レーザートーニング

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

肝斑という女性特有のシミのご相談が増えています。
ここ数年前までは治療法が、内服薬と外用薬しかありませんでした。
数年前に レーザートーニングという技術が開発され YAGレーザーの光を皮膚へフラットに照射する技術で 肝斑の治療が可能となりました。画期的なことです。このシステムはなぜか?あまり普及していませんがその効果は絶大。

YAGレーザーにより角質も蒸散してピーリング効果も大きい治療法です。

現在では 効果がとても悪い ケミカルピーリングは行わなくなりました。
痛みや肌へのダメージの割には得られる効果が大変少ないというのがその理由です。
私も15年前からケミカルピーリングを行ってきましたが5年ほど前から 中止しました。
当時はレーザー機器も未熟でケミカルピーリングの意義は大きかったのですが、医学や医療機器の進歩とともに 古い医療行為になってしまいました。携帯電話が急速に進歩して 公衆電話がなくなってきたのと似ていますね。