鈴木徹選手、リオで悲願のメダルを!

鈴木徹選手、リオで悲願のメダルを!

パラリンピック陸上 走り高跳び 日本代表に決定しました 鈴木徹選手。
2m超を飛ぶ 片脚のハイジャンパー。
彼との出会いはロンドンパラリンピック前。
片脚でのジャンプの繰り返しで重症のジャンパーズニー。
ステロイドの注射を繰り返しすでに靭帯がボロボロの状態で階段を下りると行為すら困難なほどの痛みに苦しんでいました。
その時、当院で 為末大選手がPRP療法を受け 奇跡的に復活しレースに復帰したとの新聞記事を読んで連絡がありました。
自分にもPRP療法を施してほしい・・・・

3回の施術であれほど苦しんだ痛みがゼロに。
十分な練習も可能となり ロンドンではメダルこそ逃しましたが 走り高跳び4位 4×100Mリレーでも4位入賞の大活躍。
今季は絶好調 9年ぶりの日本記録更新 昨年にはアジア大会 4×100Mリレーで金メダル獲得。