傷には消毒は厳禁

傷には消毒は厳禁

いつも子供が傷に幼稚園で消毒されてしまうので 僭越とはおもいましたが先生方へ助言をさせていただきました。

正しい傷・やけどの治し方

大切なわが子を 誤った治療から守るために!
傷治療のプロフェッショナル 美容外科専門医からのアドバイス

日常の場では、子供達の傷・やけどに数多く遭遇することがあると思います。

私の子供の時も同様でしたが、傷にはすぐ消毒、ガーゼ、乾かしてできる限り早くかさぶたを作らせる・・・毎日、病院で消毒へ通う。

という処置を強制的に行われてきました。

このような傷に対する誤った処置を医学が進んだ現在も 多くの医師や保護者様の下で行われている現状が残念に思います。

私の20年の外科医・美容外科専門医としての経験からいいましても

1:傷は絶対にマキロンやキズドライ、イソジンなど消毒薬で消毒しない

2:傷にガーゼを当てないこと

3:受傷直後は、水道水の洗浄を行い ハイドロコロイド材で覆う(ハイドロコロイド剤がない場合は、食品用サランラップで覆うだけでOK)

といった応急処置で必要十分です。

子供の傷にいきなり消毒薬を塗布されますと 強い痛みから子供が恐怖心を与えるだけでなく傷跡の治りも大変悪くなります。

皆さんも決して傷を消毒することがないようにご注意申し上げます。