わきが手術によるリスク1

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

わきが手術で最も重篤な合併症の一つに 皮膚壊死があります。

これは、術者がいかに注意を払っても患者様が手術部位の安静を保たないと起こりうることです。

特に手術後に安静を保たれない場合 出血して はく離した皮膚組織の下で血種が形成されます。

血種が形成されますと皮膚への血流は遮断され 皮膚壊死が起こります。

肉芽が盛り上がり上皮が寄って治癒はしますが、醜い瘢痕を残すことになります。

外来で安易に行う美容外科手術で 少なくない合併症です。

これほどのリスクを覚悟して 行う手術は効果も絶大というわけにはいかないのが現状です。

ミラドライ、ビューホットはその合併症のリスクがないとのうたい文句ですが…

熱傷による瘢痕が起こる可能性がありこちらも要注意治療です。