エステの問題

エステの問題

エステティックサロン大手のラ・パルレは、東京都から特定商取引に関する法律及び東京都消費生活条例に基づき、2008年3月25日から同6月24日までの3ヶ月間、東京都内17店舗の業務の一部を停止する命令・勧告を受けた。同社が08年3月24日に発表した。東京都以外の店舗は通常通り営業する。
処分を受けたのは、(1)支払い能力の乏しい若年層に対して、返済困難な高額契約をさせていた、(2)誤解を与える広告で誘引し、迷惑を覚える勧誘をしていた、などの理由。具体的には「必ずやせる」などと勧誘したり、無料エステを体験した際に、「契約しなければならない」などと虚の説明をしていた、としている。

昨日の記事です。

ローンを勧めてまで施術させる行為は問題ですね。
つまり正常な判断を奪い高額な金銭を獲得する目的であり お客様へ良質なサービスを提供することとかけ離れた行為ですね。

クリニックへもエステで100万円を超えるコースを強要され全く効果がないばかりかニキビが悪化し醜い痕が残られた患者さまがこれまでも多く来院されています。

無資格者が営利目的のみで行うと歯止めが利かなくなります。

こういう事件は、美容業界にマイナスなイメージをもたらします。
先日も美容外科で高額な治療費を請求された事例が新聞で紹介されていました。

さかえクリニック