EL法治療イメージ

ワキガ手術の悲惨な状態

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

昨日、過去に2度のワキガ・多汗症治療を受けられました患者様の再治療を実施いたしました。

手術をすでに受けられました患者様の皮膚は瘢痕拘縮が行っているので皮膚自体がかなり固くなり 麻酔も難しく少し痛みも伴います。

手術後のトラブルは血種や壊死だけではありません。

毛穴への角栓が詰まったり粉瘤が出現したり毛包炎が起こりやすくなったり…

術後のこういった状態で長年、苦しまれています患者様を診察するといつも思うのが、手術は行うべき治療ではないと。

特に女性にとっては醜い瘢痕が残ることは絶対に避けなければいけません。

術後の日常生活の制限もなく痛みもなく確実に永久的効果が期待できる。

しかも傷跡が一切のころない治療法???

本当に存在するのか?

答えは  YES です。

EL法であればすべての条件を満たすことができます。

しかし・・・ 残念ですが1回での治療ですべての条件を満たすことはできません。

素晴らしい有効性とメリットがあるEL法ですが 複数回の治療が必要となります。

これが唯一の欠点です。

しかし、ミラドライ、ビューホットの1回治療効果と比較した場合、永久的効果は決して劣ることはありません。

価格も1回あたりではミラドライ、ビューホットよりはるかに安価で 短時間で終了し 痛みもなく 腫れも出現しません。

多くの医師が実際このEL法を受けるために全国から訪れています。

現時点では最も優れた ワキガ多汗症の治療法であることを 医師人生をかけて患者様にお約束しています。

ミラドライ、ビューホット、手術を選択される前に ぜひ、カウンセリングを受け ワキガ多汗症治療の真実を知っていただきたいと思います。