名義貸し事件

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

名義貸しが美容外科クリニックで行われていることも少なくないようですが、逮捕にまで至る事件になっていますケースがあります。

 

東京の美容形成外科医院に院長として名義を貸していたとして、警視庁生活環境課は12 日、名古屋市の男性医師(35)と三重県桑名市の男性医師(62)を医療法違反(管理義務など)容疑で書類送検した。同課によると、2人は「違法だと知っ ていたが、開業資金が欲しかった」などと話している。

同課によると、医師2人は2009年以降、無資格で美容手術をしたとして昨年11月 に警視庁に逮捕された美容形成外科医院「メディクリニック南青山」の元事務長、沢部勝仁被告(47)=医師法違反罪で起訴=の依頼を受け、同医院の院長に 就任。医院での勤務実態がないのにそれぞれ約470万円、約80万円の報酬を受け取り、事実上の名義貸しを行っていた。

名古屋の医師の送検容疑は09年6月~11年4月、同医院の院長としての管理義務を怠った疑い。桑名市の医師の送検容疑は11年4月~同年8月、保健所の許可を受けずに同医院の院長に就任した疑い。

 

責任を持った医療を行うためには 院長 = 担当医 =管理開設者 =経営者 という立場が望ましいようです。

都内の美容クリニックでは当院のホームページの一部を模倣した内容で施術を行っていることが判明しますが、このクリニックを推奨していたアフリエイターの奇異なサイト内容に危惧しています。

 

*当院で行いますEL法 すなわち電気凝固法は医療機器で専門医がすべて直接行うもので 都内で行われています電気凝固法とは異なり一切関係ありません。