ニキビイメージ

しわ・たるみの治療

こんなお悩みありませんか?

若返りに関するお悩み

しわやたるみが原因で年齢よりも老けてみられることが多い

たるみが原因のしわに関するお悩み

ほうれい線や首の縦じわが気になる

表情筋のしわに関するお悩み

おでこや眉間、目尻のしわが気になる

溝によるしわのお悩み

目元・目の下のちりめんじわをどうにかしたい
しわやたるみのお悩みをメスを使わず解消。
しわやたるみのお悩み

自分の顔を鏡を見て、加齢とともに増えるしわやたるみが気になったり、しわやたるみが原因で年齢より老けて見られることはありませんか?
加齢や紫外線、生活習慣などが原因でできるしわやたるみは、状態によって治療法が異なりますが、当クリニックではメスを使わない治療法を用意しています。

ぜひ一度、ご相談ください。

しわ・たるみの種類

しわ・たるみとは

しわとは、皮膚にできる溝のことです。最初は浅い小じわとして現れ、年をとると共に深くなっていきます。しわは眉間、目尻、額、ほうれい線、口周り、顎など顔の筋肉をよく動かすところから順に現れてきます。

しわ・たるみが出来るメカニズム
紫外線

しわが目立つ原因のほとんどは紫外線のダメージによるものです。日光には紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)が含まれています。特に、紫外線A波は肌の奥にある真皮層まで到達し、ハリをもたらすコラーゲンやエラスチンなどの結合組織を破壊し、肌の老化を促進します。コラーゲンやエラスチンの量が低下すると、しわができやすくなります。屋外で仕事やスポーツをされる方など、紫外線をたくさん浴びる機会が多い方はしわができやすいです。

加齢

年齢と共に骨も委縮し皮膚のたるみが生じしわになります。溝も深くなっていきます。

喫煙、環境

老化を促進、活性酸素を発生させるような状態が長期に渡り続けば皮膚へのダメージが生じしわになります。

糖質の過剰な摂取

AGEが蓄積し皮膚へのたんぱく質変性が進みしわができやすくなります。

乾燥

乾燥することによって皮膚へのダメージが強調されしわが目立ちやすくなります。

しわ・たるみの種類

しわの状態や部位によって適した治療法があります。
「しわの治療」は状態によって治療方法は様々です。院長によるカウンセリング、診察を受けていただき、患者様に合った治療方法をご案内いたします。

しわ・たるみの種類
しわ・たるみの種類

たるみによるしわ

たるみによるしわ

肌の張りが失われてできるたるみによるほうれい線や首の縦じわを改善します。

表情筋によるしわ

表情筋によるしわ

顔の筋肉を動かすことによってできる額のしわ、眉間のしわ、目尻のしわ、顎の梅干しじわを改善します。

溝によるしわ

深い溝になったほうれい線や首の横じわ、目の下のちりめんじわを改善します。

自分でできるしわ・たるみ予防・対策法

食事でしわ・たるみ予防・対策
食事でしわ・たるみ予防・対策 食生活は、しわ・たるみの重要な対策となります。まずは、規則正しい3食の食事を摂り、よく噛んでゆっくり食べることが大事です。よく噛むことで、食べ過ぎの防止、消化の促進、活性酸素の活性化減少につながります。

食べる順番も重要です。野菜など食物繊維を先に摂ることは、肌の老化はもちろん血糖値を抑えたり、肥満防止にもつながります。食物繊維を摂ってから、肉や魚、豆類などのタンパク質の摂取、最後にごはんなどタンパク質を摂ることをおすすめします。

また、栄養のバランスを意識しましょう。脂肪・塩分・炭水化物の摂りすぎに注意し、肌をはじめ細胞をつくり出し、肌のハリの元となるコラーゲンをつくり出すアミノ酸を含んでいるタンパク質や、抗酸化作用があり老化防止に効果のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの摂取に心がけましょう。皮膚の抵抗力を高める作用や皮膚の炎症を治す作用のあるカルシウムや、活性酸素を取り除くポリフェノールの摂取も効果的です。
食事でしわ・たるみ予防・対策
食事でしわ・たるみ予防・対策
食生活は、しわ・たるみの重要な対策となります。まずは、規則正しい3食の食事を摂り、よく噛んでゆっくり食べることが大事です。よく噛むことで、食べ過ぎの防止、消化の促進、活性酸素の活性化減少につながります。

食べる順番も重要です。野菜など食物繊維を先に摂ることは、肌の老化はもちろん血糖値を抑えたり、肥満防止にもつながります。食物繊維を摂ってから、肉や魚、豆類などのタンパク質の摂取、最後にごはんなどタンパク質を摂ることをおすすめします。

