わきが治療の大きな問題点

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

最近、ビュー●●●というわきが治療の再治療のご相談が急増しています。

酷いやけどの跡の状態や術後の耐えられない強い痛みなど。

効果も半年で一切なくなり 負担と金額が高額な治療にもかかわらず施術を受けた意味が分からないと憤慨されています患者様も少なくありません。

理論的には優れた治療のように想定されますが実はいろいろな問題点があります。

 

1:ランダムに肌に針を刺し 深さやエネルギーが微調整されているようで実際はされていない

 

2:熟練の医師がまだ少なく効果が一定でない

 

3:看護師の施術する施設も存在し 全く効果がないケースも少なくない

 

看護師の治療機器を使用してわきが治療行為が医師法違反かどうかはグレーな部分もあり私には分かりませんが…

 

4:表皮熱傷を起こすリスクが少なくなく術後の痛みが強い

 

・・・

実際のPR広告とはかけ離れた印象です。

EL法と比較しても効果や安全性のレベルは全く比較にならないほど かけ離れています。

他の治療法と異なり EL法は1回の施術ではありませんが術後の痛みもまずなく、安全性や有効性は確実です。

 

もし・・・EL法がビュー●●●治療や ミ●●●イに 劣る治療法であれば 私は直ちに美容外科医を辞めます。というほど効果や安全性に関しまして断言できます。

 

これはいずれの治療も HP上で 1回で大きな治療効果をPRされていますが手術のことを考えても正常皮膚へダメージなくランダムに行う治療では、治療効果や安全性には限界があります。

無理をしないこと、ピンポイントでしっかりとアポクリン汗腺を中心とした汗腺群を破壊すること

専門医が直接責任もって行うこと。

これが大切なことです。

25年以上美容外科医として手術も経験し 最近、看護師でもできる???という理解しがたい わきが・多汗症の治療を受けられ 再発や痛み、傷跡で悩まれている患者様が少なくないことを  再治療を求め 全国から相談に訪れます自分の経験から大変、危惧しております。

業者も利益優先で 看護師でもできますよ、大きな効果が期待できますよ、リスクもありませんよ。と長期予後もわからず 推奨して医療機関に導入させる態度は問題です。

このブログを読まれて 反論やご意見等 期待しております。