PRP療法

ニキビイメージ

当院でのPRP療法は、医療費控除の対象です。

PRP療法とは

血小板が持つ成長因子を
利用した再生医療

PRP(Platelet-Rich Plasma、多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)とは、血小板が多量に含まれている血漿のことです。PRPは患者さん自身の血液から血小板を抽出して作製されます。

血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、本来備わっている治癒力を高めて、治癒を目指す再生医療です。自身の血液を使用するため、非常に副作用の少ない治療です。

高濃度PRP作成
ユニットを使用

高濃度PRP作成ユニット(MyCells®)

当院では、高濃度PRP作成ユニット(MyCells®)を使用しております。
このユニットは、今までNo.1であったリジェン社のキットよりもさらに高濃度のPRPを多量に作成でき、治療効果がさらにアップしました。
キットによって効果が大きく異なり、安価なキットを使用してPRP療法と称して施術を行っている医療機関もあり注意が必要です。
施術費用が極端に安い場合、キットの製材名を明記していない場合は要注意です。
再生医療は安心できる症例数が豊富な医療機関で受けられることをお勧めいたします。

FDAが唯一、生体内投与を認可しているキットはMycells®のみになります。

当院ではメーカーとの共同研究を進めております。価格差はキットの質や施術担当医の経験、主義に大きく反映されます。安心できる治療をご検討ください。

皮膚再生療法の理論

「PRP皮膚再生療法」では、自分自身の血液に含まれる血小板という成分を利用します。
血小板は人間の体の中で血を止めたり壊れた血管や細胞を治す働きをしています。
そしてこの血小板には「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分があり、この成長因子が放出されることによってコラーゲンやヒアルロン酸の生産の増加、毛細血管の新生などが促され、肌のエイジングケアをはかります。

PRP療法に向いている部位

  • 目の周りのシワ
  • ほうれい線
  • おでこのシワ
  • 眉間のしわ
  • 唇のシワ
  • 首のシワ
  • ニキビ跡
  • 傷跡
  • ゴルフ肘
  • 肉離れ
  • アキレス腱炎
  • テニス肘

さかえクリニックでは、2014年11月25日に施行されました、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成25年法律85号)」に義務付けられた細胞培養加工施設の届出が受理されました。

受理日平成27年4月15日
細胞培養加工施設番号FC4150006
管轄厚生局東海北陸厚生局

料金

当院でのPRP療法は、医療費控除の対象です。

顔のみ 190,000円(税別)
顔+首 290,000円(税別)

PRP療法による
アスリートケア

当院では国内で初めて
PRP療法による
アスリートへの治療を
行いました。

さかえクリニックは現在、PRP療法を美容、スポーツ分野の両方で行っている国内唯一の医療機関です。
順天堂大学大学院医学研究科 小林弘幸教授と共同研究で、PRP療法のアスリートへの臨床研究としての施術をスタートしております。

当院では国内で初めてPRP療法によるアスリートへの治療を行いました。

アテネオリンピック・北京オリンピック男子110MH日本代表 内藤真人選手、世界陸上2大会銅メダリスト 為末大選手をはじめ、オリンピック日本代表選手らトップアスリートへPRP療法を行い、有効性が確認されています。欧米では広く行われつつある再生医療治療法になります。

アスリートイメージ

PRP療法は
血液ドーピングに
当たりません。

血小板由来製剤( PRP)の筋肉内投与に関して2010年は禁止されていましたが、2011年は禁止表から削除され、禁止しないことにりました。

http://www.iuau.jp/news/2010/anti-doping2011.pdf

一部のトレーナーがPRP療法に関しましてドーピング行為ではないかと危惧されアスリートへ疑問を投げかけていることがあるようです。
アスリートの指導者は正確な情報を英文でも得て、正しくアスリートへ伝える義務があります。
当クリニックでは、絶えず治療に関しまして最新の情報を得て 被験者や患者様がご安心して治療を受けていただくように努めております。疑問やご質問がありましたらご納得いただくまでしっかり説明させていただいております。

