感性を磨くために

美容外科医・美容皮膚科医はアーティスト。

色と形を私たちは先端テクノロジーを使って変化させます。

画家が、筆や絵の具を使って絵を描くように。

レーザーや高周波、超音波、IPL、ヒアルロン酸、BOTOXといった医療用機材や薬剤を使用して 形状と色へ変化を起こさせ 審美的な満足度を患者様へ 与えるアーティストです。

 

このため医学的知識や経験はもちろんのこと  感性が優れていなければ 患者様を満足させることはできません。

手先の器用さよりもセンスの良さ。

センスは磨くことができます。

日々アート制作に打ち込んでいるのは自らの感性を磨くトレーニングでもあります。

 

世界でまだ誰も目にしたことがない 美しいと評価を受けるアート制作を目指して日々精進しています。