EL法治療イメージ

全盲の患者様の治療

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

全盲の患者様が 兵庫県からお越しいただいています。

 

すでに3回目のご来院ですが・・・ご予約の際には 全盲とお伝えされなかったので初めてクリニックへお越しになった時にわかり、おひとりで数時間の道のりをバスを乗り継ぎ新幹線で名古屋までお越しになり、タクシーでクリニックのビルまで来てエレベーターで2階までおひとりで来られた事実を知って、仰天するとともに深い感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

腋の治療ですが EL法を選択され 本当に良いものだと直感されたということでした。

関西圏にいくらでも有名なクリニックや ミラドライやビューホットというメスを使用しない治療法があるにもかかわらず ネットで検索され 直感で当院を選択されたそうです。

 

お人柄も素晴らしく 教育者をされて 先天性の緑内障で視力を生涯持つことができないにもかかわらず 明るく 素敵な方で 自分の医師になった頃の病気を治す 使命という 心と気持ちを思い出させていただけました。

 

私の母も全盲でしたのでそのお気持ちや日常生活の制限などご苦労は身に染みてわかります。

全身全霊、心を込めて診療させていただきました。

帰りは 自家用車で名古屋駅までお送りし 切符が購入できる場所まで誘導させていただきました。

手土産としましてお菓子いただきました。

言葉がありません…

 

ありがとうございました。