傷への消毒、意味のない静的ストレッチ、大反対!

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

4月5日の中日スポーツを読んでびっくり仰天…
小出ランニングアカデミーで 佐倉アスリート倶楽部 五十嵐利治コーチがアドバイス・・・という内容で。
マメにはしっかり消毒・・・ありえない行為です。
どこでもストレッチ・・・現在のスポーツ医学では静的ストレッチの有効性は否定されています。http://www.topathlete.co.jp/blog/blog01/

坐骨神経痛に 縁石ストレッチを推奨。…全く科学的根拠はありません。
ハムストリングを坐骨神経痛があるときに無理に伸ばせば悪化する可能性もあります。
医学的知識が全くない 五十嵐氏が自信満々に持論を紙面に展開されていましたが 現在医学ではありえない行為であり この掲載記事を読んでアスリートが真に受けて行えば健康被害が起こることは確実です。

マメに消毒すれば痛みでランニングどころではなくなりますし、感染のリスクは確実にアップします。

しかも、ドライヤーで乾燥させろ!とありますが、浸出液は傷を治すための大切な役割があり 乾燥させれば治癒が遅れます。
痛みが出たら まずアイシング・・・とんでもない!!!
アイシングすれば痛みの閾値が低下し痛みが増加するだけでなく循環が悪化して慢性炎症の治癒が遅れます、

こんな指導者が堂々とランナーを指導している実態を何とかしなくてはいけません!

スポーツ界にもエビデンスを!

もっと指導者は勉強してください。
子供たちやアスリートに健康被害をもたらさないように!