また、栄養のバランスを意識しましょう。脂肪・塩分・炭水化物の摂りすぎに注意し、肌をはじめ細胞をつくり出し、肌のハリの元となるコラーゲンをつくり出すアミノ酸を含んでいるタンパク質や、抗酸化作用があり老化防止に効果のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの摂取に心がけましょう。皮膚の抵抗力を高める作用や皮膚の炎症を治す作用のあるカルシウムや、活性酸素を取り除くポリフェノールの摂取も効果的です。
スキンケア・コスメでしわ・たるみ予防・対策
スキンケア・コスメでしわ・たるみ予防・対策 しわ・たるみをスキンケア・コスメで対策する場合、しわの悩みとたるみの悩みでは、対策が少し異なってきます。しわが気になる場合は「保湿」に重点を置いた美容液・クリームなど、たるみの場合は「肌のハリ」を意識した化粧品がおすすめです。

しわの場合、肌の保湿力を強化するため、クリームなどで肌の必須成分セラミドを補ってあげる必要があります。たるみの場合はハリ。コラーゲンやエラスチン配合のコスメをおすすめします。

メイク落としも、よく落ちるクレンジングが返ってしわの原因になることがあるため、保湿成分配合の美容液タイプでのクレンジングをおすすめします。
スキンケア・コスメでしわ・たるみ予防・対策
スキンケア・コスメでしわ・たるみ予防・対策
しわ・たるみをスキンケア・コスメで対策する場合、しわの悩みとたるみの悩みでは、対策が少し異なってきます。しわが気になる場合は「保湿」に重点を置いた美容液・クリームなど、たるみの場合は「肌のハリ」を意識した化粧品がおすすめです。

しわの場合、肌の保湿力を強化するため、クリームなどで肌の必須成分セラミドを補ってあげる必要があります。たるみの場合はハリ。コラーゲンやエラスチン配合のコスメをおすすめします。

メイク落としも、よく落ちるクレンジングが返ってしわの原因になることがあるため、保湿成分配合の美容液タイプでのクレンジングをおすすめします。
マッサージやサプリでしわ・たるみ予防・対策
マッサージやサプリでしわ・たるみ予防・対策 マッサージやサプリでしわ・たるみの予防や対策もおすすめです。

特に額のしわなどはスキンケアではなかなか消しにくいですが、硬くなった前頭筋をマッサージで、エステに行かなくても自分でほぐすことで対策することができます。

また、コラーゲンやビタミン、抗酸化作用のある成分を含んだサプリメントもおすすめします。
マッサージやサプリでしわ・たるみ予防・対策
マッサージやサプリでしわ・たるみ予防・対策
マッサージやサプリでしわ・たるみの予防や対策もおすすめです。

特に額のしわなどはスキンケアではなかなか消しにくいですが、硬くなった前頭筋をマッサージで、エステに行かなくても自分でほぐすことで対策することができます。

また、コラーゲンやビタミン、抗酸化作用のある成分を含んだサプリメントもおすすめします。

しわ・たるみの治療法

たるみじわの治療法

肌の張りが失われてできる、たるみによるほうれい線や首の縦じわを改善します。

ウルトラフォーマー(HIFU)

ウルトラフォーマー(HIFU)は、既存レーザーなどでは届きにくい皮下組織、SMASや脂肪層にたるみの治療が行えます。
しかも、特定の層のみに選択的にエネルギーを届かせることができるので、痛みも少なく治療が行えます。

ウルトラフォーマー(HIFU)

タルミを根本から改善する切らないタルミ治療

VIVACE(ビバーチェ)

マイクロニードル電子エネルギー治療器VIVACE(ビバーチェ)とは、レーザー治療のような痛みやダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)がほとんどない治療器です。マイクロニードルを用いて、真皮内に直接照射し、しわ取り、リフトアップ、目の周りのちりめんじわ、にきび治療、肌のひきしめ、肌の凹凸治療などを行います。

ビバーチェ

マイクロニードルを用いて肌のリフトアップ

表情筋によるしわの治療法

顔の筋肉を動かすことによってできる額・眉間・目尻・顎のしわを改善します。

しわ取り注射

しわ取り注射は、筋肉の動きを弱める作用があり、表情によって出来るしわ(表情しわ、アゴの美容整形)に効果的です。以前から眼科や神経内科の領域で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられていました。その効果はアメリカの国立衛生研究所で実証され、世界中で広く使われています。

しわ取り注射

額のしわ、眉間のしわ、目尻のしわ、顎の梅干しじわを改善

溝によるしわの治療法

深いしわにはヒアルロン酸が有効です。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は保水性が高く細胞と細胞の間に多く存在しています。体内で自然に作られますが、加齢とともに減少していきます。いずれ体内に吸収されてしまうので、維持をするには定期的に注入する必要があります。
注入から1~2分でしわを目立たなくする効果があり、細い針で注入するため痛みが少なく、しわの改善が期待できます。

ヒアルロン酸注射

ほうれい線などの深いしわにはヒアルロン酸

しわ・たるみの治療の流れ

  • 1
    お電話でのご予約
    お電話にてご予約を承っております。
  • 2
    カウンセラーより施術のご説明
    個室で専門カウンセラーが詳細にご要望をうかがった上で、施術法、施術内容のご説明をいたします。
  • 3
    院長によるカウンセリング
    院長 末武が診察させていただき、治療後の症例写真を提示して、治療の効果やリスク、具体的な治療法などをわかりやすくカウンセリングさせていただきます。
  • 4
    施術のお申込み・お支払い
    施術内容にご納得いただけましたら承諾書へのサインをいただき、施術料金をお支払いいただきます。
  • 5
    院長による治療・施術
  • 6
    アフターフォロー
    アフターケアの料金は施術料金に含まれております。帰宅後ご不安な点などございましたら、お気軽にフリーダイヤルやメールカウンセリングよりご相談ください。

