ヒトコラーゲン

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

クリニックへコラーゲン株式会社の担当者が来院されました。
4月9日に六本木ヒルズで開催されます 第90回 日本美容外科学会  ヒアルロン酸・コラーゲン等注入剤の最新情報 のシンポジストとして発表を依頼されました。

これまで何度も学会でコラーゲン注入に関する発表を行ってきました。
美容外科医として14年以上のコラーゲン注射の経験は国内でも5本の指に入る臨床症例数と言われました。以前はウシコラーゲンを主として使用していましたがBSE問題でウシコラーゲンは避けられるようになりました。
しかし、厚生労働省が認可しているものはウシコラーゲンだけです。
ヒトコラーゲンはFDAが認可しているため使用に関しては全く問題ありませんが、ヒアルロン酸はFDAさえ認可していないものが多いようです。
勿論、厚生労働省は認可していません。
ヒアルロン酸はアレルギーが起こらないと言われていましたが実際はアレルギーを起こした症例が出現して問題になったこともありました。

私は、ウシコラーゲン、ヒトコラーゲンを主として使用してシワや傷跡、ニキビ痕の治療を行いますが、プチ整形には持続性の高い効果が期待できるヒアルロン酸を使用することが多くなってきました。
32ゲージと言う特別細い針で注入を行いますのでコラーゲン注射は痛みは大変少なくなっています。リドカインという局所麻酔薬が含有されていて注入時の患者様の苦痛はご心配要りません。

今後も注入材料は数多く出てきますが、中国製や韓国製など材質の製品が安定していなかったり品質に信頼がもてない素材、異物の注入ということもあり患者様サイドでの十分な情報収集が必要です。
私どもでは信頼が置けない製品、臨床効果や安全性に問題がある製剤、生体への異物は一切使用しない方針です。