528音楽と自律神経

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

音楽は自律神経へ影響を与えることは確実です。

 

音楽の音は周波数で成り立ちますが その周波数による生体への影響は最近注目されています。

その中で注目度が高いのは 528Hz

いわゆる 528音楽です。

自分自身も 毎日BGMとしまして 聴いてとても関心がある音楽です。

 

自律神経に関しまして長年 研究を行ってきましたが 自律神経へ大きな影響を与えると 過剰にPRされています 528音楽の商業ベース手法に 大きな疑念と 可能性を否定さる危うさを 危惧しています。

 

自律神経への影響を謳う以上 その根拠が必要になります。

どのように自律神経への影響が測定され分析され科学的統計がとられているのか。その検証や 実験での条件統一や信頼性。

少なくとも私が調査した結果では臨床的には 皆無です。

医学的学術論文も存在しません。

 

自律神経専門医が ?と考えている事実を 自律神経専門医でない方が断言する という矛盾。

 

音楽と自律神経との関係は 多くの論文で確認されエビデンスもほぼ確立されていると考えましても問題ないと思いますが、528音楽に関しましては研究発展途上です。

にもかかわらず 大々的に有効性が誇張され ビジネスに利用されている現況に ? と思います。

 

決して この方向性は正しい方向性とはいいがたいものです。

せっかくの 528音楽が 扇動する人間の過大なPRによって 怪しい音楽の分野に分類されてしまうリスクもあります。

 

毎日 楽しんで聴いています528音楽も みんなが素晴らしい 感動的 癒される 自律神経に効くようだ と良いことばかりを誇張する現況にとても違和感を覚えるようになりました。

 

扇動する人間が利益を追求し 本質を見失っている気がしています。

扇動する方々には  常識ある対応 を求めたいです。

528音楽の可能性を信じ 大切にはぐくんでいきたいと考える自分とは次元が異なる ビジネスマインドには NG とお伝えしていきたいと思います。