料金

当院では施術は全て院長の末武が担当し看護師が行うことはありません。

ウルトラフォーマー(HIFU)

顔全体(1回) 260,000円(税別)
顔全体+あご下(1回) 280,000円(税別)
顔全体+首(1回) 360,000円(税別)
両頬+目尻こめかみ(1回) 180,000円(税別)
首のみ(1回) 180,000円(税別)
両頬のみ(1回) 160,000円(税別)
顎下(1回) 100,000円(税別)
二の腕(両側)(1回) 150,000円(税別)
腹部(横腹 両側)(1回) 250,000円(税別)
腹部(臍下) 200,000円(税別)
臀部(1回) 300,000円(税別)
腋胸(1回) 150,000円(税別)
顔全体(1回) 260,000円(税別)
顔全体+あご下(1回) 280,000円(税別)
顔全体+首(1回) 360,000円(税別)
両頬+目尻こめかみ(1回) 180,000円(税別)
首のみ(1回) 180,000円(税別)
両頬のみ(1回) 160,000円(税別)
顎下(1回) 100,000円(税別)
二の腕(両側)(1回) 150,000円(税別)
腹部(横腹 両側)(1回) 250,000円(税別)
腹部(臍下) 200,000円(税別)
臀部(1回) 300,000円(税別)
腋胸(1回) 150,000円(税別)

VIVACE(ビバーチェ)

1回 180,000円(税別) 麻酔代2,000円(税別) ニードル代6,000円(税別) グロスファクター付
3回 486,000円(税別) 麻酔代6,000円(税別) ニードル代18,000(税別)  グロスファクター付
1回 180,000円(税別) 麻酔代2,000円(税別) ニードル代6,000円(税別) グロスファクター付
3回 486,000円(税別) 麻酔代6,000円(税別) ニードル代18,000(税別)  グロスファクター付

ヒアルロン酸注入

全て結果を保証しております。
万が一効果に満足されない場合、効果が低い場合は1か月後にチェック後、無償にて再治療を実施いたします。
内出血、腫れを極力抑制するよう極細の特殊針を使用して慎重に薬剤を注入いたします。

部分 0.5cc 1回 50,000円(税別)
全体 1.0cc 1回 98,000円(税別)
部分 0.5cc 1回 50,000円(税別)
全体 1.0cc 1回 98,000円(税別)

しわ取り注射

全て結果を保証しております。
万が一効果に満足されない場合、効果が低い場合は1か月後にチェック後、無償にて再治療を実施いたします。
内出血、腫れを極力抑制するよう極細の特殊針を使用して慎重に薬剤を注入いたします。

目尻 50,000円(税別)
眉間 30,000円(税別)
50,000円(税別)
アゴ(オトガイ) 60,000円(税別)
全体(額、目尻、眉間) 100,000円(税別)
目尻 50,000円(税別)
眉間 30,000円(税別)
50,000円(税別)
アゴ(オトガイ) 60,000円(税別)
全体(額、目尻、眉間) 100,000円(税別)

※治療は、自由診療(保険診療適応外)になります。

よくあるご質問

しわにもいろいろな種類があります。
表情じわにはしわ取り注射、溝になってしまったしわにはヒアルロン酸注射、
たるみによるしわにはウルトラフォーマー(HIFU)が効果的です。
カウンセリングをさせていただき、患者様に適した治療をご案内いたします。

たるみにはウルトラフォーマー(HIFU)が効果的です。

ウルトラフォーマー(HIFU)が効果的です。
カウンセリングをさせていただき、その方に適した治療をご案内いたします。

クリニックのご紹介

院内紹介

院内写真

さかえクリニック院内写真

担当医紹介

院長・医学博士 末武信宏

  • 1987年 国立岐阜大学医学部卒業
  • 1987年 国立岐阜大学医学部附属病院第一外科入局
  • 1991年 アジア臨床・研究医療機関を代表する長庚記念病院、形成外科、美容外科部長、蔡博士の指導下、全般の美容外科手術を研修。
  • 1993年 全国主要都市の大手美容外科クリニックで美容外科医の指導、チーフドクター
  • 1996年 さかえクリニック開業
  • 2011年 順天堂大学医学部大学院 医学博士取得
  • 2012年 順天堂大学医学部 非常勤講師

アクセス

保険医療機関

名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科

さかえクリニック

〒460-0003 
愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2F
休診日:水曜日、不定休有り
土日祝日診療
診療:完全予約制
営業時間:10:00〜19:00
TEL.0120-566-680
TEL.052-953-9676

地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 4B出口より徒歩1分
地下鉄東山線「栄」駅 3番出口より徒歩4分

お問い合わせ