熱傷治療

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分です。

最近、乳幼児の前腕部位の熱傷の患者様がご来院されました。

ファーストエイドとしまして消毒とガーゼによる被覆が行われていました。

SDB + DDB

 

とても残念ですが 熱傷処置で 消毒もガーゼによる被覆も不要です。

まずは冷却 → 創部の湿潤ケア

になります。

すでに3日間が経過し 治癒が遷延していましたので直ちに湿潤療法に変更し 3日目には上皮化が確認され 瘢痕なく治癒する状態となりました。

 

 

創のケアの知識は必要です。