以下の条件に該当されるアスリートは是非とも私たちトップアスリート株式会社での研究にご協力ください。
(倫理的な条項、治療にあたっての詳細を説明させていただきます。)

  • オリンピック日本代表(競技種目は問いません)
  • 世界選手権およびワールドカップでメダルを獲得された選手
  • プロ野球選手で1軍の経験者
  • プロアスリートで日本ランキング1位(格闘技は除く)

アスリート向け
PRP療法の料金

当院でのPRP療法は、医療費控除の対象です。

カウンセリング・診察-初診料 30,000円(税別)
PRP療法-1回目 150,000円(税別)
PRP療法-2回目 120,000円(税別)
PRP療法-3回目 100,000円(税別)
PRP療法-4回目 80,000円(税別)

※PRP療法 1部位につき(ex. 右アキレス腱、右肘、右膝側副靭帯・・・複数の場合はPRPの使用量により費用が異なります。)
※上記には資料一式、施設使用料、薬剤費用、施術費用、専門医・プロトレーナーによりますコンディショニング、ケア、トレーニング指導費用を含みます。

*PRP療法は自己血液採取して高濃度の血小板を含んだ血漿を作製しますが、施設によって作製方法が異なります。
当院では、安全性や有効性、臨床実績の豊富さを検討してMyCellsを使用しています。
施設によっては血液検査で使用する真空採血管で採血して、成長因子を混入させ幹部へ注射するPRP療法を行っていますが、トラブルも多く、絶対にお勧めできない手法です。

PRPを作製する優れたキット、慎重で安全性を重視した手技、経験が治療効果には重要なポイントです。
PRP療法が普及するにつれ、コストダウンのために医療倫理を度外視する施設もみられますので注意が必要です。
作製しましたPRPに他の成長因子を混入して注射する医療行為は当院では一切行っておりません。

全国のアスリートやスポーツ関係者、指導者の皆様からお問い合わせが数多く寄せられていますが、当院ではアスリートへの施術は PRP療法だけを行って終了というプログラムを組んでおりません。故障に至った経緯やトレーニング法、他の身体情報などを総合的に判断し、コンディショニング、トレーニング、ケア指導を行っています。治療はあくまでもアスリートをサポートする一つの要素でしかなく、PRP療法だけが魔法の治療のようにクローズアップされ一人歩きしていくことを危惧しております。

PRP療法をアスリートへ行う施設は今後も増加すると考えますが、PRP療法以上にトレーニグやケアが必要です。

リスク・副作用・合併症

PRP療法は自己血液からの作製になるためアレルギー反応を起こすことはありません。
また、キットでのPRP作製になりますので煩雑な手順を経て作製しませんので不潔操作になりません。よって感染を起こすこともまずありえません。

注射での治療になりますので針が皮下組織の血管に当たる可能性はあり、内出血が30%-50%程度の可能性で出現します。
しかし、強力に冷却して極細の針での施術を行い注射後、直ちに圧迫しますので内出血が起こったとしてもわずかで、1週間ほどで完全消失し、コンシーラーなどのカバーで外見上目立つことはありません。PRPの注入量にもよりますが、目の下の部位のみ数時間PRPの注入量に応じた腫れが出現します。翌日、ほとんど消失します。

当院ではPRP以外の成長因子や製剤の混注は行いませんので、長期にわたってもトラブルは経験していません。
フィブラストスプレーといった製剤を混注する施設もあり肉芽形成といった大きなトラブルが出現して問題になっていますので注意が必要です。

PRPを作製するキットによっては、不純物も混入する可能性があり、PRPといっても作製方法や実際の血漿に含まれます血小板の濃度は異なり効果にも大きな差が出ます。

PRP療法は医師の経験、使用するキット、併用する治療法によって効果も安全性も大きく異なりますので当院ではメーカーや研究施設と提携して臨床研究を行い、最も安全で効果的な施術法の開発に努めています。
スポーツの分野では国内で初めてオリンピック日本代表選手ら、トップアスリートへのPRP療法の施術を行い大きな成果を得ております。注入法や注入量、併用療法などPRPの技術を絶えず研究、探求しています。

