しみ・そばかす

ニキビイメージ

しみとはどんな状態

メラニンが排出されず表皮内に蓄積された状態

しみ発生のメカニズム

しみとは、皮膚の表皮中に、メラニンが増加し溜まって肌の色よりも濃く茶色に見える皮膚の部位です。

紫外線を浴びると、表皮内のメラニンメラノサイトが活性化してメラニンを過剰に生成し、皮膚の色を変化させます。

これが「日やけ」です。通常は、表皮のターンオーバーにより、メラニンは角質へと押し出され、垢とともにはがれ落ちるため、メラニンが溜まることはありません。表皮の細胞は、約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最終的に表面から垢となってはがれていくというものです。よって、紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちます。

しかし、長期にわたり紫外線のダメージが蓄積すると、メラニンが過剰産生されてしまい、老化とともにターンオーバー変化して、メラニンが排出されず表皮内に蓄積されシミとなります。

皮膚は、大きく分類すると一番外側の表皮と、その内側にある真皮からできていますが、シミに深く関わっているのが、表皮。表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」がメラニンを生成します。紫外線を皮膚に当てるとチロシナーゼという酵素が活発になってメラノサイト内でメラニンという色素が生成されます。

このメラニンがケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から細胞核を保護します。メラニンは実は悪玉ではなく皮膚を守る重要な働きを担っているのです。

どうしてシミができるの?

いろいろな原因で、メラニンが過剰に産生され、ターンオーバーのサイクルが長くなり新陳代謝が滞ると、本来はがれ落ちるはずのメラニンも、表皮内から排出されずたまってしまい色素沈着=「シミ」となってしまいます。紫外線がシミの主たる原因です。

長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、再生能力が低下、メラニンを排泄する力が弱くなります。不摂生な生活、喫煙、ストレスは老化を促進させ活性酵素を増やします。活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰産生を引き起こします。

また、皮膚への過剰な刺激が色素沈着を引き起こします。メイク落としや洗顔の時に肌を強くこすったりするとその刺激でメラニンが産生され色素沈着を起こすこともあります。

特に女性特有のシミである肝斑は、肌を擦る刺激で悪化します。

ニキビも同様です。ニキビの方は皮膚を強く擦る場合が少なくなく炎症後色素沈着というシミ状のニキビ痕を引き起こしてしまいます。髪の毛が当たるだけで炎症が広がり色素沈着が起こてしまうことがあるのです。

ターンオーバー
皮膚が自ら生まれ変わり、正常な状態を保つための新陳代謝の作用。表皮の一番上の角化細胞は、基底層で生成された後、約28日かけて角層へと、変化しながら押し上げられます。角層細胞として皮膚のバリア機能・保湿機能を担い、およそ2週間後には垢となりはがれ落ちる。表皮細胞の生まれ変わりのサイクルです。

ニキビイメージ

しみ・くすみの種類について

しみのタイプに合わせた治療を行うことで、
効果的な治療が行えます。

  • 老人性色素班
    中年以後にみられる色素斑です。表皮に軽度の肥厚があり、メラニン色素の増加がみられますが、その原因は現在のところ不明です。光老化の一症状で、日常的に繰り返して浴びた紫外線による影響が大きいと考えられています。
  • 日光性色素班
    日焼けや加齢によって出来る、一般的なしみです。
  • 雀卵斑
    皮膚にできる色素斑(しみ)の一つで、一般的にそばかすと呼ばれています。遺伝が関係しており、色白の人に多くみられます。色素斑の部分では皮膚の色素細胞が大型化し、メラニンが増加しています。
  • 肝斑
    顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れ、特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に広がります。

しみの治療法

フォトRF(ウルティマ)

光治療でしみ・くすみの改善

レーザートーニング

肌のキメを整え、同時にピーリングも

ラビアンBBレーザー

肌を再生させて、つるつる肌に

高濃度ビタミンC点滴

メラニンの生成を抑制し、しみや色素沈着を薄くします。

美肌点滴

メラニンの生成を抑制し、しみや色素沈着を薄くします。

プラセンタ注射

しみやくすみが消え、滑らかな肌に

飲む日焼け止めヘリオケア

しみ予防に紫外線から肌を守る

外用薬

(ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体)

内服薬

(ビタミンC、トラネキサム酸)
 1日1000mg以上服用。保険適応

カウンセリング予約
料メール相談

さかえクリニック院内写真

名古屋市の美容皮膚科・美容外科

さかえクリニック

〒460-0003 
愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2F
休診日:水曜日、不定休有り
営業時間:10:00〜19:00
TEL.0120-566-680
TEL.052-953-9676

地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 徒歩1分
地下鉄東山線「栄」駅 徒歩4分