高気圧酸素療法

高気圧酸素療法の過剰な報道に警告

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分です。

夏の甲子園で優勝した早稲田実業 斎藤投手が使用した、「酸素カプセル」こと高気圧酸素療法が話題となっておりますが、9月7日発売の「週刊新潮」誌にて警告を出させていただきました。

高気圧酸素療法は、私共「さかえクリニック」では医療機関として日本で最も早くこのシステムを5年前から導入、プロを含む多くのアスリートへのケアに使用しております。
トップアスリートへの使用実績は国内最多と考えております。しかし、長期に渡り頻繁に使用させてはいません。
骨折、肉離れの医学的治療として、極度の疲労回復、ストレスによる自律神経機能低下など、目的を絞っております。あくまでも数ある治療の中のひとつとして施術します。
魔法のカプセルの如くメディアが論じることに違和感を覚えます。