効果が無かった症例が多く 中には100万円以上の治療費用を支払って 醜い傷跡だけが残ったケースもありました。

 

1回で大きな効果を期待することはいかなる治療法でも無理です。

これはワキガ・多汗症を数多く治療して長期予後をしっかり確認している専門医なら常識ですが、一度もワキガ・多汗症の手術を行ったことが無い医師が 最新機器で治療を謳い看護師に施術させている医療機関が少なくないという現状に驚いています。

 

このブログを読んでいただいた患者様には 後悔をしないよう 治療を受ける前にセカンドオピニオンを聞く余裕を持っていただきたいと思います。