ほくろ・イボ除去治療

保証制

再発の場合、再治療費は不要です。

1個 1mm 8,000円(税抜)自由診療
体のホクロは原則として保険適応になります。
ホクロ・イボなどの皮膚腫瘍の治療費は医療費控除の対象になります。

ほくろとは

ほくろのタイプ

ホクロ(色素性母斑)は、メラニン色素を含む細胞の塊です。
黒色もしくは茶色に見えることがほとんどですが、皮膚と同色で盛り上がったものや、深い部分でのメラノサイトが増殖した場合は青色に見えることもあります。

稀にメラノーマという悪性のほくろがありますが、肉眼での判別は困難な場合もあるため、ダーマスコープというマイクロスコープで診断するか、診断が難しい場合は切除を行い病理学的診断する必要があります。

ホクロのように見えてもイボ(尋常性疣贅)、しみ(老人性疣贅)、軟繊維腫であったり、悪性黒色腫のような放置してはいけない悪性腫瘍の場合もあり診察が必要です。

治療時間1個に付き1分程度
通院不要
疼痛なし

こんなお悩みありませんか?

  • 顔の目立つホクロを取って印象を良くしたい
  • 以前よりホクロが増えた気がする
  • ホクロがだんだん大きくなってきた気がする
  • メイクで隠すのが大変
  • ヒゲを剃るときに傷つけてしまう

ほくろのタイプ

ほくろの治療はタイプによって治療法が異なります。他の皮膚にダメージを与えない、炭酸ガスを媒体としたレーザーや電子エネルギーによる蒸散が有効です。疼痛もなく通院は不要です。

身体のほくろ除去は原則として、保険の利用が可能です。多数除去される場合は保険適応外になります。治療は院長が対応いたします。
また悪性・良性のダーマスコープによる診断も保険が利用可能です。良性の皮膚腫瘍除去では保険適応になる場合があります。

ほくろの治療法

サージトロンという機器の電子エネルギーでほくろの組織を蒸散させます。この治療法は傷の治りが早く、傷も目立ちません。皮膚への負担が少なく、効率的に治療が可能です。

ホクロの種類によっては、新しいシステムでレーザー照射で行います。ツリウムという媒体を使ったシステムで取り残しが少なく治療が容易になりました。

ラビアンBBレーザー

術後の傷は人工的に作成されたすり傷と考え、適切な正しい医療ケアを行えば2・3ヶ月後には目立たなくなります。

ほくろ施術前後、ホクロを蒸散、消失させると擦り傷状の薄いピンク色の真皮が現れます。創傷治療に準じてケアを行います。

取り残しの可能性も低く、効果的に治療できる方法です。術後の傷は人工的に作成されたすり傷と考え、すり傷の正しいケアを行えば数ヶ月後には目立たなく消失することも多いでしょう。 傷跡のケアは適切に行えば問題ありません。

特に盛り上がったほくろは色素が皮膚の深い部分に存在しないことが多く基本的には1回の治療で除去できます。 治療時間も1~2分と短く患者さまへの負担の少ない治療法です。

ほくろ除去後のケア

ほくろ除去後の創部のケアには創傷治療法を導入

当院では、創傷治療を行う医療機関として、ほくろ除去後の状態により創傷被覆材を使用してケアします。

リスク・副作用・合併症

ほくろは60%が水分、40%がタンパク質で構成されています。除去後は、人工的に擦り傷を作製したため、真皮が露出した状態です。現在の創傷治療理論では、かさぶたが出来るのを避け、湿潤療法で早く傷を治す必要があるため、医療用の特別シールを貼ります。感染や内出血、腫れといったリスクはほとんどありません。

色素が真皮の深い場所にあるほくろの除去は、複数回の治療が必要であったり除去できないこともあります。また、除去後に瘢痕が凹凸いずれかの状態で残ることもあります。

平らになっても除去後の皮膚は、周囲の皮膚より少し白い状態になる場合もあります。また、切除で行うか電気分解法かレーザーで行うかはリスクや術後の想定される傷跡、医師とよく話し合い、患者様のご希望で決定します。

料金

1個(1mm)

保証制 8,000円40,000円(税別)自由診療(保険診療適応外)になります。
※1mmにつき8,000円
※5mm以上は大きさに関係なく1個40,000円(税別)。
2個目から大きさに関係なく1個8,000円(税別)※再発の場合、再治療費は不要です。
麻酔費用・薬剤費・保証費用・創傷処置費用すべてを含む

