PRP・再生医療が美容・スポーツ界へ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

PRP療法 が国内に導入されて数年が経過しましたがそのほぼ全てが美容を目的とした診療へ使用されています。

しわの改善、たるみの改善、肌の張りなど 目覚ましい効果が期待されるPRP療法ですが、PRPを製作するキットで治療効果に大きな差が出現します。

ディスカウントした価格でPRP療法を行っています大手美容外科がありますが、単純に採血スピッツに血液を採取し遠心分離し 血漿を注射している施設も現に存在します。
PRPではなく PPPです。

血小板の濃度により効果も異なりますが、血漿の状態にもよることが最近分かってきました。

糖尿病やステロイド投与を受けている患者さまのPRPはコラーゲン再生能力が低下しているようです。
つまりコンディションによっても効果が左右されます。

私どもは My Cell Kit を使用してPRPを行っています。

FDAが唯一 生体への投与を認可しているKitです。

イスラエル製になります。

フィルター機能も付いて不純物の混入が少ない良質のPRP採取が可能となりました。

アテネ・北京オリンピック日本代表で元日本記録保持者の男子110MHの内藤真人選手が国内で初のPRP療法によりアキレス腱炎治療を受け 長期アキレス腱の痛みで苦しんでいた状態が改善され 復活したことが本人の取材から公開されました。

http://www.rikujouweb.com/

http://www.naitomasato.com/

順天堂大学医学部のバックアップにより国内で初のPRP療法のアスリートケアを昨年より行い これまで良好な結果が内藤選手で得られました。

海外ではオリンピック金メダリスト、メジャーリーガー、タイガーウッズなど超1流アスリートがこの治療を受け 怪我から早期復活を果たしていることがすでに報告されています。

現在、慎重に被験者を選択して臨床研究を行っています。
国内初の試みに各界から注目されていますが、素晴らしいこの治療法のプロトコールを作成し 怪我で悩む多くのアスリートや スポーツを楽しまれる方々への貢献ができれば嬉しく思います。

今回の実験、研究には、順天堂大学医学部付属順天堂医院 整形外科、 株式会社 ベリタス様のご指導、ご協力のもとに行われました。
自らを被験者として国内初のPRP療法のアキレス腱治療に挑んでいただけました内藤選手の勇気とご意向に心より感謝申し上げます。
アキレス腱の痛みで 練習不足が続いた中、復活を遂げた 内藤選手が日本陸上選手権大会で優勝され アジア大会日本代表の切符をつかまれること心よりお祈り申し上げます。