わきが・多汗症治療の全て

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

わきが・多汗症治療に関します情報をできる限り詳しく提供できるようにしました。

 

再治療のご相談が急増してきたので 後悔無く最初に選択して間違いない治療法の解説をしています。

看護師が行う施術は 医療行為ではなく効果もまず期待できないと考えてよいかと思います。

治療目的の医療行為であれば医師が担当する必要があり 看護師が行う医療関連行為はあくまでも医療補助です。

注射、採血や処置の後の処理など。

治療行為は医師法違反もしくはきわめてクロにちかいグレーゾーン行為と考えられますので 責任をもって患者様の治療を行う意思は絶対に看護師に治療を担当させることはありません。

医師の指示があったとしても 常識的には 直接の治療を目的とした医療機器での高周波やレーザーの照射など医療行為はできないと考えます。