腋臭治療 ビューホットの傷跡

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

ビューホット、ミラドライは手術と違い、ダウンタイムが無い、痛みがない、傷跡が残らないとPRされていますが実際は大きく違います。

ビューホット、ミラドライによる治療を受けて再発されたばかりか、醜い傷跡が残ってしまった多くの患者様が傷跡の治療に来られるようになりました。

選択制の低い機械に頼った治療のため、皮膚の正常組織まで熱ダメージ損傷で熱傷を起こすケースが少なくないようです。

ビューホットでの治療後は、針での醜い熱傷瘢痕が腋の皮膚に無数に残り白く浮き出てしまっているケースが目につきます。

これは、熱傷性瘢痕。治療することが極めて困難な状態です。

もちろんすべての患者様がこのような悲惨な状況になるわけではありませんが こういった症例も少なからず存在します。

最新治療のミラドライ、ビューホット、1回で完治する、傷跡が残らない、ダウンタイムが無い・・・

ありえないと断言できます。

多くの患者様が2-3日 あまりの強い痛みで睡眠もとれなかったと話されています。

EL法ではありえないことです。

選択制のきわめて大きな EL法でさえも6回を推奨するわけで EL法よりも効果が劣る治療法が過大にPRされています現状を大変危惧しております。