フラクショナルレーザーのシステム・SELLAS

看護師先生の施術

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

本日、ニキビ跡のご相談にご来院されました患者様の皮膚の状態を拝見して驚きました。

陥凹と炎症後色素沈着…

えぐれてしまっている状態でした。

大手美容外科で看護師先生がフラクショナルレーザー照射を担当されたとのこと。

その施設ではあらゆる美容治療に看護師先生がご活躍されているようです。

ディスカウントする目的のためかどうかはわかりませんが打ち出されている価格は 当院では対応できないほど とびぬけて低価格です。

その施設からはたびたび看護師先生の担当されたフラクショナルレーザー照射後の熱傷や熱傷痕でのトラブル相談でご来院されますが、ここまで 治療を行う必要があるか疑問です。

 

フラクショナルレーザーは高度な知識と熟練した皮膚の変化を読み取る能力、設定パラメーターの適切な変更など 看護師先生では絶対に困難だと考えています。

 

熱傷や熱傷痕のトラブルが起こるということは、エネルギー設定やスポットのbeam照射数の設定ミス、施術後のケアが不適切に行われたことが要因として考えられます。

 

治療に熟練した専門医が責任を持って行う施設で受けないと後悔するする結果になる可能性があります。