クリニックエントランス

アンチエイジングで国策を

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

昨夜は 参議院議員 片山さつき先生がクリニックへ寄られました。
中部財界倶楽部のご講演でお会いして以来になります。
アンチエイジングや新しいトレーニングシステム構築に強い関心を示されていて 大学での研究や今後の取り組みを聞いていただく時間を持っていただきました。現在、最先端医療でも美容分野と一部のアンチエイジング医療は 韓国に大きく水をあけられています。つまりこのままでは日本の抗加齢医療はますます遅れを取るということです。
海外では システム開発に国家プロジェクトとして開発メーカーを保護、育成するシステムが整備されていますが残念ですが国内ではまだまだ。医師の中でも未だに韓国より日本の企業が レーザーシステムの開発で進んでいると勘違いされている方もいます。

医師がこれでは政治家は???でしょう。

美容分野だけではなく健康分野でも素晴らしいシステムや新しいエクササイズが ロコモティブシンドロームを改善し、高齢者の身体能力を向上させます。
骨そしょう症を予防し、寝たきりを防ぐ大きな武器になるでしょう。

是非、片山先生にも国内におけるアンチエイジング医療の普及や研究に関しましてご尽力いただけたらと願っております。