美容皮膚科

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今日は知人へボトックスを施術しました。

もちろん、しわ治療を目的としました施術です。
昨今、美容皮膚科が全国にタケノコのように乱立してきました。
残念ですが、しっかりしたトレーニングを受けていない医師が見よう見まねで施術を行いトラブルが多発している現状もあります。
注射だけだから簡単に施術できるから ちょっとやってみよう・・・
こんな感じで 皮膚科医が美容皮膚科領域に安易に参入してきています。
しかも、いきなり カリスマ美容皮膚科医として メディアへ登場するケースもあります。
外科的トレーニングを受けていないのにいきなりプチ整形やコラーゲン注射を行うことは医師としていかがでしょうか?
注射一つでも 技術や知識、考え方、・・・大きく違います。

しかも、営利追求のため 粗悪な材料を安価で仕入れあたかも 本物のボットクスを使用しているようPRして安価で患者さまを集めている医療機関が存在することも事実です。

アメリカのアラガンという製薬会社の製品だけがボトックスと呼べる商品ですが、最近は中国製や韓国製の安いものが出回っているので注意しましょう。アメリカのアラガン社製ボトックス以外で、中国製のBTXAやイギリスのイプセンという製薬会社から発売されているディスポートという安価なボトックスが出回っていますが、これらはゼラチンなどの不純物が多く含まれているとか、効果が弱いなどの問題点が指摘されていて、安全性も確認されていないこともあります。ボトックスは全て同じと思いでしょうが、生成法だけでなく安全性や効果に大きな違いがあります。 FDAやMDAといった公的機関が認可しているのはアラガン社製ボトックスだけです。

中国製品の問題点が大きくクローズアップされる中、医療機関での中国製の品質も注意が要求されます。

質の高い医療、情報を患者さまへ提供することも美容皮膚科医の使命と考えております。

現在も初心に戻って勉強会へ出席させていただいております。

セミナーへの参加は新しい発見があります。