医療安全への取り組み

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

さかえクリニックでは、より良い医療になるよう取り組みを日々行っています。

美容外科領域の医療施設は、生死にかかわる医療トラブルがクローズアップされます。

2017年度も残念ですが名古屋の美容外科クリニックで2件の死亡事故が報告されました。

当院ではリスクがある手術は一切に行わないという方針のため

豊胸手術

脂肪吸引

フェイスリフト

骨切り手術

ワキガ・多汗症手術

 

は、行わない方針です。上記の手術はリスクがあります。

いくら熟練の専門医でもリスクを完全に排除できません。

報道されない 大きなトラブルも実際は起こっています。

ワキガ・多汗症手術がリスク?と思われるかもしれませんが、皮膚壊死や血種、粉瘤形成、肥厚性瘢痕など少なからずトラブルが起こります。

医師の技術では限界があります。

 

すべてのリスクを限りなく100%なくすために私たちは安全性の確保するための指針を作成しています。

 

美容外科クリニックにありがちな 医療事故への対策の不備、院内感染症対策の不備が目立ちます。2017年には表面へ露呈しただけでも2件の美容外科手術に関します死亡事故が報道され人為的なミスが強く疑われています。

当院では、美容外科の標榜を掲げておりますがリスクの高い、豊胸手術、脂肪吸引手術は行っておりません。
専門医としてのスキル、医療施設としてこれらのリスクある手術に対応する装備が不足していると自認しているためです。

美容外科での医療事故は担当医のミスだけではなくスキルの問題や医療施設の装備不備、医療事故への対応、対策の不備によることがほとんどです。

患者様へより良い医療を提供させていただくためには、「良質な医療を提供するため体制の確立を図るための医療法などの一部の施行について」(平成19年3月30日付け医政発第0330010号)に基づき厳格な安全マニュアルをクリニック内に装備しスタッフへの教育、研修を行い、下記のごとく患者様への安心できる医療サービスのご提供に努めています。

1:医療安全管理に関する指針

2:医療事故防止マニュアルと指針

3:院内感染症対策指針

4:院内感染対策マニュアル