パラリンピックを終えて

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分です。

PRP療法で劇的なジャンパーズニー改善、パラリンピックへ出場された 男子走り高跳び  4×100Mリレー 日本代表  鈴木徹選手 いずれも4位入賞でした。
メダルにはあと一歩でしたが 近年、パラリンピックのレベルは目覚ましくハイレベルになってきています。
陸上という日本人が大きな体格ハンディの中、素晴らしい成績だったと思います。
しかも欧米の方が障害者やアスリート支援の環境は抜群だからです。

http://torustyle.blog45.fc2.com/blog-entry-100.html

リオまで4年。

5度目のパラリンピックを目指されるかわかりませんが、現役続行の意志が鈴木選手にある以上、ずっと応援させていただきたいです。

PRPの効果は本当に素晴らしいと感激していただき、結果も残せたので、今後、多くのアスリートの力になると確信しました。