PRP療法

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

今週は、オリンピック日本代表アスリートへのPRP療法を予定しています。

美容目的での施術が激減する中、アスリートからの問い合わせはありますが、残念ですがその多くはお断りしています。

過大な効果を期待された場合や 保険診療と同じように考えられたりされる場合は、すべて適応外とさせていただいています。

長年、臨床的に検討したプロトコールで 慎重に適応を選択して施術を行ってきました。

もちろんトラブルが起こったり副作用が起こったり全く効果が見られなかったというケースは皆無です。

 

治療には適応があり 事前の説明はもとより本人の希望や認識も大切ですね。

 

最近、PRP療法を整形外科的に実施し 派手にPRされている施設も出てきましたが 効果のPRに少し問題があるところもあり 本来の有効性や安全性が否定されないかと危惧しています。