PRP療法

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

アスリートの方々からPRP療法のお問い合わせが、増えています。

しかし、PRP療法は適応がありどんな整形外科的疾患、外傷に対応できるわけではありません。

魔法の再生治療ではないのです。

国内ではアスリートに対するPRP療法も少しづつ実施されているようですが、複数の世界レベルのアスリートへの実施は当院だけです。

PRP療法は国内ではプロトコールが確定しておらず プロトコール作成には多大の労力と時間、費用を費やしました。

キットも個人輸入に頼り 国内では有効なキットがすぐに手に入りません。

 

多くのトップアスリートの皆様のお身体を張ったご協力もあって アキレス腱障害、靱帯損傷など比較的表在性のスポーツ障害に関しましては有効性や安全性が確認され 多くのトップアスリートが治療効果を実感され ケガから現場復帰を短縮されたり 引退を回避することができています。

 

一部の症例ですが、その具体的な実施をまとめてみました。

 

このサイトが一人でも多くのアスリートの皆様のご参考になりましたら幸いです。

写真は、テニス肘でトーナメント出場休養されていました プロゴルファー 平塚哲二選手(ツアー勝利6回 最高年間賞金ランキング2位)です。

驚異的な回復を見せ 見事ツアー復帰を果たされています。