クリニックへの中傷の対応

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

いたずら電話やネットを使用した嫌がらせがクリニックにあります。
一般医療機関と異なり不特定多数の方へ電話やHPアドレスが提示させることも多いのである程度やむをえないかもしれませんが、度を越した中傷や嫌がらせには法的に対応せざるをえません。とても残念なことです。
以前私が、大手美容外科へ勤務していた頃はインターネットは普及しておらず、嫌がらせと言えば電話くらいでしたが、最近はインターネットでの掲示板やブログへ悪意の書き込みを行う方がいます。
私どものサービス姿勢に対して苦言を呈していただける患者様にはむしろ感謝の気持ちを持って日々精進を行う気持ちになりますが、一方的な中傷には、名誉毀損という法的な犯罪行為であると認識しています。顧問弁護士へ中傷、嫌がらせを行っている方への調査を依頼します。
もし、診療や対応に不満や疑問があれば直接、担当医師やスタッフへ伝えるべきと考えます。

治療費に関しましても治療費が高額と感じれば患者様は受けられないわけですし患者様に選択権があります。医療機関には選択権はありません。
私たちは来院された患者様へしっかり診療を行うだけです。

単価が安くても初診料や再診療が必要であれば、結局治療費は高くなります。当院では原則としまして施術費用以外には初診料や再診療はいただいておりません。
施術も全てナースや受付任せにしている場合と専門医が直接行う場合とは異なります。
新しい診療はなんでも即取り入れるといった姿勢も取っていません。

ボトックスも原料価格がアラガン社製のものより数分の一の中国製や韓国製の材料を使用して廉価に注射を行っている医療機関もあります。
医療サービスは安いから良くて高いから悪いものではありません。
同じブランド品が安くディスカウントショップで売られているとブランドショップへ中傷やクレームを言うお客様はほとんどいないと思います。

当院では書籍や資料をお渡しして説明やカウンセリングもしっかり行っております。
臨床医の経験も重要ではないでしょうか?
また、一般的な美容外科のように豊胸手術、脂肪吸引、フェイスリフト、骨きりなど単価が高額な施術を行ません。もっとも自分の医療技術がこれらの美容外科手術を全て患者様の満足が得られるレベルには無いと考えて行いません。
できない と患者様へ伝えることも医師の務めです。
当院はリスクが少しでも考慮され高額な施術は行わない考えです。
美容医療の普及のため確かに安価に医療サービスを提供することは重要と考えております。
診療費用の見直しサービスの強化、最新医療の情報収集、学術活動もこれまで以上に行っていきたいと思います。