よくあるご質問

目の下のちりめんジワ、目の下のたるみ、首のシワ、小ジワなどに効果的です。

1~2年、最低でも6ヶ月は持続します。

自己の血小板を使用する為、感染症・アレルギーは起きません。

ご自身の血液を約16cc採取させて頂き、その中から血小板を多く含んだ血漿を採取し、治療部位に冷却を行いながら注射をしていきます。

個人差はありますが、マイナス20度まで冷える冷却装置を使用いたしますので、痛みはほとんど感じません。
34ゲージと最も細い針で注入させていただきますので、痛みもかなり軽減されます。

施術時間は30分程度ですが、採血等のお時間を合わせますと1時間くらいです。

当院は高品質と評価される「イスラエルのマイセル社」製品を使用している為、副作用もなく、治療効果には自信をもって施術しています。

当日施術部位のマッサージはご遠慮ください。

施術直後からお化粧可能です。

ご自身の血液ですので、特に問題はございません。

基本的には2 ヵ月以上空けていただければ、問題ございません。

もちろん行うことができます。

基本的に血小板の働きが正常であれば、それほど大きな差はないと考えています。
ただし糖尿病やステロイドを長期内服されている方は効果が悪くなります。
妊娠中や悪性腫瘍の治療を行っている方、膠原病などの患者様には原則として施術できません。

目の周りを中心に注入していきますので、施術の際はコンタクトを取っていただいております。 専用液など持ってきていただけると助かります。 施術後は普段通り使用していただいて大丈夫です。

2~3週間空けて頂ければ施術可能です。

ACR法によるアスリートへの治療は、世界に先駆けて当院で独自開発をした方法で、現在順天堂大学大学院 医学研究科でも研究を行っております。

妊婦の方、小児、心臓病、脳梗塞の既往のあるかた。肝臓の悪い方など、現在治療を要する方は治療を控えさせていただいております。ただし、状態によっては治療が可能になる場合がございますので、一度医師の診察を受けていただければ詳しいお話ができると思います。

血液が固まりにくくなるようなお薬を内服されている方はこの治療ができません。ただ、一時的に中止していただくことによって、治療は可能になりますが、ご自身で中止することは厳禁です。必ず、主治医に相談の上、内服を中止するようにしてください。

まず血小板を抽出するキットが異なります。
歯科用のものを使用したり一般検査用の採決キットを使用している医療機関がありますがほとんど効果は見られないようです。
当院ではFDAが唯一生体内への注射を認可した、My Cell Kit(http://www.my-cells.net/)を使用して行っています。
質の高いキットを使用しなければ有効性が低くなります。

また、施術する医師の経験にも効果は大きく左右されます。
PRP療法単独で行うよりも術後にLED照射や赤外線・高周波照射を組み合わせた治療でより大きな効果が期待できます。
当院ではPRP療法を単独で行うことはありません。他の医療機関で行う効果とは大きく異なると考えております。

2019年6月現在、国内で唯一アスリートへの投与で故障を治療する医療機関として最先端の再生医療の研究を順天堂大学大学院医学研究科のサポートで進めております。
PRP療法を熱傷、外傷、怪我、慢性疼痛などの治療へ応用している国内では数少ない医療機関として注目されています。
当院医師が研究を行った結果が日本美容外科学会学術誌で論文が掲載されています。
価格にとらわれず安心できる医療機関で施術を受けられることをお勧めします。 

カウンセリング予約
無料メール相談

さかえクリニック院内写真

名古屋市の美容皮膚科・美容外科

さかえクリニック

〒460-0003 
愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2F
休診日:水曜日、不定休有り
営業時間:10:00〜19:00
TEL.0120-566-680
TEL.052-953-9676

地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 徒歩1分
地下鉄東山線「栄」駅 徒歩4分