ミラドライ施術後再発のわきが治療

当院でのワキガ・多汗症のご相談にご来院されます初診の半数以上の患者様は、他医院で 手術、ミラドライ、ビューホット治療を受けられ 再発されてしまったか全く効果が認められなかった、傷跡が残ってしまった傷跡相談になります。

再発治療は、初めての治療と比較して治療難易度が高くなります。

その理由は、いずれの治療でも瘢痕形成が存在し、麻酔時にスムーズな針の注入が困難でとても麻酔が効きにくくなることです。

ミラドライは表皮も含め皮膚へ少なからず熱傷を惹起する治療で 手術以上にこの傾向が強くなり 瘢痕形成が認められる患者様が数多くご来院されます。

痛みが無い、ダウンタイムが無い、腫れない、1回で永久的効果が得られる、・・・という治療の謳い文句はとても疑問であり少なくても医学的に考えても 不可能であると断言できます。

手術以上に腫れや痛みが術後に出やすいミラドライが魔法の治療のごとくPRされている現状に首をかしげざるを得ません。

ましてや看護師がミラドライ治療を行うこと自体、本来の医療とはかけ離れた行為であってはならないことだと考えています。