・体のホクロは原則として保険適応になります。
・ホクロ・イボなどの皮膚腫瘍の治療費は医療費控除の対象になります。

ホクロ除去治療の流れ

  • 1
    お電話でのご予約
    お電話にてご予約を承っております。
  • 2
    カウンセラーより施術のご説明
    個室で専門カウンセラーが詳細にご要望をうかがった上で、施術法、施術内容のご説明をいたします。
  • 3
    院長によるカウンセリング
    院長 末武が診察させていただき、治療後の症例写真を提示して、治療の効果やリスク、具体的な治療法などをわかりやすくカウンセリングさせていただきます。
  • 4
    施術のお申込み・お支払い
    施術内容にご納得いただけましたら承諾書へのサインをいただき、施術料金をお支払いいただきます。
  • 5
    院長による治療・施術
    お顔の治療の場合はメイク落としは不要です。
  • 6
    アフターフォロー
    アフターケアの料金は施術料金に含まれております。帰宅後ご不安な点などございましたら、お気軽にフリーダイヤルやメールカウンセリングよりご相談ください。

よくあるご質問

当院では電気分解法もしくはツリウムという媒体のレーザーを使用しホクロを蒸発させる方法で除去します。
麻酔を使用するため治療中の痛みは心配いりません。また、炭酸ガスを媒体としたレーザーを使用した除去法や切開法とは違い瘢痕が目立ったり、周りだけ黒く残ることはありません。

大きくてもきれいにとれます。
平面上のホクロは根がある場合があるため、盛り上がっているホクロの方がとりやすく、再発する可能性も少ないです。一般的に盛り上がったホクロの方がきれいに除去可能です。

診察券を保証書の代わりとしていますので、診察券をお持ち下さい。
何度でも無償で再治療させて頂いています。
但し、患部の赤みが消えてからとなりますので、治療後4ヶ月経ってから治療させて頂いています。

抗生剤と炎症を抑える軟こうを塗布し、医療用シールを貼ります。
シャワーなどで洗って頂くことは可能ですが、取れてしまった場合はご自分でシールに貼り替えて頂き、48時間は必ず貼ったままにして頂きます。
そうすることで、傷が早くきれいに治ります。

痛みを感じるのは麻酔の注射時のみです。
大きさにもよりますが、1個1~2分程度ですが、その後の処置の時間を含めると、5分程度になります。
胸の真ん中や肩など傷が治りにくく瘢痕になる可能性の部位もございますので、カウンセリングの際、必ず院長が診察します。まぶたや唇、耳、頭皮などのどの部位でも原則として治療可能です。

ダーマスコピーという特殊な顕微鏡で良性か悪性か必ず診察させて頂きます。こちらは保険適応可能です。

診察させて頂いた上での判断となりますが、基本的に顔は自由診療になります。
ホクロの種類や身体の部位によっては保険適応の場合もございます。悪性を疑った場合は、全て保険適応で除去可能で病理組織診断を行います。

人工的に擦り傷を作るので、傷が治るのと全く同じような過程です。
ほんのり赤い程度が1~2ヶ月続きますが、お化粧で隠れる程度です。

クリニックのご紹介

院内紹介

院内写真

さかえクリニック院内写真

担当医紹介

院長・医学博士 末武信宏

  • 1987年 国立岐阜大学医学部卒業
  • 1987年 国立岐阜大学医学部附属病院第一外科入局
  • 1991年 アジア臨床・研究医療機関を代表する長庚記念病院、形成外科、美容外科部長、蔡博士の指導下、全般の美容外科手術を研修。
  • 1993年 全国主要都市の大手美容外科クリニックで美容外科医の指導、チーフドクター
  • 1996年 さかえクリニック開業
  • 2011年 順天堂大学医学部大学院 医学博士取得
  • 2012年 順天堂大学医学部 非常勤講師

アクセス

保険医療機関

名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科

さかえクリニック

〒460-0003 
愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2F
休診日:水曜日、不定休有り
診療:完全予約制
営業時間:10:00〜19:00
TEL.0120-566-680
TEL.052-953-9676

地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 徒歩1分
地下鉄東山線「栄」駅 徒歩4分

お問い合わせ